第三回熊野川翔学米コンテスト


(表・裏クリックで拡大できます)

コンテストの詳細は上記のチラシデータに記載してあります。お手数ですが、チラシを直接クリック、適宜拡大してご覧ください。

 


備考

Q.海外渡航の構想をするにあたって、内容に何らかの制限はありますか?

A.応募する学生単独で渡航する計画にしてください。学校の友達などと複数人で渡航する計画は原則として不可です。ただし、渡航先で現地人(コーディネーターや世話人、ガイド)と行動することに関しては自由とします。

 それ以外は全くの自由です。各自の興味関心に基づいて、渡航先・活動内容・目的etc…自由に構想してください。ただし、翔学米が供出できる金額の上限に収められる内容としてください。

 

Q.往復チケット代以外の経費を算出することに意味はあるのでしょうか?

A.採用人数やプレゼンテーションの内容によりますが、基金の余財に応じて、往復チケット代+αの支援が可能となる場合があります。また、経費を算出する過程で構想をより具体的なものとしてほしいという狙いもあります

 

Q.採用後、いつ渡航することを前提としますか

A.渡航に関しては採用から原則1年以内とします。具体的には採用年度の夏休み、冬休みなど長期休暇を利用しての渡航を想定しています。

 

 渡航先(特に発展途上国への渡航を考える場合)の治安にはくれぐれも留意してください。計画渡航先の治安情勢によっては主催者側から計画の再考を求める場合があります。また、往復費給付決定後も、渡航予定日から3カ月以内に渡航予定先の国・地域の治安が悪転した場合、事態に応じて、計画の一部変更、延期、または中止等の措置を求める場合があります。

 

海外の治安情報については、以下のHPが参考になります。

 ※参考

「外務省 海外安全ホームページ」http://www.anzen.mofa.go.jp/ このページから各国の安全度、具体的な治安情報が確認できます。

→同ページ「海外安全ホームページを使いこなそう! 危険情報とは?」

http://www.anzen.mofa.go.jp/masters/risk.html 危険情報の概要・基本的な考え方についての説明が載っているページです。

 

 他に疑問、質問等がある場合は遠慮なく下記アドレスにまでご連絡ください。実際に面会しての個別説明にも出来る限り対応します。

kumanogawa.shogakumai@gmail.com

Comments