home

駒場生態進化塾へようこそ!

東京大学駒場キャンパスでは、「駒場進化セミナー」と銘打って進化生物学およびそれに関連する諸領域を対象にしたセミナーを、2005年12月から開催してきました。しかし、駒場進化セミナーは2010年3月の【駒場進化セミナーTHE FINAL】をもって世話人が駒場を離れるとともに終了してしまいました。生態学、進化学に関する熱い議論、交流の場であった駒場進化セミナーをこのまま終了してしまうのは残念なので、このたび世話人も新たに「駒場生態進化塾」として駒場進化セミナー第二弾を開催することになりました。今までの駒場進化セミナーと同様に、主として若手研究者を招いて研究紹介をしていただき、議論を通して相互の交流を深めたいと思っております。不定期ですが、誰でも参加できるオープンなセミナーなので、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

世話人:笠田実(東大・広域システム・吉田研; m.kasada{AT}gmail.com) 

            阿部真人 (東大・広域システム・嶋田研; masatoabee{AT}gmail.com)

アクセス: [東京大学駒場キャンパス] | [駒場キャンパス15号館]




2012年7月23日(月) 16:30-18:00 15号館104号室 


「The evolutionary ecology of long-lived perennials: reproduction and inconsistent sprouting in a demographic context」


Richard P. Shefferson(University of Georgia)

Much of our understanding of the evolution of lifespan stems from research on its evolution in animals. However, herbaceous plants break some of the rules of Hamiltonian senescence, particularly due to their indeterminate growth and modularity, which make their innate demographies more size-based than age-based. In this seminar, I will present my research on evolutionary demography in herbaceous perennials and some of the more unusual aspects of plant life histories, relying on recent work with short-lived perennials such as Plantago lanceolata and long-lived perennials such as Cypripedium parviflorum. Most notably, I will assess the evolutionary context and impacts of iteroparity and inconsistent sprouting, and show the relationships between reproductive schedules, sprouting schedules, life history costs, and the evolution of long lifespan. Along the way, I will explore four major research projects, and assess the impacts of complex life histories on the evolution of populations via analysis of projected life history costs and growth rates, and via modeling of evolutionarily stable strategies.