資金調達セミナー

元銀行員が教える

資金繰改善ポイント


資金繰り、運転資金、設備投資資金、
お金には色をつけることが重要です。



■資金繰りの重圧


何故、資金繰りに苦しまなければならないのでしょう。

銀行の審査のポイントがわかれば資金の悩みから解放されます。

本来は事業に専念することが重要なはずです。





■借入にはコツがあります


元銀行員の中小企業企画担当者が

貸す側、借りる側、両方の視点から資金調達のノウハウを教えます。

お金に色をつけるとは、使う目的を明確にしたうえで、

実現可能性を明確にすることです。



■銀行の好みを知りましょう



銀行のクセや好みを知ることで

銀行員との付き合い方が改善され、

驚くほどお金が借り易くなります。


■私たちが伝えたいこと


企業での企画、生産管理、人事の実務経験から借りる側の視点で考えます。 

銀行での融資審査経験を踏まえて貸す側の視点を考慮します。 

MBAによる経営全般に関する客観的な視点もお伝えします。


 ■資金調達セミナーのご案内 


「生き残る企業の経営戦略」

―銀行員はここを見る―

銀行に好かれる人になるために

知っておかなくてはならない3つのこと

日時 : 2016年11月5日(土)16:00~18:00

場所 : 梅田蔦谷書店 貸会議室

    大阪市北区梅田3-1-3
    ルクア イーレ9F 

梅田 蔦屋書店






■サポーターズの紹介


私たち町の経営サポーターズは各専門分野の目線で

中小企業の資金調達サポートを行います

金融機関融資担当の目

大空高志

メーカー勤務 MBA

金融機関で長年融資営業と審査を担当し、
調達困難な企業を支援。
現在はメーカーで企画を担当する傍ら、MBAを取得。
借りる側、貸す側、両方の立場を踏まえ、
資金調達を支援します。

弁理士の目

山本英彦

IPUSE特許事務所 代表弁理士

平成20年弁理士登録。
大手製造業でエンジニア、特許事務所で弁理士、
中小企業で知財部責任者の経験から、
新製品開発のコンサルティングを専門にする。

会計・税務のプロの目

福井正嗣

佐保・福井税理士事務所 所長税理士

平成16年税理士登録。
公益社団法人北納税協会評議員。
税務申告にとどまらず、
数多くの事業再生や事業承継に携わる。