Hemp


麻心のコンセプトでもある「麻」、「Hemp」。
皆は「麻」についてどんな事を知って、イメージしますか?

日本において麻は、縄文時代から、戦前まで、日常生活の中で息づいていました。繊維を衣服や縄に、種を食料や燃料に、茎は建材に、そして葉や根は薬用に利用してきました。今でも、七味唐辛子の一味、花火の火薬、神社の鈴縄など様々なところに使われています。

現在、ヘンプは石油と森林に替わる可能性を秘めた農作物として、また、様々な生活習慣病を改善する新しい健康食品として世界中で注目されています。環境にやさしくて利用価値の高いことが評価され、ヘンプの研究と商品化が急速な勢いで進んでいます。ヘンプを推進する国々では、農業活性化、地域振興、新しいマーケットの拡大、雇用対策に大きく貢献できる1つの産業(=ヘンプ産業)として捉えているようです。

ヘンプは世界各地で栽培でき、110日という短期間でまっすぐに2~4mに成長する一年草です。害虫や雑草にも強いため、土地や水を汚染する農薬と化学肥料をたくさん必要としません。農薬の空中散布なしでは栽培が難しい綿花(コットン)と比べるととても環境にやさしい作物です。その作物は、今や衣服だけでなく、住宅用の建築素材、土に戻るプラスチック、紙、化粧品の原料などに使われはじめています。さらに麻の実(ヘンプの種子)は、畑の肉といわれる大豆に次いでタンパク質が多く、必須脂肪酸やビタミンがバランスよく含まれています。そのため、心筋梗塞やアレルギー疾患などを予防・改善する食べ物として見直されています。

麻心では「ヘンプ」から作られている衣類、生活雑貨なども紹介しています!以下がその一部になります。



books

ヘンプ関連書籍類

「麻ことの話」 著者:中山康直、出版社:評言社
「55の質問」 著者:赤星栄志、出版社:日本麻協会
「体にやさしい麻の実料理」 著者:赤星栄志、水間礼子、出版社:創森社
「麻で編むかんたんヘンプアクセサリー」 出版社:雄鶏社


食材

hemp beer「麻の実ナッツ」「麻の実粉」「麻の実オイル」「麻そば」


生活雑貨

asaito「Dr.Brooner's Hemp Soap」「Hemp Oil」「麻糸」「レターセット」などなど


衣類

「Asia Panic」
タイのメオ族の古布と麻のコラボレーション。
古布を活かしながらリメイクし、個性ある新しいスタイルに生まれ変わっています。
タイパンツからシャツ…その時々に新しいものが…
バッグやミニエレファントなど、かわいい物がお目見えする時も…



「Little Eagle」
山口 薫子さんのつくる Little Eagle、 手にとると軽やかで、暖かい1つ1つの一品。
自然に優しい想いがあふれでている気がします。麻心にはヘンプ素材も取り入れたものを置いています。
www.little-eagle.net 


Lunaticanapa
「Lunaticanapa」
Lunaticanapa(ルナティカナパ)は衣工房です。
大麻、絹を主に使った、オーダーメイドを中心に衣製作をしています。
麻心にはヘンプの1点もののオリジナルヘンプTシャツ等を置いていますので ルナティカナパのある一面をお楽しみください。
サイズ、リメイクなどの相談承ります。
http://lunaticanapa.jp/




「Renature」
NPO法人ヘンプ製品普及協会のReNature。ヘンプ素材をふんだんに使っています。
T-shirt、ラフな感じのセーター、タイパンツ…特に麻のタイパンツはカットもよくてオススメです。麻の素材は不思議と肌になじんで着心地よくなっていきますよ。
www.partie.net/hpsa/hpsa.html


tune1
「Tune」
沖縄の青い空と、大きな太陽の下で生まれ育った紅型染めの、伝統的な手法を受け継ぎ、一枚一枚心を込めて染めています。
http://www.open-tune.com


ヘンプアクセサリー

「麻太朗」
麻太郎work2000年上野にて、アクセサリー・ショップ「志」をオープンと同時に 麻太朗の名前でヘンプ(大麻繊維)アートアクセサリーを始める。
縁のあった隣人たちから教わったマクラメ編みの技法を、ヘンプ素材に生かした野趣味あふれる作風が評判を呼ぶ。 2002年に朝日新聞に紹介されたことをきっかけに、東京の中央工学校にて、アクセサリー作りの講師を始める。
2003年2月には、雄鶏社より麻太朗監修による「麻で結ぶヘンプアクセサリー」、7月には「ナチュラルヘンプアクセサリー」を出版する。
麻太朗のコンセプトは"手作り・互いに結ぶ心"。 麻紐を使って、両手と紐だけで作るアクセサリーを紹介するワークショップを全国規模にて開催する。
今後は、小学校や各種福祉施設にて教室を行ない、「結びの文化」を伝えたいと考えている。

How High Logo
「How High!」
手編みにこだわりニット帽子を編み始めて今年で八年目。
Hemp.Jute.cotton.wool.silk.などの天然素材をミックスして編みあげた一点物です。お気に入りを見付けて下さい!




 1