LVSquareみちのく  ―アジア航測とみちのく震録伝のコラボレーションサイト―


 東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」とその賛同・協力機関であるアジア航測株式会社は、震災直後から被災地の復興状況を撮影した現地写真や航空写真、全周囲(360°)映像をアジア航測が提供する情報共有プラットフォーム(LVSquare)にて公開致します。



 本サイトは、
岩手県・宮城県福島県の津波浸水域で東北大学防災科学研究拠点の研究者が撮影した現地写真とアジア航測が撮影した被災後の航空写真・現地写真・多時期の車載型360°カメラ映像を集約し、地図と連動して重ね合わせて閲覧できるサイト「LVSquareみちのく」として公開するものです。

 今後「みちのく震録伝」を通じて収集が期待される復旧・復興に関わる情報も同サイトにて配信することを予定しており、東北大学およびアジア航測の持つ多時期かつ視点の違う写真等を比較可能な形式で公開することで、震災発生直後の状況を記憶に留めるとともに、防災・減災教育や研究等への利活用ならびに被災地の復興に向けた様々な活動に寄与することをねらいとしています。

下の「LVSquareみちのくマップ」にて、LVSquareみちのくで掲載するコンテンツの撮影位置や撮影ルートをGoogle Map上に表示しており、それぞれのアイコンや撮影ルートをクリックし、リンクを辿ることでLVSquareにてコンテンツを閲覧することが出来ますので、是非ご利用下さい。

LVSquareみちのくの使い方はこちら
― LVSquareみちのくマップ  ―