端末で使うテキストエディタ nano

Linux Mint 共通

端末で使うテキストエディタは使いづらいとよく言われます。
確かに独特の操作感や複数のキーを組み合わせた操作など覚えるのが大変で使えるようになるまで時間がかかるかもしれません。

ですが設定ファイルやちょっとしたテキストの作成をするならば、GUIのテキストエディタよりも動作が軽く便利だと思います。

nanoはその中でも操作が単純でCUI(CLI)に慣れていないユーザーでも使いやすいエディタだと思います。

慣れてしまうとマウスを使うことが無いため手の動きがキーボートだけに集中できるので作業効率が上がります。


Linux Mintには最初からインストールされています

Linux Mintではnanoは最初からインストールされていますのですぐに使うことが出来ます。

コマンド

//ファイル名を指定せずに開く場合
nano

//ファイル名を指定して開く場合
nano [ファイル名]

//オプションを指定してファイルを開く場合
nano [オプション] [ファイル名]

と、コマンドとファイル名を指定すればとりあえずファイルを開きます。
もし指定したファイルが存在しない場合は、新規ファイルとして入力したファイル名でエディタが起動しますが、保存をしない限りファイルは作成されません。

開くファイルのパーミッションにより、編集権限の無いファイルは自動で読み取り専用としてファイルを開きます。


コマンドも表示されてわかりやすい


ファイルを指定せずにnanoを起動した状態です。
画面下部にはコマンドによる操作方法が常に表示されているので、操作がわからなくなるようなことはありません。


操作コマンド(ショートカット)

操作コマンドは^とアルファベットで表示されていますが、^はCtrlキーを表しているので、Ctrlキーを押しながら文字キーを押すと、表示されている操作が出来るようになっています。
試しにCtrl+Gを押してみましょう。nanoの操作ヘルプが表示されます。


ヘルプには操作コマンドの一覧があるので、困った時に見るようにしましょう。

操作コマンドの一覧にコマンドがM-で始まる操作は、Altキーと文字キーの組み合わせになります。
最終行へカーソルを移動するコマンドはM-/と表示されています。これはAlt+/という意味になります。

M-はMetaキーという意味で、大抵の日本語キーボードならばMetaキーはAltキーに割り当てられているはずです。
Linuxで使用するキーボードの設定が間違っていたり、独自にキーマップを変更している場合はAltキー以外にMetaキーが割り当てられている場合があります。

一部の操作はファンクションキー(F1〜F14)で操作も可能ですが、ファンクションキーはLinuxがショートカットキーとして何かしらの機能を割り当てているので使えません。

ヘルプ画面から元の操作画面に戻りたい場合はCtrl+Xで戻ることが可能です。

操作コマンドは操作状況によって操作コマンドに割り当てられる機能が変わることがあります。
その場合は画面下部の表示も変化するので、表示を見ながら作業すれば間違うことはないと思います。


日本語入力もOK


日本語も問題なく入力・表示が可能です。


編集操作

カーソルの移動は矢印キーで行います。

文字の削除はBack spaceキーとDeleteキーで行います。

ページ単位でのスクロールはキーボードのPageUpまたはPageDownキーを使うか、Ctrl+YまたはCtrl+Vで行います。

カーソルがある行をまるごとコピーしたい場合は、Alt+6で1行コピーされます。見た目の変化は特にありませんが、操作が完了するとカーソルが1行下へ移動します。

カーソルがある行をまるごとカットする場合は、Ctrl+Kで行います。カットした内容はバッファ(Windowsでいうクリップボード)に保存されます。

カットしたデータ(バッファに保存されたデータ)を貼り付けるには、貼り付けたい行または位置にカーソルを移動し、Ctrl+Uで貼り付けることが出来ます。動作は挿入になります。

文字列の範囲指定はカーソルのある文字を起点としてAlt+Aキーを押した後、矢印キーで範囲を指定します。範囲の終点は移動したカーソルの1文字前になります。
範囲指定中にもう一度Alt+Aを押すと操作をキャンセルします。

範囲指定した文字列のカットは、範囲指定中にCtrl+Kでカットすることが出来ます。
カットした文字列はバッファに保存されます。
カットした文字列は、Ctrl+Uでカーソルを置いた部分に挿入することが出来ます。

文字列の検索はCtrl+Wで行います。基本動作はカーソルの位置よりも下の文字列に対して検索をかけます。
それ以外の検索の動作についてはCtrl+Wでコマンド表示画面が変化するのでそちらを参考にして下さい。


ちょっと変わった動作

GUIのテキストエディタではあまり見かけない動作があります。
Ctrl+Rに割り当てられているRead Textという機能ですが、これはカーソル位置に他のテキストファイルから読み込んだテキストデータを挿入する機能です。

自身の署名や文章の最初に決まって書かなければいけない内容など、繰り返し使うテキストを予め別のファイルに用意しておき、新規ファイルに挿入して使うという方法が出来ます。


ファイルの保存

ファイルの保存は、Ctrl+Oで行います。
ファイル名を指定せずにnanoを起動した場合は、ファイル名入力欄が空なので任意のファイル名を入力してエンターキーで保存します。
入力欄にはパスも入力可能ですので、カレントディレクトリ以外に保存することも可能です。

ファイル名を指定してnanoを起動した場合は、ファイル名入力欄にファイル名が入力されています。ファイル名を指定して開いたけどそのファイルが存在しない場合はファイルを新規作成し、同名のファイルがある場合はファイルを上書きします。

ファイルの書き込みにはディレクトリやファイルのパーミッションで許可されていないと保存は出来ませんので注意しましよう。


nanoの終了

nanoでの操作を終わりにしたい(終了)したい場合は、Ctrl+Xで終了出来ます。
ファイルが変更されてる場合は、ファイルを上書きするか聞かれますので操作コマンド表示を見て操作を行って下さい。


Linux Mint Debian Editionでは特に設定を変更しない限り、端末での標準エディタはnanoに設定されていますので、端末での作業時によくお世話になると思います。
Ubuntu系のLinux Mintではコマンド表示部分も日本語化されている(Linux Mint 16 Mateで確認)ので、使い方をマスターしてみてはどうでしょうか?
Comments