マインドコントロールされないために(1)

マインドコントロールされないために

あなたは今,マインドコントロールされていませんか?

 あなたは今,マインドコントロールされていませんか?

「寒天が健康にいい!」と報道されたら,すぐに寒天が売り切れ,「トマトに脂肪燃焼効果がある」と報じられたとたんに店頭からトマトがなくなる。あなたは大丈夫ですか?

「血液型占い」は単なる占いにすぎないのに(それもあまりにも大雑把すぎる占いなのに),本気で信じ込んでいませんか?

「今年はこの色が流行する」と聞いて,それを行動の基準にしていませんか?

 これは古い記事ですが,この度の大震災以前は 「絶対安全」(クリック!) という言葉にマインドコントロールされていませんでしたか?
[探査機ハヤブサ]危機管理(これでもか,これでもかという危機の先読みとそれに対する手当)とは正反対ですね。

教育催眠研究会は,このような現状を危惧します。今,巷では,ある占い師にだまされた芸能人のことが話題になっています。「彼女は女占い師にマインドコントロールされているのだ」と。

 そういう意味で言うなら,例の芸能人と私たちとは五十歩百歩,私たちだってマインドコントロールされているのです。

 そして,それを打破するために,心の仕組みや,人間の「認識」について学んでいこうとするのが教育催眠研究会の活動なのです。

 ともすると,テレビの催眠ショーを見た人の中に「催眠って,人をマインドコントロールするものなんでしょ?」などと言う人がいますが,これは逆です。「催眠」や「催眠の手法」を学ぶことによって,マインドコントロールや迷信,偏見を打破していこうというのが私たちのスタンスなのです。

 とくに「教育界」においては,この構えは重要です。戦前・戦中の教育などは「マインドコントロール」というよりも「洗脳教育」といえるかもしれません。

 さて,「催眠」と「マインドコントロール」を同一視してしまうのも大きな偏見です。

 あたりまえのことなのですが,催眠だけで人を自由に操ることは不可能です。とくに催眠性トランスにある人は,心が研ぎ澄まされ,防衛本能も敏感になりますから,かえって「悪意」「偽善」などを見破りやすくなります。

 この稿では詳しいお話しはさけますが,教育催眠研究会では,科学的・合理的な見方・考え方 を追究します。

「催眠って,中島さんのような人をつくること?」と聞かれたので,取り急ぎこの記事を書きました。これに関しては,研修会で勉強しますが,サイト上でもお知らせできることと思います。

「マインドコントロールされないために(2)」
「マインドコントロールされないために(3)」
「マインドコントロールされないために(4)」
[教育催眠研究会]
Comments