研究会主旨‎ > ‎

キリスト教思想研究の現在

Research on the Trends of Christian Thought Studies
 本研究会は、おもに現代キリスト教思想(第一次世界大戦以降)を取り上げ、現在のキリスト教思想あるいはキリスト教思想研究の動向について共同研究することを目指しています。キリスト教思想そしてその研究は、現在複雑に細分化されいわば混沌とした様相を呈しており、研究者自身にとっても見通しのつかない状況にあります。こうした思想状況において、注目すべき主要な動向を明らかにし、新しいキリスト教思想研究の方向付けを行うというのが、本研究会の最終目標になります。
 本研究会は、2004年度から「キリスト教思想研究の現在」研究会(現代キリスト教思想研究会)として活動を開始しますが、様々な思想家についての紹介的な文章、新しい文献の書評などを掲載することからスタートし、徐々に「キリスト教思想研究の現在」の全貌に迫りたいと考えています。
 なお、2007年度も、2006年度と同様に京都大学キリスト教学の授業と合同の形で研究会を行います。 
Contents

◇ エッセイ
     ◇ 研究会の予定と記録
2004年度 2005年度 2006年度 2007年度
2008年度 2009年度
◇ 研究会メンバー

お知らせ
      本年度の研究会は、2010年1月6日(月)で終了しました。2010年度は休会の予定です。
       連絡先:芦名定道(ASHINA Sadamichi) 
            Last updated 1.6. 2010                                                         

芦名研究室へ 現代キリスト教思想研究会へ

サブページ (2): エッセイ 研究会メンバー
Comments