ホーム‎ > ‎活動報告‎ > ‎

<団員投稿>消防団に入団して(第二分団)

2015/03/28 17:38 に 京橋消防団本部 が投稿

 
第二分団 団員
岩井 善明(イワイ ヨシアキ)

 私は、2014年8月1日付で京橋消防団第2分団に入団いたしました。私が勤めている会社にて年2回行っている救命講習で消防団の皆様に指導員としてご協力いただいていること、会社の先輩が京橋消防団に所属していたことが入団のきっかけでした。

消防団に入団し、改めて感じたことは消防団が担う役割の重要性についてです。近年、新聞等のメディアに消防団の記事が掲載されているのを度々目にしますが、そのどれもが消防団の重要性、存在意義を訴えるものばかりです。また地域の行事に目を向けると、地域防災の中核が消防団であることがよくわかります。

このような重責を担う消防団に入団し、少しずつ消防団活動に参加させていただく中で強く感じたことがあります。それは消防団独特の空気の心地よさです。この心地よさはいったいどこから生まれるのだろう、とふと考えてみると「少しでも誰かの役に立ちたい」「自分たちの地域は自分たちで守るのだ」という思いを皆様が共有しているためだと感じました。消防団ならではの自覚と規律、そしてチームワークが生み出す一体感。これこそがあの独特な心地よさの正体であると私は思います。

消防団の制服に初めて袖を通した時に感じた、強い使命感を今後も持ち続け、皆様とともに地域防災に貢献できるよう尽力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
Comments