ホーム‎ > ‎活動報告‎ > ‎

<団員投稿>私の主人は4分団員(第三分団)

2015/03/28 22:45 に 京橋消防団本部 が投稿   [ 2015/03/28 22:52 に更新しました ]

第三分団 団員
倉田 易久恵 (クラタ イクエ)


消防団に入団して六か月が経ちました。

知り合いに誘われ、軽く「いいよ~」と返事をしたのが入団のきっかけでした。同じ会社に消防団で活躍している方がおりましたので、一度見学に来ないかと誘われ、行くことになりました。

ちょうどポンプ操法大会の練習中で、消防団ってこんな事しているの?と驚きました。練習の後はそれぞれの反省や改善点を議論し、とても真剣に取り組んでいました。

そんな活動を目の当たりにし、凄いと思った反面、私には出来ないと後退りする気持ちもありました。

それでも私が入団を決意したのは、3分団の皆さんの迎え入れてくれる雰囲気を凄く感じ、断る理由は無いと思ったからです。

入団して初めての活動は「銀座震災訓練」の説明会でした。その後も上級救命救急の資格の取得、新入団員教育と次々に入るスケジュールに驚き、消防団ってこんなに活動しているんだなぁと初めて知りました。

さて、タイトルの「私の主人は4分団員」ですが、タイトル通り私の主人は4分団で活動しています。出会いは消防団!だと良かったのですが、そのようなドラマチックな話ではありません・・・。しかし、独身の方々の入団促進、そして夢があるので出会いは消防団!ということにしておこうと思っています。(笑)

もし私が入団していなかったら、2人の予定よりも消防団活動を優先することに納得が出来なかったかもしれませんが、夫婦共に消防団員であることによって「消防団の活動は二人の予定より優先!」ということになっています。

また、夫が4分団にいることによって、4分団の方々とお話をさせていただく機会もあるのですが、結束が固くフレンドリーで3分団とはまた少し違う雰囲気に分団それぞれにカラーがあり、消防団って面白いなぁと思いました。

これからも、夫婦共に京橋消防団員として、地道に活動して参りますので今後とも宜しくお願い致します。