五月の庭 A YARD IN MAY


萩尾望都など少女漫画を評論・研究しています。日記のログが溜まったので集めてみました。近々論文公開予定。  

過去ログ基本時系列+ジャンル別。

 

少女漫画関係

萩尾望都 

いちばん書かなくちゃいけないのにあんまり書いていないですね。

2003-12-30 序の序・萩尾望都作品における救済者の性格

2003-12-31 2003総括:少年は子宮になりうるか

2004-01-03 視覚と漫画

2004-06-09 オスカーへ愛をこめて。-ご意見を頂きました。

2005-12-06 少女漫画の1970年代――『メッシュ』以前

2005-12-05 【前提】死を与える父が生を輝かせ、生を与えた筈の母が死の夢を見せ (『メッシュ』に関するテキストです)

2005-12-12 第二稿「反抗対象としての父」――マフィアのボスを殺せ! (『メッシュ』に関するテキストです)

 

なるしまゆり

90年代~00年代を代表する作家さま。

2004-03-06 [感想]原獣文書(1~7)なるしまゆり

2004-06-13 全ての評論はなるしまゆりを肯定する

2005-06-13 急に思いついた  抑圧者のいない異端児を如何にして救うかという問題

2005-09-20 ななななんと!なるしまゆりインタビュー

2005-09-13 原獣文書8巻 コマ割りという言語を放棄するなるしまゆりの言語

2005-12-03 『少年魔法士』13巻 なるしまゆり なぜ?お願いあの子を消さないでレヴィを殺さないで

2006-04-09 思い付きを記録しないなら忘れるがいい、みたいななるしまゆりの理論

2006-01-14 【驚愕】よしながふみは多分少年魔法士に影響を受けている『ジェラールとジャック』


24年組、ポスト24年組

2005-12-18 主体を封印する母――安定をもたらす女神を殺せ!『イティハーサ』と『ワン・ゼロ』の共通構造

2004-12-04 統率の取れた24年組スピリット 『杖と翼』1~5 木原敏江

2005-05-17 杖と翼 6巻(完結) まさかもう完結するとは思わなかった

2005-12-01 『摩利と新吾』木原敏江 文庫全8巻 性愛の不可能に木原敏江の矛盾を見る

2006-04-29 とてもとても苦手 木原敏江『アンジェリク』

2006-02-06 マゾヒズムの発見、二面性の肯定 神坂智子『T・E・ロレンス』


花とゆめ、白泉社

2005-10-20 スキップ・ビート 11 究極の一人モノローグ体質漫画

2006-02-18 2006年の少女漫画の話をしよう 仲村佳樹『スキップ・ビート!』

2006-10-19 これぞトキメン漫画の教科書 やっぱり面白い『スキップ・ビート!』14巻

2006-02-03 『銀魂』にインスパイアされた漫画家さんについての私見-キャラ萌えと関係性萌えみたいな何か

2006-08-23今更ながら読んだ川原泉『真面目な人には裏がある』は本当にひどい『レナード現象には理由がある』 どう見ても「読者に判断を委ねている」というより、作者の認識に問題があるようなアレ

2006-08-26 私の好きなモリエサトシ!

2006-10-01 高慢であること 高尾滋『てるてる×少年』-『ゴールデン・デイズ』に絡めて

2006-10-06 男の子が女の子にトキメキまくる少女漫画の潮流「トキメン」を探れ!


その他少女漫画に関する文章

2005-11-27 7 SEEDS (7)田村由美 生き抜くために必要なモノは何なのか、かんがえる。

2006-05-03 生きていくために必要なものを備えていても、ひとは死ぬ 7SEEDS(8)

2006-09-28 語る言葉を持たない 7 SEEDS(9)

2006-06-04 新生別マコミックス第一弾なんだよね 『君に届け』

2006-10-03 あたしにとっては、つまんなくなったわ 『君に届け』2巻 椎名軽穂

2006-10-22 吉野朔実『エキセントリクス』巻末解説における黒田硫黄と守中高明の「絶望的なまでのすれ違いという相似」は何故起こったのか、『少年は荒野をめざす』『ジュリエットの卵』を引きながら考える、そして『恋愛的瞬間』と少女漫画について(メモ)



少年漫画関係

少年ジャンプしか読んでません。

魔人探偵脳噛ネウロ

9カァンの感想がないのは仕様です。

2006-01-27 ああ狂ってる 漸く見つけた『魔人探偵脳噛ネウロ』1~2 松井優征

2006-01-29 なぜ脳噛ネウロさんはこんなに格好いいのか考える 魔人探偵脳噛ネウロ3~4

2006-04-05 魔人探偵脳噛ネウロ5巻 こんなに面白いのにネウロは冷遇されている

2006-06-03 『魔人探偵脳噛ネウロ』を真剣に大絶賛してみるか (6巻感想)

2006-08-29 祝・7カァン! それでも『魔人探偵脳噛ネウロ』のライバルが怪盗Xでなければならない理由

2006-10-05 魔人探偵脳噛ネウロ8巻に掲載されたネタまとめ


その他少年漫画に関する文章

いちばん好きなのは冨樫義博なんですが全然書いていないという。

2005-09-21 銀魂 1~8(最新刊) 空知英秋

2006-02-13 今さら人に聞けない『DEATH NOTE』の話――ネタバレなしレビューに挑戦!

2006-09-06 アイシールド21 アイシールド意味ねェェェ! けど面白いほんと面白い

2006-09-13 一言で言えば「世界観がよくわかりますぇん」 BLEACH全部読んだ



青年漫画関係

なにげいっぱい読んでいるのでは・・・!

アフタヌーン系

尸良さんだいすき。

2004-01-03 漆原友紀 回転する時間軸・蟲師(4)

2005-09-26 無限の住人(1)~(7) 尸良って凄いキャラ

2005-10-10 めちゃめちゃ面白い!なんじゃこりゃーな無限の住人(8)~(14)

2006-11-11 改臓肢儀のラストが好きすぎたので書いとこう 『無限の住人』20巻

2005-11-23 ヒストリエは自分的今年の漫画ランキング上位に食い込むこと必至/岩明均のヒストリエ以外の作品(ついでだし) 


その他青年漫画に関する文章

2004-02-28 それでいいのかプラネテス(4) 「イノセンス」への敵対宣言――プラネテス4巻感想 ASIN:4063289370

2004-03-12 無垢で純真で汚れをしらず清く正しく美しく名もなく清楚なアナタ、『プラネテス』 

 

 

漫画ベスト

年末にその年のベストを発表したものです。

2005-12-31 lepantoh的2005年面白かった漫画ベスト10

2006-12-30 買い与えてでも読んで欲しいと思う漫画ベスト10 『HUNTER×HUNTER』『7 SEEDS』『闇金ウシジマくん』『ゴールデン・デイズ』について少し書いてます。

 

 

評論関係

主に漫画評論に関して時折言及しています。ちょっと微妙な立ち位置。

大塚英志

10あったら8くらいで意見がすれ違っている人。

2004-01-22 「彼女たち」の連合赤軍―サブカルチャーと戦後民主主義 大塚英志

2006-10-26 〈内面〉論のメチャクチャな発生にみる、大塚英志の論理的欠陥

 

上野千鶴子

フェミニズムが嫌いなわけじゃないですが、フェミニズム評論は漫画と相性が悪い。

2006-09-19 上野千鶴子氏による「少年愛」読解を批評する(1):ミソジナスな「少年愛」を彼女が礼賛する理由

2006-09-20 上野千鶴子氏による「少年愛」の読解(2) なぜ、よりにもよって“ジェンダーレス”と名付けられたのか?

2006-09-21 上野千鶴子氏による「少年愛」の読解(3) 少年はフェミニズムのために生まれたのではない


やおい評論の書評

やおい読みませんが、隣人としてたまに言及します。

2006-12-26 『やおい小説論』は論文としてどうなのかしら?

2007-01-09 『隠喩としての少年愛』は“珍しく”批評精神溢れる少年愛/やおい考

 

その他評論に関する文章

2004-05-13 「無垢の力 〈少年〉表象文学論」高原英理

2006-01-20 いくえみ綾と藤原よしこを分けるもの試論

2006-01-21 少女漫画読みの視点についての雑感/乙女ちっくと萌えの劣等要素は一緒か?

2006-09-04 『バックラッシュ!』 やっぱりジェンダー・フリーという言葉は使いたくない(イミフだから

2006-09-05 「暗くてよく見えん」少女漫画評論と「ジェンダーレス・ワールド」の話



おまけ

ラルク・アン・シエル

結構反響があり、自分でも気に入ってるラルクの名曲『瞳の住人』に関するエントリ。今のラルクについては、なんつーか既視感や既聴感ばかし感じさせる存在になってないか?と思ってますが、エントリを要約すると、「あんた一人だけ飛んでいくのなんて許さない!永遠に引きこもって夢を奏で続けてこそのラルク!」と嫉妬しているだけという噂も。→ていうか、まんま『銀の三角』とか『イティハーサ』の那智みたいな。

2004-04-02 はてなdeラルク語り・瞳の住人をメッタ切りして解体する試み・壱

2004-04-03 はてなdeラルク語り・瞳の住人をメッタ切りして解体する試み・弐

2004-06-08 自由への招待と拘束の正体


舞台、音楽、映画、絵画など……その他のアート

サイトの方向性からはズレるけど、けっこうその手のエントリは多い。いつか、ここに載せられるくらいまともなものを書けるといいな。

無言の日記-記事一覧-舞台

無言の日記-記事一覧-音楽

無言の日記-記事一覧-映画

counter

日記: 無言の日記―五月の庭

リンクはご自由に。ウェブに書いたものの引用などは出典を記していただければ幸いです。

インスタントストアやりたいがためにアソシ始めました。