ホーム

CAMP(コンパニオンアニマル マインドプロジェクト)は、私たちにとって身近な動物であるイヌやネコ、ウマ、オウムなどのさまざまな行動や知性について、
心理学的な手法で研究しているプロジェクトです。

 イヌやネコ、ウマ、オウムなどは身近な動物でありながら、その行動や知性がどのようなのものなのか、まだ十分な研究がなされていません。
 私達にとってかけがえのない家族の一員と考えられるようになってきた動物たちの心の世界について、少しずつ明らかにしたいという思いのもと、このプロジェクトを立ち上げました。名前はCAMP(キャンプ:コンパニオン・アニマル・マインド・プロジェトの頭文字)です。
 CAMPには、イヌの研究をしているチームCAMP-WAN、ネコ研究をしているチームCAMP-NYANがあります。ほかにも、ウマの研究やオウムの研究も行っています。




CAMP最新ニュース(facebook)




【以前のニュース】
2011/12/23
滋賀の竜王で行われたドッグショーにてCAMP-WANの研究紹介をさせていただきました!

2011/11/30
CAMP-WANも参加しているイヌの行動と進化の生物科学研究会の事務局である麻布大学からの被災地からのと譲渡犬の里親募集についてのお知らせ。

2011/11/24
読売新聞夕刊にCAMP-WANの記事が掲載されました。

2011/10/20
ドッグトレーニングの会社DLC-PROブログでCAMP-WANについて紹介していただきました!

2011/09/08
◆慶応義塾大学において、Animal2011(動物心理学会など4学会合同大会)が開催されCAMP-WANのメンバーも発表を行いました。

2011/07/25~
◆ドイツのベルリンで調査を行いました。CAMP-WANでは日本とドイツのワンちゃんを対象に比較研究も行っています。 ブログでドイツ調査の様子を紹介しています。