Kunihiro WASA(和佐 州洋)

Affiliation
National Institute of Informatics, Principles of Informatics Research Division, Assistant by Special Appointment
2-1-2 Hitotsubashi, Chiyoda-ku, Tokyo 101-8430
Degree
Ph.D. (Computer science, Hokkaido University, March, 2016)
Thesis: Studies on Enumeration of Acyclic Substructures in Graphs and Hypergraphs
My research topic
Graph theory, Enumeration algorithms, Reconfiguration problems, Knowledge discovery, Data mining
E-mail
wasa (at) nii.ac.jp
kunihiro.wasa (at) gmail.com

Publications

Journal papers (refereed)

  1. Kunihiro Wasa, Yusaku Kaneta, Takeaki Uno, and Hiroki Arimura, "Constant Time Enumeration of Subtrees with Exactly k Nodes in a Tree", IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems Vol.E97-D, No.3, pp.421-430, March, 2014. doi: 10.1587/transinf.E97.D.421;

Conference papers (refereed)

  1. Alessio Conte, Mamadou Moustapha Kanté, Yota Otachi, Takeaki Uno, and Kunihiro Wasa "Efficient Enumeration of Maximal $k$-Degenerate Subgraphs in a Chordal Graph," In Proc. The 23rd Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2017), August 3--5, 2017, Hong Kong, China, to appear. Acceptance rate: 48/112.
  2. Kunihiro Wasa, Katsuhisa Yamanaka, and Hiroki Arimura, "The Complexity of Induced Tree Reconfiguration Problems", In Proc. the 10th International Conference on Language and Automata Theory and Applications (LATA 2016), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Berlin, Vol.9618, pp. 330--342, March 14--18, 2016, Prague, Czech Republic. doi: 10.1007/978-3-319-30000-9_26; Acceptance rate: 42/119.
  3. Kunihiro Wasa, Hiroki Arimura, and Takeaki Uno, "Efficient Enumeration of Induced Subtrees in a K-Degenerate Graph", In Proc. the 25th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2014), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Berlin, Vol.8889, pp. 94--102, December 15--17, 2014, Jeonju, Korea. doi: 10.1007/978-3-319-13075-0_8; Acceptance rate: 60/171. [draft (arXiv), slide, program]
  4. Kunihiro Wasa, Takeaki Uno, Kouichi Hirata, and Hiroki Arimura, "Polynomial Delay and Space Discovery of Connected and Acyclic Sub-Hypergraphs in a Hypergraph", In Proc. the 16th International Conference on Discovery Science (DS 2013), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Berlin, Vol.8140, pp. 308--323, October 6--9, 2013, Singapore, Republic of Singapore. doi: 10.1007/978-3-642-40897-7_21; Acceptance rate: 23/52. [slide]
  5. Kunihiro Wasa, Hiroki Arimura, Kouichi Hirata, and Takeaki Uno, "Faster Algorithms for Tree Similarity Based on Compressed Enumeration of Bounded-Sized Ordered Subtrees", In Proc. the sixth International Conference on Similarity Search and Applications (SISAP 2013), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Berlin, Vol.8199, pp. 73--84, October 2--4, 2013, A Coruna, Spain. doi: 10.1007/978-3-642-41062-8_8; Acceptance rate: 19/31. [slide]
  6. Kunihiro Wasa, Yusaku Kaneta, Takeaki Uno, and Hiroki Arimura, "Constant Time Enumeration of Bounded-Size Subtrees in Trees and Its Application", In Proc. the 18th Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON2012), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Berlin, Vol.7434, pp. 347--359, August 20--22, 2012, Sydney, Australia. doi: 10.1007/978-3-642-32241-9_30; Acceptance rate: 50/121. [slide]

Conference papers (not refereed, international)

  1. Takashi Horiyama, Kunihiro Wasa, Katsuhisa Yamanaka, "Reconfiguring Optimal Ladder Lotteries, " 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, Budapest, Hungary, May 22-25, 2017.
  2. Kazuhiro Kurita, Kunihiro Wasa, Takeaki Uno, and Hiroki Arimura, "Efficient Enumeration of Induced Matchings in Graphs without Short Cycles," The 19th Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games (JCDCG^3 2016), Tokyo, Japan, Sep. 2-4, 2016.
  3. Kunihiro Wasa, "Enumeration of Enumeration Algorithms", ERATO-ALSIP Special Seminar 2014, Kyoto, Japan, Dec. 12-13, 2014.
  4. Kunihiro Wasa, Takeaki Uno, Kouichi Hirata, and Hiroki Arimura, "An Enumeration Problem of Connected and Acyclic Sub-hypergraphs in Hypergraphs", The 16th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC 2013), July 12-13, 2013.
  5. Kunihiro Wasa, Yusaku Kaneta, Takeaki Uno, and Hiroki Arimura, "Constant Time Enumeration of Bounded-Sized Subtrees in Trees Based on Reverse Search", The 15th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC 2012), National Institute of Informatics, Tokyo, Japan, July 10–11, 2012.

Conference papers (not refereed, domestic)

  1. 和佐 州洋, "Optimal reconfiguration sequence of optimal amidakujis", 列挙合宿, 伊香保,群馬,2017年2月
  2. 和佐 州洋,宇野 毅明, "グラフ中に含まれる縮退部分グラフの列挙", 第161回アルゴリズム研究会,アイーナいわて県民情報交流センター,岩手県,2017年1月.
  3. 和佐 州洋, "グラフに含まれる定数縮退数の最大部分グラフ問題, " 列挙合宿,伊香保,群馬,2016年10月.
  4. 和佐 州洋, 石畠 正和, 宇野 毅明, 湊 真一, "列挙木とMCMCを組み合わせた部分グラフサンプリングアルゴリズムの構築" 人工知能学会 第101回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 札幌市, 東京, 2016年8月.
  5. 和佐 州洋, "誘導マッチングの列挙", 列挙合宿,伊香保,群馬,2016年5月.
  6. 栗田 和宏, 和佐 州洋, 喜田 拓也, 有村 博紀, "グラフに含まれる誘導マッチングの列挙", 第157回アルゴリズム研究会, 調布市,東京,2016年3月.
  7. 和佐 州洋, "二部グラフ中に含まれる弦二部誘導グラフの列挙", 列挙合宿,伊香保,群馬,2015年10月.
  8. 和佐 州洋,有村 博紀,宇野 毅明,平田 耕一, "二部グラフ中に含まれる弦二部誘導グラフの列挙", 第154回 アルゴリズム研究会,九大西新プラザ,福岡県,2015年9月.
  9. 和佐 州洋,山中 克久,有村 博紀, "極大誘導木遷移問題", 第153回 アルゴリズム研究会,定山渓,北海道,2015年6月.
  10. 和佐 州洋,山中 克久,有村 博紀, "極大誘導木遷移問題", ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2015年度 初夏のワークショップ」,北海道大学,北海道,2015年6月.
  11. 和佐州洋, "極大誘導木の存在判定問題と遷移問題", 列挙合宿,伊香保,群馬,2015年3月.
  12. 岩館 洸太,和佐州洋,有村 博紀, "隠れマルコフモデルを用いた軌跡データに対するカーネルの設計", 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第13回日本データベース学会年次大会) (DEIM2015) ,郡山市,福島,2015年3月.
  13. 楠村幸貴,和佐州洋,藤巻遼平, "DNF列挙を用いた論理2値属性の自動生成", 第17回情報論的学習理論ワークショップ,名古屋市,愛知県,2014年11月.
  14. 和佐州洋, "誘導木列挙とその周辺の話題", ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2014年度 秋のワークショップ」,礼文島,北海道,2014年9月.
  15. 和佐州洋, "誘導部分グラフ列挙問題", 列挙合宿,伊香保,群馬,2014年9月.
  16. 和佐州洋,有村博紀,宇野毅明, "$K$-縮退グラフに含まれる誘導木の列挙", 第148回 アルゴリズム研究会,松山,愛媛,2014年6月. [2015年度コンピュータサイエンス領域奨励賞]
  17. 和佐州洋, "誘導木列挙", 列挙合宿,伊香保,群馬,2014年3月.
  18. 和佐州洋, "k部分木のBP表現の効率よい列挙", 列挙合宿,伊香保,群馬,2013年9月.
  19. 和佐州洋, "誘導木の効率よい列挙", 列挙合宿,伊香保,群馬,2013年4月.
  20. 和佐州洋,有村博紀,宇野毅明,平田耕一. "超辺の縮約を許した非巡回部分超グラフの効率よい列挙", 第143回 アルゴリズム研究会,福島,2013年3月. [スライド]
  21. 和佐州洋,有村博紀,宇野毅明,平田耕一. "超グラフ中に含まれる非巡回部分超グラフの効率よい列挙", 第88回 人工知能基本問題研究会,石垣,2013年1月. [手稿, スライド, 2012年度研究会優秀賞]
  22. 和佐州洋,宇野毅明,有村博紀. "木に含まれる限定サイズ部分木の列挙", 第140回アルゴリズム研究会,140-4,愛媛,2012年5月.
  23. 和佐州洋,金田悠作,宇野毅明,有村博紀. "半構造データに対する効率良い近接パターン照合アルゴリズム", 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012),B6-6,電子情報通信学会DE研究会,神戸,2012月3月. [学生奨励賞]
  24. 和佐州洋,有村博紀,伊藤公人, "木構造のランダム生成と学習", 第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011),G-024,函館,2011月9月. [スライド]

Talks

  1. 和佐 州洋, 荒木 徹也, 「あなたの師匠は誰?」 , 電子情報通信学会 総合大会,I-Scover企画セッション(TK-3), 愛知県 名城大学, 2017年3月22日.
  2. Kunihiro Wasa, "Open problem", Combinatorial Reconfiguration (17w5066), Banff, Canada, Jan. 22, 2017.
  3. 和佐州洋,”非巡回な部分グラフの列挙について”,基盤(S)離散構造処理系プロジェクトセミナー,北海道大学,2016年6月13日.
  4. Kunihiro Wasa, "The complexity of the reconfiguration problem for induced trees," NII lunch seminar, National Institute of informatics, Tokyo, April 20, 2016.

Grants

  1. 2016/10-2017/3 JST AIP Network Lab. AIP Challenge

Awards

  1. APIを用いたI-Scover利活用コンテスト スポンサー賞, 電子情報通信学会, 平成29年3月24日
  2. 2016年度コンピュータサイエンス領域奨励賞,情報処理学会,平成28年7月15日.
  3. 北海道大学大学院 情報科学研究科 研究科長賞,北海道大学,平成28年3月24日.
  4. 2015年度コンピュータサイエンス領域奨励賞,情報処理学会,平成27年7月21日.
  5. 人工知能学会 2012年度研究会優秀賞,人工知能学会,平成25年6月6日.
  6. 特に優れた業績による返還免除(全額),日本学生支援機構,平成25年5月31日.
  7. 北海道大学大学院 情報科学研究科 専攻長賞,北海道大学,平成25年3月25日.
  8. DEIM2012 学生奨励賞,平成24年3月5日.

Software

Education

平成5年  (1993年) 4月 石狩市立南線小学校入学
平成11年 (1999年) 3月 石狩市立南線小学校卒業
平成11年 (1999年) 4月 石狩市立樽川中学校入学
平成14年 (2002年) 3月 石狩市立樽川中学校卒業
平成14年 (2002年) 4月 北海道立札幌手稲高等学校入学
平成17年 (2005年) 3月 北海道立札幌手稲高等学校卒業
平成19年 (2007年) 4月 北海道大学工学部 情報エレクトロニクス系 入学
平成23年 (2011年) 3月 北海道大学工学部 情報エレクトロニクス系 コンピュータサイエンスコース 卒業
平成23年 (2011年) 4月 北海道大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 修士課程 入学
平成25年 (2013年) 3月 北海道大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 修士課程 修了
平成25年 (2013年) 4月 北海道大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士後期課程 入学
平成28年 (2016年) 3月 北海道大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士後期課程 修了(3/24,博士(情報科学)取得)

平成23年 (2011年) 4月〜8月 情報エレクトロニクス演習TA
平成24年 (2012年) 4月〜8月 情報エレクトロニクス演習TA
平成25年 (2013年) 4月〜平成28年(2016年)3月 日本学術振興会特別研究員 DC1
平成25年 (2013年) 11月〜平成26年(2014年)2月 インターンシップ(日本電気株式会社)
平成26年 (2014年) 5月〜平成28年(2016年)3月 ERATO湊離散構造処理系 RA
平成28年 (2016年) 4月〜 国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 特任研究員
平成29年 (2017年) 4月〜 成蹊大学 非常勤講師(基礎プログラミング実験)

Self introduction

English version (June, 25 2016)

Kunihiro WASA received B.S. in Engineering in 2011, M.S. in Computer Science in 2013, Ph.D. in Computer Science in 2016 from Hokkaido University, Sapporo Japan. He is currently working at National Institute of Informatics, Tokyo, Japan. His research interests include enumeration algorithms, reconfiguration problems, data mining, and the design and analysis of algorithms in these fields.

Licence

平成20年 (2008年) 6月 3日 普通自動車一種免許

Others

(Sub-)Reviewer: IEICE, ICALP, IPL, STACS, ESA,ISAAC, WG

研究者番号: 00781337

Links

Co-authors

Useful

Others