HOME

立命館大学・立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO) の研究プログラムの1つである「『法と心理学』研究拠点の創成」のページです。


[本研究プログラムについて]

本研究プログラムの目的は、法と
人間科学(とりわけ心理学)についての社会的重要問題に関する学融合的研究を行うとともに、若手研究者を養成することです。
本プログラムの概要については、下の「立命法心理.pdf」 をご覧下さい。



[お知らせ]

'12.10.24(水) 更新
第6回東アジア法と心理学国際会議が10月26日~28日に開催されます。

'12.10.24(水) 更新
 
'12.10.6() 更新
研究成果報告2012年10月分を追加しました。

'12.8.4 (土) 開催
 
'12.5.14(月) 更新
「立命館CLUB最新号」に
本プログラム代表サトウ教授の記事が掲載されました。

'12.4.5(木) 開催
本プログラム・メンバーの指宿信教授が登壇の国際シンポジウムが開催されました。
国際シンポジウムin大阪 世界の取調べの潮流と、「それでも可視化やってない」日本の現状

'12.4.3(火) 更新
研究成果報告を追加しました。

'12.3.23 (木) 更新
サイトをリニューアルしました。

'12.3.10 (土) 放送

KBS京都「変わる!?裁判員制度~3年の成果と課題は?」 に本プログラム・メンバーの松宮孝明教授(本学法務研究科長)が出演しました。


'11.10.27 (木) 更新
「The 5th Korea-Japan Law and Psychology Student Symposium」 が2011年9月26日に韓国ソウル市・梨花(インファ)女子大学で行われました。
 
'11.7.28 (火)  更新
本プログラム代表佐藤教授、メンバー稲葉教授、指宿成城大学教授が参加する 「法と人間科学」 が科学研究費の平成23年度新学術領域に採択されました。

 

[活動実績]
 
 
 


[リンク]
 
リンク集