蚊帳飾り布18

桃色がかった藤色の微妙なグラデーションが美しい一枚です。すべて樹皮染めの逸品で、織りも端正で気品を感じます。布から「気品」が漂っていることで、この布を織った「人」の精神性がひしひしと伝わってくるような気がします。模様はナーガを始め精霊動物や植物など多様で興味深いです。全部で25模様あり、ナーガ8枚、シーホ2枚、植物8枚、幾何学模様7枚です。

幅19cm 長さ172cmと320cmの2枚。

 下に入れた画像(ひも)はこの蚊帳飾り布購入時に脇布として縫い付けられていた布です。縫い方に引き攣れがひどいため解きました。縦糸は絹糸の様々な草木染め糸を縞状に用い、緯糸は、手紡ぎの藍染め木綿糸が使われています。


蚊帳飾り布18


Comments