Tom and Jerry's Guide to the World Wide Web 2.0

for you who felt lost in Jurassic Park 

Findanbility - "How to get to Sesame Street?"

Tom and Jerry's Guide to the World Wide Web 2.0, for you who felt lost in Jurassic Park"

Talking about What is Web 2.0, Long Tail, Folksonomy, Mash-Up,  Ajax, Open Source, Linus Torvalds, Richard Stallman, Larry Page, Sergey Brin, Eric  Schmidt, Jerry Yang, David Filo, Chad Hurley, Steve Chen,  Jawed Karim, Terry Semel, Jeff Bezos, Meg Whitman, Bill Gates, Scott McNealy, Vinod Khosla, Bill Joy, Andy Bechtolsheim, Steve Jobs, IBM, Microsoft, DEC, Apple, Sun Microsystems, Google, Yahoo!, Amazon, eBay, Flickr, YouTube, Search Engine, Blog, RSS, Wiki, Wikipedia, SNS, Social Bookmark, Podcasting,  Computer Software, Music, Movie, Digital Publishing, ... 

この本の内容については、この頁の下に本書の意図を書いておきましたのでご覧下さいませ。



Original Title (Full) : " Findability,  How to get to Sesame Street? Tom and Jerry's Guide to the World Wide Web 2.0, for you who felt lost in Jurassic Park"


ファインダビリティ、セサミストリートへはどうやって行けば良いの?  トムとジェリーのウェブ2.0ガイド。(ジェラシックパークで迷った人のための)

以下に掲載してみましたで、簡易にご参照頂けます。 どうぞ。




Scribd:

Tom and Jerry's Guide to the World Wide Web 2.0



作成したドキュメントのファイルサイズが大きいので分割してあります。  一つのドキュメントを分割して5つのPDFファイルを作成しました。

Since the file size of the created document is large, it has divided. One document was divided and five PDF files were created. 

 Documentation (Split PDF File, the PDF file cut  into 5 peices):

 findability_sesame_sec01_web20.pdf

 findability_sesame_sec02_power.pdf 

 findability_sesame_sec03_service.pdf

 findability_sesame_sec04_future.pdf 

 findability_sesame_sec05_appendix.pdf 



 

今後、足りない部分を補完していきます。宜しくどうぞ。 

From now on, an insufficient portion will be complemented by me. 




 

 

Intention of this documentation : 本書の意図。

現在まで(つまり過去の事象)のインターネット動向を鑑みて、その断片を書き記したものを纏めることが本書の主旨です。以前に研究開発として報告させて頂いた「RSSにおけるメタデータ取得方法とその利用及び有用性について」は、RSSを発端にしてその時点でのWeb技術動向を鑑みてその上で、「セマンティック・ウェブ (Semantic Web)」と呼称される「複数の選択肢がある中での不確定な未来、ある一つの可能性」と捉えられるそのプリズム(Prism)  を透して将来のWebの形を想像してみるという試みを行いました。

 

Figure  1: The Dark Side of the Moon

 

そこで書かれた内容の一部は、既に様々な形で顕在化され実際に利用されています 。そしてまだその多くの部分は「机上」に載ったままでもあります。そして、ご存知の様に2005年には ”Web 2.0” という文言が登場し世間の流行語になりました 。ある意味ではWebの転換点が特に取り沙汰されているのは、呼応した世の中がそれほど大きく注目している証拠でもあります。

そして本書の主人公であるウェブ(World Wide Web)は常に変化しており進行中です。

現在ではGoogleの登場とその常軌を逸した躍進が全てを象徴しているかのように、Webは現時点に於いて未だ大きく変革の時期を過ごしているのです。このWeb世界の現状を再度、様々な観点から眺めて記載する事によって、現状を把握し『鳥瞰』を試みることが本書の主旨であります。

 

 

Figure  2: The bird's-eye view of Hidaka in Hokkaido

本書では、現在までに集めてきた断片の情報をかき集めて該当するキーワード毎に分類して関連情報を記載するように試みています。これをもって本書の読者による異なった視点や経験などの様々な軸での再考を促す効果もしくは、角度を違えた視点での新たな発見があれば本懐です。そしてお読みになった方の何某かの刺激になるのであれば幸いです。

 



History :

+[Dec 26, 2007] Upload to Scribd 

+[May 15, 2007] Replace  Spilt Files  to  different place

+[2007/04/19] 1st Edition, 8th Release (Theta)

+[2007/04/18] Split PDF File,  the PDF file cut into 5 pieces

+[2007/04/16] 1st Edition, 7th Release (Eta)

+[2007/04/10] 1st Edition, 6th Release (Zeta)

+[2007/04/09] 5th Release (Epsilon)

+[2007/04/06] 4th Release (Delta)

+[2007/04/05] 3rd Release (Gamma)

+[2007/04/03] 2nd Release (Beta)

+[2007/03/30] 1st Release (Alpha)

+[2007/01/26] Findability, How to get to Sesame Street? "Tom and Jerry's Guide to the World Wide Web 2.0"  for you who felt lost in Jurassic Park

 

Related Presentation:

Roundabout for Jurassic Park