2.多田塾甲南合気会とは

 多田塾甲南合気会は旧称・神戸女学院合気道会が発展的に解消して、2005年4月1日に発足した社会人団体です。
 もとになった神戸女学院合気道会と神戸女学院大学合気道部は1991年4月1日に創建されました。
 神戸女学院合気道会は学校法人神戸女学院にかかわる人々(教職員、学生生徒、同窓生たち)を核とする社会人団体でしたが、創立15年を経て、このたび団 体名称を変更することになりました。理由の第一は、神戸女学院とは直接関係をもたない地域市民の方々の会員が増え、名称と実体の間に乖離が生じてきたことです。理由の第二は今後門人たちが独立してそれぞれの個人道場を持ったときに、一学校法人の名を掲げた組織の下部組織として位置づけるのはそれらの道場に入ってくる方々の理解を得にくいだろうと考えたことです。
 言い換えると、設立当初「神戸女学院合気道会」という名称を私が考えたときには、15年後にこれほど多様な門人を擁する道場にまで成長するとは予測していなかったということになります。これまでの道場名に親しんできた方々、とくに神戸女学院のOGのみなさんは名称変更に一抹の寂しさを覚えるかもしれませんが、みなさんの努力に支えられてやってきた道場が、予想以上に発展をみた「うれしい誤算」を受け容れて、名称変更の趣旨をご理解いただきたいと思います。

 道場名に冠した「多田塾」は、上に述べましたように、本会が(財)合気会本部師範、イタリア合気会最高師範、九段、多田宏(ただ・ひろし)先生 (1929-)の主宰する「合気道多田塾」の系列道場の一つであることを意味しています。本会を主宰する内田樹は東京の自由が丘道場で15年間にわたり多田宏先生の教えを直接受け、そのお許しを得て、91年から阪神間で合気道の普及に携わっています。

 多田塾の系列道場はその自由が丘道場、月窓寺道場はじめ東京大学気錬会、早稲田大学合気道会など数十に及びますが、毎年の多田塾合宿、多田塾研修会、また全日本合気道演武大会などで同門の道友たちとは親しい交流を重ねております。

 なお「合気道多田塾」については
多田先生ご自身のホームページに詳細な情報がありますので、そちらをもご参照ください。ここには合気道多田塾の稽古方針と構成団体のリストのみを再録させていただきます。
Comments