about

「まばたきスケッチ」とは

2012年1月28日(土)〜2月26日(日)に3331 Arts Chiyoda二階、ゼロダテアートセンタートーキョーにて開催された

展覧会です。

本展は、東京藝術大学大学院美術研究科壁画第一中村研究室の修士1年、遠藤麻衣、大絵晃世、佐々木紘子の

3人が企画・構成・展示を行ないました

3人の平面作品、映像、インスタレーションの新作により構成されています。



開催趣旨


私たちは何気なく日常を過ごしていますが、過ぎ去って行く一瞬は二度と戻ってこないものだということを、昨年3.11と

大きな衝撃により痛感いたしました。

多くの人は、時間を大切に残しておきたいという思いから、写真を撮ったりスケッチをしたりして時間を留めようとして

のではないでしょうか。

まばたきのように意識しない一瞬、その見えていない間にも後から思えば大切だった時が含

まれているかもしれません。


“まばたきスケッチ”というタイトルには、観ている現実だけではなく、まばたきのうちに入り込んでくる私たちの想像や

過去をもスケッチする、という意味が込められています。


3人のアーティストがそれぞれの視点で捉えた ”まばたきスケッチ” を提示することで、普段は観る事のできない夢と現

界を共有できる空間を展開します。

                                                          −あいさつより抜粋−



作品概要


遠藤麻衣


身近なところから常に作品のアプローチをする彼女は、自分の部屋の物が増えることに対する喜びとともに嫌悪の気持

が存在することに着目し、そのアンビバレンスな感情を視覚化しようと試みました


大絵晃世


「新宿御苑のためのレクイエム」という曲を作曲し、映像作品とライブパフォーマンスとして展開しました。新宿いう

ロケーションは、作品を作る上で、”別れの場所” ”無常を感じる場所” として喚起されたものです。


佐々木紘子


ある街を取材し、撮影した写真からコマ撮りアニメーションを制作。そのアニメーションをもとに、沢の収集した

風景を一つの映像インスタレーション作品として展開することで、それぞれの日常に含まれる物語の共有を試みました。








サブページ (1): concept