(大目次1)福島第一原発事故と日本の原子力産業問題

★クリック広告です。




一部、リンク貼り直し済み。他も順次張り直す予定です。





(A章)福島第一原発事故


(A-1)原発事故の沿革と原因

(A-2)事故対応とその後の経緯

(A-3)福島第1原発の現状


(A-4)現在の危険(4号機使用済み核燃料プール)

(E章)電力業界問題から
(1)東京電力問題


(A-5)除染問題

(A-6)事故の処理問題と「ガレキ問題」

(A-7)事故に対する政治・国家行政の問題

(A-8)事故に対する地方自治体の問題

(A-9)監督官庁の問題

(A-10)事故原因の調査・追及

(A-11)原発事故責任追求の動き

(イ)原発事故による各種被害の補償問題

(A-12)その他


(A-13)原発事故を通して見えてくる世相(原発事故を、繰り返さないために)


(A-14)東日本題震災と大津波、その復興
(A)東日本大震災の復興(と、復興予算の不正)

(B)東日本題震災と大津波


(C)福島県の現状
(あ)原発事故による避難生活と生活苦


(A-15)放射能汚染地域から移転する動き(人口流出ほか)

(A-16)地震と災害、防災




(B章)原子力産業利権

(B-1)原発と政府・政治

(B-2)原発と行政

(B-3)原発と地方自治体

(B-4)原発とマスコミ

(B-5)原発と学界

(B-6)原発と産業界

(B-7)原発輸出

(B-8)国際原子力産業利権

(B-9)IAEAその他、原発を推進する立場の機関・団体

(B-10)その他


(B-11)原発の新設・増設の問題




★クリック広告です。



(C章)原子力産業の諸問題


(C-1)バックエンド(原発の後始末)
(C-1-a)廃炉問題


(C-1-b)使用済み核燃料問題

(C-1-c)核サイクル問題


(C-1-d)放射能汚染ガレキと放射能汚染廃棄物などの問題



(C-2)原発労働問題

(C-3)原発マネー

(C-4)原発のコスト問題

(C-4-a)発電コスト

(C-4-b)原発全般のコスト問題

(C-5)原子力産業問題その他

(C-6)原発再稼動問題

(C-7)原発問題全般

(C-8)原発の安全対策強化、使用基準の厳格化などに反対したり妨害する問題


(C-9)原発と核オプション、戦前の核開発

(C-12)外国でのバックエンド問題への取り組みと問題点

(D章)原発の危険性

(1)日本の原発

(2)原発事故に対する安全対策への取り組み

(3)原発の安全対策強化への取り組み

(4)その他の原発

(5)原発全般に共通する危険
(ア)これまで見過ごされてきた断層問題の危険


(6)原発の小さな事故の記事

(7)原発発電を止めなければならない理由

(8)他の国の原発の危険


(9)原発の危険を訴えてきた人々



(E章)電力業界問題


(1)東京電力問題

(2)電気事業連合会

(3)その他の電力会社問題
(ア)いわゆる、「ヤラセ」問題

(4)電力業界と政府・政治家

(5)電力業界と国家行政(監督官庁を含む)

(6)電力業界とマスコミ(マスコミ問題全般を含む)

(7)特集記事など

(8)電力不足問題


(9)電力の地域独占と発送電分離問題

(10)電力労組問題





★クリック広告です。





(F章)エネルギー政策としての問題(国策)


(F-1)原発絶対必要論とその誤謬について

(F-2)安全神話


(F-3)日本政府の従来のエネルギー政策とそれを守ろうとする動き

(F-4)電力供給問題への取り組み(電力は、本当に足りないのか??)

(ア)地方自治体の電力問題への取り組み

(F-5)外国での自然エネルギー、代替エネルギー開発

(F-6)エネルギーについて
(ア)代替エネルギーの開発
(イ)自然エネルギーの活用
(ウ)エネルギー政策の新たな取り組みと問題点
(エ)自然エネルギーなどを活用するための政策

(F-7)国民のエネルギーへの考え方の変化

(F-2章)原子力以外の外国からのエネルギーの調達と海外のエネルギー事情
(A)石油、ガスなど

(G章)脱原発の問題と原発被害への対応の動き

(1)脱原発への活動(民間)

(2)脱原発への動き(政治)

(3)脱原発への変化(産業界、民間団体)


(G-4)原発関係訴訟

(ア)原爆関連訴訟とその対応

(G-5)外国の脱原発事情

(G-6)原発事故の被害に対応する組織などのご紹介


(G-7)被曝医療、研究機関など

(8)反「脱原発」の動き

(9)仮置き~広島・長崎の原爆

(10)仮置き~人口急減化社会

(11)脱原発依存の考え方(どうして脱原発依存が必要なのか)


(H章)外国の原発事情


(H-1)アメリカ
(a)アメリカの原発事情
(b)アメリカの原子力行政(NRCなど)

(H-2)ヨーロッパ(ロシアを含む)

(H-3)中国・韓国・インド

(H-4)その他の地域


(H-5)原子力関係国際機関

(H-6)核兵器関連


(I章)学者・研究者・評論家などのインタビュー・講演・ホームページなどからの引用


(I-1)Arnie Gundersen アーニー・ガンダーセン博士

(I-2)バズビー博士

(I-3)京都大学原子炉実験所 小出裕章さん







(1)基本的な資料

(ア)基本的な資料一覧

(イ)原発を、告発した人々YouTube動画など


(ウ)資料映像など