馬渕教室 2ちゃんねる 5ch

馬渕教室 2ちゃんねる 石山本部校

【対象学年】
小学2年生〜中学3年生
【電話番号】
077-534-7700
受付時間:午後0時~午後8時(日・祝は休み)
【住所】
滋賀県大津市粟津町2-53
※JR東海道本線石山駅スグ!京阪石山坂本線京阪石山駅スグ!

http://kouju.mabuchi.co.jp/shiga/classroom_list/ishiyama.html

☆滋賀県5校同時開校記念☆
大阪・奈良No.1の指導力
京都1年目から、早くも堀川探究学科群No.2の指導力を滋賀に全力投入!!
馬渕教育グループが、総力をあげて滋賀の小中学生を応援します!

■□■ 新校開校記念キャンペーン ■□■
■第1弾 全学年対象 入会金 無料!!
■第2弾 現小3~現中2対象 冬期講習会受講料 無料!!
■第3弾 現小2~現小6対象 小学生統一テスト受験料 無料!!

この度、10月30日にJR石山駅・京阪石山駅前すぐ傍に馬渕教室石山本部校が開校致しました。
膳所小・晴嵐小・富士見小・石山小・瀬田小・瀬田南小・瀬田東小・瀬田北小、粟津中学校や北大路中学校、瀬田中・瀬田北中学校にお通いの方にとって、馬渕教室がより一層、お通いやすくなりました。
また、石山・南郷方面に無料送迎バスを運行致しておりますので、遠方よりお越しの皆様への安全面の配慮も万全を期しております。
我々馬渕教室は開校以来、「生徒の夢を大きく育て 絶対に実現させる」という誓いの下、生徒の夢の実現に向けて全力を尽くしています。
皆様の大切なお子様の「夢」を実現させるよう精一杯指導して参ります。ぜひ我々馬渕教室にお任せください!

□■新校第1回入室説明会 (現小2~中2対象)■□
『なぜ馬渕教室なら成績が伸びるのか』。そのメカニズムを説明します。
11月19日(日) 午後1:00~2:40 ※入室テスト・講習準備テスト同時開催
馬渕教室石山本部校を知っていただき、その上で入室をご検討下さい。
当日は馬渕教室のシステムや滋賀の入試制度のご説明、オープンクラス(模擬授業)も実施いたします。

□■入室/冬期講習会をご検討中の方はまず入室テスト/講習準備テストを受験してください■□
11月19日(日) 午後1:00~2:40
試験教科(各40分):小3~小6…国算 / 中1…英数 / 中2…英数
持ち物:筆記用具
受験費用:無料

※ご都合が合わない場合はご相談ください。平日の夕方でも受験が可能です。

■□■ 小学生統一テスト受験費無料!! ■□■
今の実力・順位・偏差値が・課題が正確にわかる!!冬期講習会前に自分の課題を明確にしよう!!

2017年11月26日(日)実施 小学生統一テスト概要
学年
試験時間
科目
費用

小2・小3
11:00~12:30
算数・国語
全学年
無料

小4・小5
13:40~15:10
算数・国語

小6
13:40~16:30
算数・国語・理科・社会

※持ち物:黒のBの鉛筆・消しゴム

■□■ 馬渕教室はフォロー体制が万全です ■□■
①まぶち欠席フォローWeb・いつでも復習Web
「馬渕教室に入る前の単元を復習したい!」「授業で習った単元を復習したい!」「欠席した分の補習を受けたい!」そんな声にお応えするのが『まぶち欠席フォローWeb・いつでも復習Web』です。馬渕教室だけの完全補習システム。これがあるからこそ、「ついていけない」という心配はいりません!
②いつでも個別質問
馬渕教室での授業内容や宿題、学校の学習内容など、わからない問題はすべて個別質問でお応えします。授業の前後の時間や、授業のない日に質問に持ってきてください。質問が直接出しにくい場合は、お電話での連絡でも対応いたします。「わからない問題をわからないままにさせない」ために、ぜひ私たちに協力させて下さい。
③中1・中2・中3対象 単元別デジタルライブラリ ~合計1158単元を完全網羅!~
中2・中3の皆さんに朗報です。皆さんを応援するための最強の復習教材が新たに生まれました。
馬渕教室の精鋭教師陣による、わかりやすさを徹底追求した解説動!馬渕教室オリジナルテキストの各単元を解説しています。見たい単元をピックアップできる、細かい単元分けになっています。また各動画は短くまとめられ、集中して受講できます。ぜひ、冬に向け、苦手単元を克服していきましょう!

■□■ よくある質問 ■□■
Q:馬渕教室についていけるか心配です。
A:馬渕教室では入室の際にテストを受験していただいています。このテストに合格された方は、塾の授業に十分についていける学力をお持ちです。つまずいた単元や分からない宿題などは随時、質問対応やまぶち欠席フォローWebにてフォローしますので、合格なさったなら安心して馬渕教室に入室してください。勉強やクラブ・習い事など目一杯頑張る君を馬渕教室は全力で応援します。

Q:宿題の量はどれくらいですか?
A:学年にもよりますが、各教科テキスト2~3ページ程度です。時間にして30分から1時間あれば終わる分量ですが、力をつけていくのに十分な量になっています。ただし、宿題は教師が毎回の授業でノートを回収して、チェックをします。○つけが不正確・解き直しができていないといった不十分な状態で提出すると再提出になるときもあります。やらせっぱなしにはさせません。ご安心ください。

Q:塾とクラブとの両立は可能ですか?
A:馬渕教室の中学生の授業時間は原則7:15~9:40です。近くの中学校の部活動は夏時間で18:00くらいまでですので、クラブ活動を最後までしてから塾に来ることが可能です。

Q:授業を休んだ場合のフォローはありますか。
A:授業を欠席した場合は、校舎のパソコンを用いてまぶち欠席フォローWebを視聴していただくことが出来ます。馬渕教室の先生の授業シーンを実際に録画したもので、自分のペースで授業を受けることが出来ます。生徒のみなさんにはとても好評です。また、過去に学習した弱点単元の補習にもぴったりです。いくら視聴していただいても費用は頂戴いたしませんので、どうぞ積極的にご利用ください。

Q:定期テスト対策はありますか?
A:定期テスト2週間前から、馬渕教室のカリキュラムを一旦ストップさせて、学校の定期テストで得点するための対策授業になります。過去問に頼るだけの指導ではなく、単元の解説や確認テストを行います。

Q:授業のない曜日でも自習室は使えますか?
A:ご利用いただけます。お子様の授業のない曜日も馬渕バスは走っておりますので(休校日を除く)、バスもご利用いただけます。ご自宅でなかなか勉強に集中できないという場合は、どうぞ馬渕教室の自習室をご利用ください。自分だけの勉強の世界に没頭できる環境を整えてお待ちしております。

入室テスト(無料)・講習準備テスト(無料)は随時実施しています。お気軽にお問合せ下さい。

馬渕教室 2ch 馬渕教室 2ちゃん 馬渕教室 2ちゃんねる 馬渕教室 スレ 馬渕教室 スレッド 馬渕2ch 馬渕2ちゃん 馬渕2ちゃんねる
2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 馬渕教室 2ch 2017 2018 2019 2020 馬渕個別 掲示板 BBS 中学受験 高校受験 試験・受験対策
馬渕教室 5ch 馬渕教室 5ちゃん 馬渕教室 5ちゃんねる 高校 大阪 京都 奈良 滋賀 中学

中学受験テキスト 下剋上算数 難関校受験編
――偏差値50から70への道

著者:桜井信一+馬渕教室

大好評「桜井信一の板書」が質量ともに大幅レベルアップ!

内容

「出来るようになった子」が確実に得点できるようになるための全く新しいテキストです

◎「下剋上受験」の中でも取り上げられ、馬渕教室に問い合わせが殺到した内部向けテキストを再編集。基礎編は「算数が出来ない子」向けでしたが、今回は基礎ができた子供たちが確実に得点できるようになるためのテキストです。
◎「親塾」で長女を難関校に合格させた桜井氏が、娘に教えた「解き方ノート」を詳しく紹介。塾との併用、家庭学習にも最適です。
◎問題数は1000問。1日15分で10問、100日で終わるようにつくられています。
◎問題レベルは★★★★★の最高水準です。
◎150ページを超えるボリュームの別冊解説付きです。

これが「桜井家の解き方ノート」だ!

○フィボナッチ数列の性質を知る
○ぐるぐるまわる1000の輪
○割り算には2種類あることを知る
○わりあま6パターンを整理する
○はじきを使って速さを解かない
○ダイヤグラムと比を使う
○りんご図でニュートン算を解く
○選挙の当確を実況中継する
○おうぎ形が転がる
○円すいコロコロを瞬殺
○相似比を使って面積比・体積比を求める
○立方体を切断したときの切り口をイメージする
○メネラウスの定理を丸暗記しない
○チェバの定理の正体
○ヒポクラテスの三日月を研究する
○オイラーの多面体定理から平面を考える
○ジグザク角度に補助線なんて必要ない
○不定方程式を瞬殺
○捨てずに濃さを等しくする食塩水

―など62時限分の板書があります

著者紹介

桜井信一(さくらい・しんいち)

1968年生まれ。中卒の父親が娘と一緒に桜蔭学園を目指したノンフィクション「下剋上受験」がベストセラーに。子どもに勉強を教えるためのコツや、中学受験の裏事情などを紹介したブログ「父娘(おやこ)の記念受験」は受験ブログランキングで閲覧数第1位を独走中。

馬渕教室(まぶちきょうしつ)
大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀に展開する総合学習塾。グループ生徒数は約3万人。「中学受験コース」は28校を展開しており、約5000人の塾生が学んでいる。灘、東大寺学園など全国トップレベルの中学に毎年多数の合格者を輩出している。

http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2015/9784819112604.html