伊東のITへの提言

ITコンサルティングの基本スタンスを踏まえた提言を紹介いたします。

ITが生産性向上や業務効率化に役立っているのかの分析の必要性

伊東の私見による世間のITへの誤解について
コンピュータを使ったシステムの設計・開発に携わり20年以上たちました。
その前は10年間、地方の銀行に勤めておりました。
その経験から、最近の国を挙げてのIT化推進を大きな疑問をもって眺めています。
先にも述べましたがコンピュータは情報技術のための重要な道具ではありますが
情報技術そのものではありません。情報を扱うのにコンピュータは必須アイテム
ではないのです。ノートと鉛筆でだって立派に情報は扱えます。
郵便、電話、FAX、ノート、電卓・・・特性を良く知りバランスよく使うことが一番の
情報化への早道なのです。