次回研究会の御案内

平成二十九年度 冬期研究例會 (告)

・日時: 平成 三十年  一月 六日(土)
・場所:
研究會:  國際基督教大學東ケ崎潔記念ダイアログハウス國際會議室     
   〒181-0015東京都三鷹市大沢3-10-2
懇親會: 國際基督教大學東ケ崎潔記念ダイアログハウス一階食堂
 
             〒181-0015東京都三鷹市大沢3-10-2
                            
一. チャールズ・テイラーの政治哲学の旅路 
       アウェイ環境におけるコミュニタリアニズム

             濱井潤也氏 (新居浜高専)  
一.  哲學理解に於ける記述の決定的重要性について
       波多野精一の宗教哲學を手掛かりとして

          田中 敦氏 (國際基督教大學名譽教授)
一.(論題・報告三十三)
  『時代』といふもの
   ―明治の書生、大正・昭和の生徒・學生、そして…(その2)―

    酒井 修氏 (京都大學名譽教授)
一. 概念とは何か ―ヘーゲル論理學の意味論的解釈― 

                硲 智樹氏 (廣島大學)

一.  フッサールにおける哲學の理念と理性論としての倫理學

                石田三千雄氏 (徳島大學)


その他の詳細につきましては、決定次第本ホームページ上に順次掲載いたします。
 






  *葉書またはファックス連絡先

    〒520‐0865 大津市南郷二丁目一七の二八 酒井 修 方
    京都ヘーゲル讀書會 (Tel/Fax 〇七七-五三四-二八三九)

*E-mail 連絡先

      小川 清次 宛 (s-ogawa@canvas.ne.jp

      田中  敦  宛 atsushi@icu.ac.jp)
                          平成29年10月
  
                                           (https://sites.google.com/site/kyotohegelge/)