血圧180はⅢ度高血圧、早急な対応が必要です

最高血圧180の危険性と早急な対策



至適血圧……収縮期血圧が120mmHg以下、かつ拡張期血圧が80mmHg以下
正常高値血圧・・・140/90mmHg


ここから下は高血圧の分類です
↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
Ⅰ度高血圧・・・160/100mmHg

Ⅱ度高血圧・・・170/110mmHg

Ⅲ度高血圧・・・180/120mmHg

血圧180という数値は「Ⅲ度高血圧」に分類され、とても危険な高血圧の分類になります。もし病院や自宅の血圧計で血圧180の数値が出たら絶対放っておいてはいけません。血圧180を放っておくと色々な病気を併発してしまいますので早急な対応が必要です。

血圧が上がる理由はそれぞれありますが、一番悪いのはそれを放っておいてそのままにしておくことです。日々の血圧チェックで血圧が高めになってきていることをしっかりと確認して血圧180に至る前にしっかりと高血圧の改善を心がけることが必要です。

しかし血圧180になっても今からでも正しい血圧改善をすれば大丈夫なのでしっかりと今の血圧を把握して正しい改善をオススメします。

血圧180で引き起こす最も怖い病気とは?


血圧180の状態が長く続くと血管に負担が常にかかっている状態になり、血管場ボロボロになり、動脈にも負担がかかり、動脈硬化を引き起こします。また脳や心臓などの全身の器官にも障害がおきてしまい、一番怖いと言われている脳出血を起こす原因となります。

もちろん脳出血を起こしたら今働いている会社も辞めざるを得なくなる可能性もあります。経済的にも命的の大変な損害をこうむる可能性があります。脳出血を起こしたら、たとえ命に別状がなくても脳障害を起こしてしまい、不自由な生活となる可能性もある恐ろしい病気です、だから血圧180の数値は絶対放置してはいけません。しっかりと血圧改善に取り組む必要があります。

血圧180で悩んでいる方へ


高血圧というのはとても恐ろしい状態です。血圧180と言う数値は危険な領域といことを理解してください。高血圧がもたらすものは体に常に負担がかかり今現在でも体をボロボロにしています。だから高血圧は早急な対応が必要です。

現時点で血圧180付近の方はもちろん早急な対処が必要です。血圧が上がる要因といたしまして、様々な要素があります。それは塩分、ストレス、肥満などです。

しかし、健康ブームと言われている現代、減塩商品も沢山売っており、それでもなお高血圧患者がいまだに絶えないのか?それは塩分を摂ると血圧が上がり、減塩すると血圧が下がる体質で実は日本の人口の約20%だけがこのような体質です。

世の中、80パーセントは塩分の量を減らしても血圧とは関係ないということになります。病院にいっても減塩・運動しか伝えないのが事実です。ではどうやって血圧を下げればよいのでしょうか?それは私が血圧を下げる為に色々な教材をレビューしました。実は私も血圧190を越えてた時期がありました。

しかし今は120付近に落ち着いています。それは色々な教材を実践して試した効果です。血圧の概念がかわりました。血圧190で悩んでいる人の手助けになれば幸いです。



血圧が高い方は今すぐ検診をしましょう。今からでも遅くありません!脳ドックで血管のつまりをチェック
 【健康診断・脳ドッグの全国病院予約サイト MRSO】 



「脳梗塞検査の脳ドックか、
人間ドックか、くも膜下出血の検査か、どちらがいいですか?」