Japanese / English

山本 克彦 Katsuhiko YAMAMOTO

国立大学法人 和歌山大学 システム工学研究科 博士後期課程

My CV is HERE.

  • [NEW] デンマーク工科大学に短期インターン生として滞在します(2017.8.11)
  • [NEW] スウェーデンのストックホルムで開催されるInterspeech 2017にてポスター発表(Wed-P-6-4-3)を行います(2017.8.11)

所属

E-mail

yamamoto.katsuhiko(at)g.wakayama-u.jp

研究テーマ

  • 聴覚モデルを用いた音声明瞭度予測法(博士後期課程
  • 骨導音知覚特性に関する調査研究(修士課程 課題研究)
  • 音韻修復に着目した半開示音声スクランブル法
  • 騒音環境下における骨導超音波補聴器の明瞭度の改善(高専専攻科 卒業研究)

履歴

    2015-現在 和歌山大学 システム工学研究科 博士後期課程.
    2013-2015 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程.
    2011-2013 神戸市立工業高等専門学校 専攻科 電気電子工学専攻.
    2006-2011 神戸市立工業高等専門学校 電気工学科.

所属学会

  • 日本音響学会(学生員)

原著論文(ショートペーパー)

  • K. Yamamoto, Z. Zhu, M. Unoki and N. Aoki, "Study on Semi-Scramble Method for Speech Signals Based on Phonemic Restoration," Journal of Signal Processing, Research Institute of Signal Processing Japan, Vol.18, No.4 Special Issue on Papers Awarded the Student Paper Award at NCSP'14, pp. 205-208, July 2014. [Link]
  • Z. Zhu, K. Yamamoto, M. Unoki and N. Aoki, "Study on Scramble Method for Speech Signal by Using Random-Bit Shift of Quantization," Journal of Signal Processing, Research Institute of Signal Processing Japan, Vol.18, No.6  Special Issue on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, pp. 303-307, November 2014. [Link]

国際会議, 査読有り, 口頭発表

  • K. Yamamoto, T. Irino, T. Matsui, S. Araki, K. Kinoshita and T. Nakatani, “Speech intelligibility prediction based on the envelope power spectrum model with the dynamic compressive gammachirp auditory filterbank,” In proceedings of Interspeech 2016, pp. 2885-2889, Hyatt Regency, San Francisco, USA, 8–12 September 2016, [採択率: 約50%][Link]

国際会議, 査読無し, 口頭発表

  • K. Yamamoto, T. Irino, T. Matsui, S. Araki, K. Kinoshita and T. Nakatani, “Study on predicting speech intelligibility of enhanced speech sounds using the dynamic compressive gammachirp auditory filterbank and modulation filterbank,” presented at Taiwan/Japan Joint Auditory Research Meeting, National Tsing Hua University, Taiwan, 23–24 Oct. 2015.
  • Yamamoto, K., Zhu, Z., Unoki and M., Aoki, N., "Study on Semi-Scramble Method for Speech Signals Based on Phonemic Restoration," 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 1PM2-2-1, pp. 201-204, Honolulu, Hawaii, USA, 1-3, March, 2014, [Student Paper Award 受賞].
  • Zhu, Z., Yamamoto, K., Unoki and M., Aoki, N., "Study on scramble method for speech signal by using random-bit shift of quantization," 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 1PM1-2-2, pp. 109-102, Honolulu, Hawaii, USA, 1-3, March, 2014.

国際会議, 査読無し, ポスター発表

  • K. Yamamoto, T. Irino, T. Matsui, S. Araki, K. Kinoshita and T. Nakatani (2016), “Analysis of acoustic features for speech intelligibility prediction models,” in Proceedings of 5th Joint Meeting of the ASA/ASJ, Journal of the Acoustical Society America, Vol. 140, No. 4, Pt. 2, p. 3114, October 2016.

国内会議, 査読無し, 口頭発表

  • 山本克彦, 入野俊夫, 松井淑恵, 荒木章子, 木下慶介, 中谷智広, “動的圧縮型ガンマチャープフィルタバンクを用いた音声明瞭度予測法の改良,” 日本音響学会聴覚研究会資料, Vol.46, No.1, H-2016-9, pp. 35–40, 那覇市 IT 創造館, 沖縄, 20–21 February 2016.
  • 山本克彦, 朱治, 鵜木祐史, 青木直史, "音韻修復現象に着目した音声半開示スクランブル法," マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), 信学技法, Vol. 113, No. 290, pp. 59-64, 13-14, November, 2013.
  • 山本克彦, 朱治, 鵜木祐史, 青木直史, "音韻修復現象に着目した音声半開示スクランブル法," 平成25年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-18, 21-22, September, 2013, [音響部門優秀発表賞 受賞].
  • 朱治, 山本克彦, 鵜木祐史, 青木直史, "量子化ビットスクランブルを用いた音声スクランブル法," 平成25年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-17, 21-22, September, 2013.

国内会議, 査読無し, ポスター発表

  • 吉田駿,山本克彦,松井淑恵,西村竜一,入野俊夫,”難聴者に聞こえやすい音声特徴 〜模擬難聴を用いた音声の振幅包絡変調分析〜,” 日本音響学会関西支部, 第18回関西支部若手研究者交流研究発表会, #44, 関西 大学100周年記念会館, 大阪, 18 December 2016, ポスター発表, [奨励賞 受賞].
  • 山本克彦, 入野俊夫, 荒木章子, 木下慶介, 中谷智広, “音声明瞭度予測法 dcGC-sEPSM の諸検討: 評価用雑音の特性と予測精度への影響,” 日本音響学会:研究発表会講演論文集, 2-P-44, pp. 663-666, 富山大, 富山, 14–16 September 2016.
  • 山本克彦, 入野俊夫, 松井淑恵, 荒木章子, 木下慶介, 中谷智広, “動的圧縮型ガンマチャープフィルタバンクを用いた音声明瞭度予測法:強調音声を対象とした比較検討,” 情報処理学会, 音学シンポジウム2016 (第111回 音楽情報科学研究会), Vol. 2016-MUS-111, 情報処理学会研究報告,No.20, 東海大学高輪キャンパス, 東京, 21–22 May 2016.
  • 山本克彦, 入野俊夫, 荒木章子, 木下慶介, 中谷智広, “強調音声のための明瞭度予測法の検証:聴取実験結果との比較,” 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, 2-P-23, pp. 823-826, 桐蔭横浜大, 横浜, 9–11 March 2016.
  • 山本克彦, 入野俊夫, 松井淑恵, 荒木章子, 木下慶介, 中谷智広, “強調音声の明瞭度 -計算機は人の聞こえを予測できる?-,” 日本音響学会関西支部, 第18回関西支部若手研究者交流研究発表会, #42, 関西 大学 100 周年記念会館, 大阪, 13 December 2015, [最優秀奨励賞 受賞].
  • 山本克彦, 入野俊夫, 荒木章子, 木下慶介, 中谷智広, “動的圧縮型ガンマチャープフィルタバンクを用いた強調音声の明瞭度予測法の提案,” 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集, 2-P-36, pp. 473-474, 会津大, 会津若松, 16–18 September 2015, [学生優秀発表賞 受賞].
  • 朱治, 山本克彦, 鵜木祐史, 青木直史, "量子化ビットスクランブルを用いた音声スクランブル法," マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), 信学技法, Vol. 113, No. 480, pp. 57-62, 7-8, March, 2014.
  • 山本克彦, 長谷芳樹, "騒音環境下での骨導超音波補聴器の頑健性, " 日本音響学会関西支部 第 15 回若手研究者交流研究発表会 講演概要集 , p.7, December, 2012, [優秀奨励賞・特別賞 受賞].
  • 山本克彦, 長谷芳樹, "マイクロホンアレイによる骨導超音波補聴器の明瞭度の改善," 日本音響学会 聴覚研究会資料, Vol.4, pp.537-542, September, 2012.

受賞


最終更新日:2017/08/11
Copyright (c) Katsuhiko Yamamoto All Rights Reserved.