Tips‎ > ‎

processing_csv

目的

実験や計測を行う際には、たくさんのデータを取り扱います。例えばArduinoに取り付けたセンサーのデータをコンピュータに取り込んで、後で処理するときなどに、そのデータを保存しておく必要があります。
ここでは、良く使われる保存方式のcsvファイルをProcessingを利用して作って残す方法に関して書きます。
Googleで"csv processing"でググればいい情報がいっぱい出てきます。

コード


// ファイル書き出し用ライブラリ
PrintWriter output;

void setup(){
  size(320, 240);
  // ファイル名の設定 
  String filename = nf(year(),4) + nf(month(),2) + nf(day(),2) + nf(hour(),2) + nf(minute(),2) ;
  // 新しいファイルを生成
  output = createWriter( filename + ".csv"); 
  
  output.println( "mouse x , mouse y" );

}

void draw(){
     // csvにデータを書き込む
    output.println( mouseX + "," + mouseY  );
}

void keyPressed(){
  if( key == 'q' ){
    output.flush(); 
    output.close(); 
    exit();               
  }
}

解説

このプログラムでは、マウスのx座標、y座標を延々とCSVファイルに書き込んでいます。

Comments