血圧200超えの分類は血圧の基準を超える「悪性高血圧」

血圧200以上の状態は絶対危険域

こちらが高血圧の分類です
↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
Ⅰ度高血圧・・・160/100mmHg

Ⅱ度高血圧・・・170/110mmHg

Ⅲ度高血圧・・・180/120mmHg

上記が血圧の基準値ですが、血圧200以上というのはその更に上の「悪性高血圧」といいます。この血圧200超えの状態が続くと・・・心筋梗塞、脳梗塞は勿論ですが、 腎血管性高血圧、慢性糸球体腎炎、糖尿病等とこれらの病気を併発してしまいます。 とても恐ろしい状態が血圧200超えです。

血圧200超え、しかもそれが一時的なものではないなら、慢性的な頭痛やめまいなどに悩まされることになります。また、常に運動をし終わった直後のような動悸が襲ってくることになり、 さまざまな弊害がでます。いつ倒れてもおかしくありません。

「年齢があがれば、血圧は上昇する」と言われています。これは血管の磨耗によるものや、色々な要素で起きる確かに真実です。実際、年齢を重ねた方というのは、どれほど生活に気を付けていても、血圧は上昇します。

血圧200超えは色々な病気を併発する一歩手前です


高血圧には基本的に自覚症状がない・・・というのがとても危険な要素です。ゆっくり時間をかけて進行していき、体を蝕んでいきます。それで心臓や血管に大きな負担がかかっているということです。そして、こういった自覚症状が出てきた時はもう末期ですでにこれらの合併症を発症している可能性が非常に高いということです。

さらに、血圧200以上は非常に重症な高血圧です。高血圧は慢性的なもので、合併症をおこすにしても数十年いう月日がかかるのが一般的です。しかし、血圧200超えは、2~3年のうちに上記で述べたように腎血管性高血圧、慢性糸球体腎炎、糖尿病等や脳梗塞や心筋梗塞などを起こして死亡するといわれています。一刻も早い改善が必要です。

血圧200以上で悩んでいる方へ



高血圧は自覚症状がなく、自覚症状がでたらもう遅く取り返しのつかない病気を併発します。血圧は人間にとっての健康のバロメーターです。毎日血圧を測定している方はその変化に気づくので問題ありません。もし血圧が高くなる傾向があるかな?と思ったらすぐ対策をしましょう。

血圧200以上の方は早急な対処が必要です。塩分、ストレス、肥満など、血圧は色々な要因があると言われています。しかし、減塩と言われている昨今、なぜ高血圧患者がいまだに絶えないのか?それは塩分を摂ると血圧が上がり、減塩すると血圧が下がる体質で実は日本の人口の約20%だけがこのような体質です。

ということは80パーセントは塩分の量を減らしても血圧とは関係ないということになります。ではどうやって血圧を下げればよいのでしょうか?それは私が血圧を下げる為に色々な教材をレビューしました。実は私も血圧200超えしてた時期がありました。

しかし今は120付近に落ち着いています。それは色々な教材を実践して試した効果です。血圧の概念がかわりました。血圧200以上で悩んでいる人の手助けになればと思います。


血圧が高い方は今すぐ検診をしましょう。今からでも遅くありません!脳ドックで血管のつまりをチェック
 【健康診断・脳ドッグの全国病院予約サイト MRSO】 



「脳梗塞検査の脳ドックか、
人間ドックか、くも膜下出血の検査か、どちらがいいですか?」

【管理人が厳選!高血圧の食事療法ランキングはこちら】