La cierjustel‎ > ‎

動詞派生名詞

リパライン語では動詞から名詞に派生させるための語尾である動詞活用(動詞連体形省略語尾)が良く使われます。一覧を見てみましょう。

 意味 語尾 対応する理語(Vは動詞) 対応する格・意味
 すること
 -o lex V iulo
 動名詞
 する物 -erl lex V mors
 対格・対象
 する人 -er lex V larta
 主格・動作主
 する時 -il lex V liestu
 時格・動作時
 する場所 -al lex V polto
 処格・動作場所
 する方法 -el lex V jandis
 具格・動作方法
 する道具 -yl lex V lesur
 具格・動作につかうもの
 する状態・状況 -ol lex V na
 動作の状況

動詞から派生するため様々な意味を持つ事が出来ます。
lkurf + -ol → lkurfol(話す状態・状況)

動詞から派生する動詞派生名詞は動詞が名詞を取った状態でも作る事が出来ます。
例えば、アンチウイルスソフトという意味のjelyl encediurnelはencediurnel(ウイルスプログラム)を目的語に取ったjel(見つける)の節に-yl(~する道具)という接尾辞が付いています。

名詞を取った動詞派生名詞はそのまま名詞節となります。この場合格が付くのは動詞派生名詞の方になります。

Jelyl'i encediurnel lerlerxles. アンチウイルスソフトをインストールする。

・従属節の-t

名詞を取った動詞の動詞派生名詞はその派生名詞が取る名詞を明示するために格語尾にtを付け加える事があります。

Mi's niexixerl'i co'st firlex niv. あなたが考える事は分からない。

上の文だとco'stがniexixに取られて-erlで名詞化して-'iで派生名詞が主動詞の目的語になっているのが分りますがco'sだとfirlexの主語なのかniexixの主語なのかが分からなくなってしまいます。このような時は必ず-tを追加しなければいけません。
Comments