菊池 良和

略歴

2016年9月~九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教
2016年4月~2016年8月 九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 臨床助教
2012年4月~2016年3月 九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医員
2008年4月~2012年3月 九州大学大学院医学研究院臨床神経生理学博士課程
2007年4月~2008年3月 九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医員
2005年4月~2007年3月 宗像水光会総合病院にて研修医
2005年 九州大学医学部卒業
1997年 鹿児島ラ・サール高校卒業

主な研究業績

論文

Kiyohara H, Adachi K, Kikuchi Y, Uchi R, Sawatsubashi M, Nakagawa T. Kinematic evaluation of penetration and aspiration in laryngeal elevating and descending periods. Laryngoscope. 2017 Sep 4. doi: 10.1002/lary.26844. [Epub ahead of print]

Adachi K, Umezaki T, Kikuchi YVideoendoscopy worsens swallowing function: a videofluoroscopic study. A randomized controlled trial. Eur Arch Otorhinolaryngol. 2017 Aug 18. doi: 10.1007/s00405-017-4720-7. [Epub ahead of print]

菊池良和, 梅﨑俊郎, 澤津橋基広, 山口優実, 安達一雄, 佐藤伸宏, 中川尚志.  吃音症における社交不安障害の重症度尺度(LSAS-J)の検討. 耳鼻と臨床 63(2), 41-47. 2017.

菊池良和. 特集「こどもの上手な診かた 吃音・言語障害」 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 89(2), 120-124, 2017.

Kikuchi Y, Okamoto T, Ogata K, Hagiwara K, Umezaki T, Kenjo M, Nakagawa T, Tobimatsu S. Abnormal auditory synchronization in stuttering: A magnetoencephalographic study. Hearing research 344, 82-89, 2017.

・Jin Song Yong, 菊池良和, 梅崎俊郎, 安達一雄, 小宗静男.嚥下造影検査を用いた舌癌再建術後の嚥下動態の検討. 耳鼻と臨床62(3),85-91, 2016.

仲野 里香, 菊池 良和. 吃音のある中学生が「不登校準備段階」から回復できた1例 ―直接的な発話訓練と認知行動療法的アプローチの経過―, 音声言語医学, 57(1), 32-40, 2016.

菊池良和. 総説「子どもの吃音」. 小児科 56(12), 1907-1915, 2015.

菊池良和. 特集「小児の言語障害 吃音症」. JOHNS 31(11), 1583-1588, 2015.

菊池良和梅﨑俊郎, 本郷貴大, 安達一雄, 山口優実, 佐藤伸宏, 小宗静男. VZVの関与が疑われた声帯麻痺を伴わない迷走神経咽頭枝麻痺の1例.  嚥下医学4巻2号, 232-239, 2015.

菊池良和. 教育講演「エビデンスに基づいた吃音支援」. 心身医学55, 1104-1110,  2015.

菊池良和, 梅﨑俊郎, 安達一雄, 山口優実, 佐藤伸宏, 小宗静男, 吃音を意識した年齢に関する検討, 音声言語医学56(4), 321-325, 2015, 査読有

菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、井口貴史、山口優実、佐藤伸宏、小宗静男, 口腔・中咽頭癌における術後嚥下機能の検討, 耳鼻と臨床 61(4), 123-128, 2015.

菊池良和、明日から活かせる吃音相談のポイント. 岡崎医報p10-11, 2015年7月

菊池良和. 第9回日本小児耳鼻咽喉科学会 臨床セミナー「歴史的事実を踏まえた吃音の正しい理解と支援」, 小児耳35(3), 232-236, 2014, 査読有

菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、山口優実、佐藤伸宏、小宗静男. 思春期以降の吃音症と発声障害の問診上の鑑別, 音声言語医学55(4), 333-337, (2014, 9), 査読有

菊池 良和, 梅崎 俊郎, 加藤 孝邦, 藤谷 順子. 私の治療方針(series 05) 舌亜全摘術後の嚥下障害の症例(解説), 嚥下医学 3巻1号 p17-21(2014.02)

池良和, 梅崎俊郎, 安達一雄, 小宗静男. 吃音症のブロック発生時の声帯運動, 喉頭25巻2号79-82 (2013. 12), 査読有

菊池良和, 梅崎俊郎, 小宗静男【総説】吃音症を聴覚で科学する, 音声言語医学 542号, 117-121(2013.04, 査読有

池 良和, 飛松 省三, 梅崎 俊郎, 小宗 静男. 脳磁図を用いた吃音症の聴覚ゲーティング異常, 耳鼻咽喉科ニューロサイエンス27巻 p86-88(2013.04)

菊池良和境界領域 Up to Date, 「吃音専門外来でできること」  福岡県小児科医報 N0.51, 福岡県小児科医会, p99-105, 2013

菊池良和,梅崎俊郎,山口優実,佐藤伸宏,安達一雄,清原英之,小宗静男. 社交不安障害(Social anxiety disorder: SAD)を合併した発達性吃音症の一例, 音声言語医学 541号, p35 -39, 2013.01

Y. Kikuchi. "The recent stuttering therapy in Japan." Psychology Today (10), p44, 2013

Kikuchi Y, Ogata K, Umesaki T, Yoshiura T, Kenjo M, Hirano Y, Okamoto T, Komune S, Tobimatsu S, 2011. Spatiotemporal signatures of an abnormal auditory system in stuttering. Neuroimage 55,891-899.

・宮地英彰,梅崎俊郎,山口優実, 安達一雄,澤津橋基広,清原英之,菊池良和,小宗静男. 液体とゼリー嚥下時の咽頭期嚥下動態の相違 LEDTによる検討、耳鼻と臨床56Suppl.2 PageS138-S144(2010.11)

・山口優実, 梅崎俊郎, 宮地英彰, 安達一雄, 菊池良和, 片岡和子, 小宗静男. 物性の違いとリクライニング位による嚥下動態の検討、耳鼻と臨床56Suppl.2 PageS133-S137(2010.11)

菊池良和, 平川直也, 賀数康弘, 中島寅彦, 瀬川祐一, 小宗静男, 鼻腔に発生したsinonasal hemangiopericytoma1,耳鼻と臨床544 Page212-216(2008.07)
脇園 貴裕, 安達 一雄, 菊池 良和, 梅崎 俊郎, 中川 尚志. Provox2使用例に対するミコナゾール使用の試み. 耳鼻と臨床 63(2), p37-40, 2017.
Jin Song Yong, 菊池 良和, 梅崎 俊郎, 安達 一雄, 小宗 静男. 嚥下造影検査を用いた舌癌再建術後の嚥下動態の検討. 耳鼻と臨床 62(3), p85-91, 2016.
山口 優実, 梅崎 俊郎, 柴本 勇, 安達 一雄, 宮地 英彰, 菊池 良和, 佐藤 伸宏. 口腔保持能の違いによる誤嚥のリスク評価. 嚥下医学 4(2). p212-219. 2015.
山口 優実, 佐藤 伸宏, 澤津橋 基広, 安達 一雄, 菊池 良和, 梅崎 俊郎, 小宗 静男. 嚥下障害患者における間接および直接訓練中の発熱に関する比較検討. 嚥下医学 1(2), p353-358, 2012.
宮地 英彰, 梅崎 俊郎, 山口 優実, 安達 一雄, 澤津橋 基広, 清原 英之, 菊池 良和, 小宗 静男. 液体とゼリー嚥下時の咽頭期嚥下動態の相違 LEDTによる検討.耳鼻と臨床 56 Suppl.2 pS138-S144, 2010.
山口 優実, 梅崎 俊郎, 宮地 英彰, 安達 一雄, 菊池 良和, 片岡 和子, 小宗 静男. 物性の違いとリクライニング位による嚥下動態の検討. 耳鼻と臨床 56 Suppl.2 pS133-S137, 2010.
case report
脇園 貴裕, 安達 一雄, 菊池 良和, 梅崎 俊郎, 中川 尚志. 喉頭気管分離術後に気管腕頭動脈瘻を生じた1例.耳鼻と臨床 63(1), p20-24, 2017.
仲野 里香, 菊池 良和. 吃音のある中学生が「不登校準備段階」から回復できた1例 直接的な発話訓練と認知行動療法的アプローチの経過. 音声言語医学 57(1), p32-40, 2016.
安達 一雄, 梅崎 俊郎, 菊池 良和, 小宗 静男. 陳旧性喉頭外傷の1例. 耳鼻と臨床 60(5), p191-198, 2014.

著書        

・早坂菊子, 菊池良和, 小林宏明. 「心理・医療・教育の視点から学ぶ吃音臨床入門講座」学苑社、2017年8月1日
・菊池良和.「吃音ドクターが教える人と話すのが楽しくなる本」、KADOKAWA、全207ページ、2016年3月24日
・菊池良和著, はやしみこイラスト.「子どもの吃音―ママ応援BOOK-」 学苑社, 全124ページ, 2016年1月
・菊池良和監修, 「吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー)」 講談社, 全102ページ, 2015年11月17日
・菊池良和編著. 「小児吃音臨床のエッセンス-初回面接のテクニック-」 学苑社, 全214ページ, 2015年6月25日
・菊池良和. 「吃音のリスクマネジメント」 学苑社, 全128ページ, 2014年9月
・菊池良和. 「エビデンスに基づいた吃音支援入門 第6版」 全160ページ, 学苑社, 2012年5月1日
・菊池良和. 「ボクは吃音ドクターです」 毎日新聞社, 全246ページ, 2011年2月15日


雑誌

・菊池良和、巻頭言「間違いだらけの吃音支援」、季刊特別支援教育No.58、p2-3, 2015年6月
・菊池良和. 巻頭言「吃音の捉え方の変遷」, 発達教育p3, 2014年5月
・菊池良和、先生の知りたい最新医学がここにある「吃音のある子どもへの対応」、月刊誌「健」 Vol.43-7, p34-37, 2014年10月
・菊池良和. 「学校現場での吃音のある生徒への対応(後半)」, 高校保健ニュース 第488号 p6-7、少年写真新聞社, 2014年2月
・菊池良和. 「学校現場での吃音のある生徒への対応(前半)」, 高校保健ニュース 第485号 p6-7、少年写真新聞社, 2014年1月
菊池良和. 「劣等感を越え、夢を叶えよう」, SLBA会報 No.5 Winter 2011(一般社団法人 学校図書館図書整備協会)
菊池良和. 「声なき声を届けたい―「ボクは吃音ドクターです。」を出版して」, TMDC MATE 2011. 9月号(東京医師歯科医師協同組合)

国内学会での発表

 ・菊池良和、シンポジウム「吃音者の福祉サービスを考える」 日本吃音・流暢性障害学会 第5回大会. 2017/8/19-20 in 岐阜
・菊池良和、ハンズオンセミナーⅠ 知らなきゃ損する吃音のある子の”やる気スイッチ”の重要性」日本吃音・流暢性障害学会 第5回大会2017/8/19-20 in 岐阜
・菊池良和、山口優実.  月9ドラマ「ラヴソング」から学ぶ吃音支援の一考察2017/8/19-20 in 岐阜
菊池良和、澤津橋基広、中川尚志. 「吃音を主訴とする中・高校生の問題点把握について後方視的検討」. 第12回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 2017/6/2-3 in 栃木
・菊池良和、梅崎俊郎、澤津橋基広、安達一雄、中川尚志. 「一側性声帯麻痺に対する甲状軟骨形成術I型の長期経過の検討」. 第29回日本喉頭科学会総会・学術講演会. 2017/4/6-7.
・菊池良和, 梅崎俊郎, 澤津橋基広, 安達一雄, 山口優実, 中川尚志. 「一側性声帯麻痺に伴う嚥下障害に対して、甲状軟骨形成術Ⅰ型の有効性の検討」. 第40回日本嚥下医学会総会・学術講演会. 2017/2/24-25 in 東京
菊池良和、安達一雄、澤津橋基広、山口優実、梅崎俊郎、中川尚志. 「社交不安障害の重症度尺度(LSAS-J)と吃音支援の検討」.第61回日本音声言語医学会総会・学術講演会. 2016/11/3-4 in 横浜
・菊池良和、山口優実. 「発達性吃音症に対して身体障害者手帳を交付できた一例」 日本吃音・流暢性障害学会 第4回大会, 2016/9/2-3 in 埼玉
菊池良和、梅﨑俊郎 、安達一雄 、李庸學. 「当科でのEjnell法を施行した17例の検討」、第28回日本喉頭科学会総会・学術講演会 2016/3/3-4 in 大阪
菊池良和、梅﨑俊郎 、安達一雄 、山口優実 、李庸學. 嚥下造影検査を用いた舌癌再建術後に生じる嚥下障害の検討」、第39回日本嚥下医学会総会、2016/2/12-13 in 大阪
・菊池良和、梅﨑俊郎、安達一雄、上原平、山口優実、李庸學、清原英之. 「高齢発症の吃音からパーキンソン症候群を診断した一例」第60回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 2015/10/15-16 in 名古屋
・菊池良和、山口優実、野口敦子. 「吃音のある中・高校生に対しての意見書(診断書)の検討」、日本吃音・流暢性障害学会 第3回大会, 2015/8/29-30 in 大阪
菊池良和、梅崎俊郎、本郷貴大、安達一雄、山口優実、井口貴史、小宗静男. 「急性発症の嚥下障害に対して早期治療が奏功した一例」、第38回日本嚥下医学会総会、2015/2/6-7 in 福島
菊池良和、梅﨑俊郎、安達一雄、山口優実、佐藤伸宏、小宗静男吃音の意識が吃音の発症と関係あるのか」、第59回日本音声言語医学会 総会・学術講演会、2014/10/9-10 in 福岡
菊池良和, 梅崎俊郎, 山口優実,安達一雄, 小宗静男 「ブロックの発生する語の特徴と声帯運動」、第2回日本吃音・流暢性障害学会、2014/8/29,30 in 埼玉
・菊池良和、 教育講演「エビデンスに基づいた吃音支援」、第55回日本心身医学会総会ならびに学術講演会、2014/6/7、 in 千葉 
・菊池良和、 臨床セミナー「小児吃音のエビデンスとリスクマネジメント」、第9回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 、2014/6/6、in 浜松
菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、小宗静男、「吃音症のブロックが発生した語の検討」、第26回日本喉頭科学会総会・学術講演会、2014/3/6-7, 沖縄 
菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、井口貴史、山口優実、佐藤伸宏、小宗静男、「口腔・中咽頭癌における術後嚥下機能の検討」、第37回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会、2014/2/14-15, 東京

・菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、山口優実、佐藤伸宏、小宗静男、「思春期以降の吃音症と.発声障害の問診上の鑑別」、第58回日本音声言語医学会 総会・学術講演会、2013/10/17-18, 高知
・菊池良和、梅崎俊郎、山口優実、佐藤伸宏、安達一雄、小宗静男、「ブロック時の声帯運動の観察」、第1回日本吃音流暢性学会、2013/9/21-22, 金沢
菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、小宗静男、「吃音症の声帯運動の観察」、第25回日本喉頭科学会総会・学術講演会, 2013/3/7-8, 横浜

・菊池良和、梅崎俊郎、小宗静雄、「吃音を聴覚で科学する」、第56回日本音声言語医学会総会 【シンポジウム】、2012年10月18日、大阪
・菊池良和、小宗静男、「脳磁図を用いた吃音症の聴覚ゲーティング異常」、第57回日本聴覚医学会総会・学術講演会、2012年10月11日、京都
・菊池良和、梅崎俊郎、小宗静雄、「脳磁図を用いた吃音症の聴覚ゲーティング」、第30回 耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会、2012年8月25日、大阪
・菊池良和、梅崎俊郎、安達一雄、清原英之、山口優実、佐藤伸宏、小宗静男。「脳磁図を用いた吃音症の聴覚位相同期反応」、第27回 九州連合地方部会  学術講演会、2012/7/15、宮崎
・菊池良和、「脳磁図を用いた吃音症の聴覚反応」、第7回ERA・OAE研究会 特別講演、2012/7/8、東京
・菊池良和、「吃音と社交不安障害のエビデンス」、第13回近畿心療内科診療所研究会、2012/7/7、大阪

・社交不安障害を合併した発達性吃音症の一例、第56回音声言語医学会総会、2011年10月、東京都
・吃音者の聴覚P50抑制の検討:脳磁図を用いた研究(口演), 第39回日本臨床神経生理学術大会、2009年11月、北九州市
・吃音者における聴覚皮質の周波数配列(トノトピー)の検討:脳磁図(MEG)を用いた研究(ポスター)、第54回日本音声言語医学会総会、2009年10月、福島県
・鼻腔に発生したHemangiopericytoma like-tumorの一例(口演)、日本耳鼻咽喉科学会福岡県地方部会 2007年12月、福岡市
・IgG4関連硬化性顎下腺炎:自己免疫膵炎を伴う新しい疾患概念(ポスター)、日本耳鼻咽喉科学会九州連合部会 2007年6月、福岡市 

国際学会での発表

Y Kikuchi, T Umezaki, K Adachi, T Nakagawa. Vocal cord motion during blocks in people who stutter. 16th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery (JKJM2016) , 28-30, March, 2016.(Poster)

Y Kikuchi, T Okamoto, K Ogata, K Hagiwara, T Umesaki, M Kenjo, S Komune, S Tobimatsu, Abnormal auditory synchronization in stuttering: A magnetoencephalographic study. ICCN 2014, Berlin, March 2014 (Poster).

Y Kikuchi, I am a stuttering doctor. Japanese self-help group and stuttering therapy in Japan. The 11th annual ISAD (international stuttering awareness day) conference in Czech republic, 24th October 2013 (Oral).

Y Kikuchi, K Ogata, T Okamoto, T Umesaki,S Komune, S Tobimatsu, Abnormal auditory latelarization in stuttering :A magnetoencephalographic study, Society for Neuroscience 2011Washington D.C., November 2011(Poster).

Y Kikuchi, K Ogata, T Umesaki, M Kenjo, Y Hirano, S Komune, S Tobimatsu, Abnormal auditory sensory gating in stuttering : A magnetoencephalographic study, 29th International Congress of Clinical Neurophysiology, Kobe in Japan, October 2010(Poster).


受賞
・最優秀論文賞(耳鼻と臨床)、2015年
・SfN special travel award(Society for Neuroscience 2011)、2011年 
・IFCN fellowship award (29th International Congress of Clinical Neurophysiology)、2010年
・第39回日本臨床神経生理学会学術大会:優秀演題賞、2009年

研究助成
・平成29年度~平成31年度 日本学術振興会 若手研究B(17K16922).「喉頭科学視点からの吃音治療の新戦略-喉頭ファイバーとフォノグラムの同時計測-」
・平成28年度~平成30年度 日本研究開発法人AMED 障害者対策総合研究開発事業 「発達性吃音の最新治療法の開発と実践に基づいたガイドライン作成」
・平成25年度~平成27年度 日本学術振興会 若手研究B(25861566). 「吃音は聴覚タイミングエラーで生じる-脳磁図と拡散テンソル解析-」
・平成21年度~平成23年度 日本学術振興会 特別研究員DC1.「吃音者には言語-聴覚システムの異常は存在するのか?MRIと脳磁図を用いた研究」

招待講演

(予定)
2018/11/24-25 第7回日本小児診療多職種研究会 教育講演 in 北九州
2017/12/16(土) 柳川リハビリテーション学院 言語聴覚学科1年生との交流会
2017/12/11(月) 保護者の集まり in 福岡県古賀市
2017/12/7 (木) 11:50~13:40 内閣府障害者週間「連続セミナー」 「新しい法律を活用した吃音支援―こどもから大人まで」in 有楽町朝日スクエア,東京
2017/11/19(日) 鹿児島言友会 in 鹿児島
2017/11/16(木) 横浜市立八景小学校 保護者教室
2017/11/5(日) 第51回言友会全国大会・吃音ワークショップ2017 in 福岡
2017/10/15(日) おおさか結言友会 講演
2017/9/24(日) 長崎県立大学 講演
2017/9/9(日) 熊本のつどい、熊本言友会 
2017/8/26(土) 国立精神・神経医療研究センター研修会(吃音) in 東京・小平市
2017/8/7(月)~8(火) 九難言研熊本大会 記念講演講師 及び分科会助言者
2017/8/5(日) 吃音臨床開発センター in 東京・新宿
2017/7/10(月)  福岡県教育センター講演 in 福岡・笹栗「はじめよう!吃音のある子どもの理解と指導
2017/6/29(木)  桃花小学校ことばの教室 講演 in 東京「吃音と向き合う
2017/6/28(水) 平成29年度障害児保育研修 in 山口「言語・聴覚障害の早期発見と配慮~特に吃音の配慮について~
2017/6/23(金)-24(土) 第18回日本言語聴覚学会 教育講演 in 島根「吃音臨床300例を経験して、分かったこと.-吃音臨床を始める人に必要なものとは?-」

(ここまでで、100講演/ 6年)
2017/6/8 (木) 高槻市教育センター in 大阪
2017/5/31(水) 2-3限 熊本保健福祉大学言語聴覚専攻 講義
2017/5/24(水) 芝大門人権講座 in 東京港区「吃音児・者と母親の人権を.守る医師」
2017/5/20(土) 発達障害伝習会 in 福岡顕在化しにくい発達障害-吃音-
2017/5/11(木) 福岡国際医療福祉大学講義 in 福岡
2017/5/7(日) 吃音講演会 in 福岡県福津市「吃音の最新の考え方
2017/3/19(日) 九州・中高校生のある吃音者のつどい in 福岡「月9ドラマ「ラヴソング」から学ぶ 思春期の支援を考える」
2017/2/11 長崎県立大学シーボルトカフェ in 長崎「知らなきゃ損する、最新の吃音支援のあり方~子どもから大人まで~
2017/2/8 大阪府医師会学校医部会講習会 in 大阪「エビデンスに基づいた吃音支援-校医が知っておきたい最新知識ー
2017/2/5 名古屋言友会 in 愛知「吃音ドクターの吃音のとらえ方」
2017/1/22 京都言友会主催、吃音講座 in 京都「吃音の合理的配慮を考える」
2016/12/4 吃音講演会 in 北九州障害福祉センター「吃音の合理的配慮を考える」

2016/11/26-27 吃音医学臨床講座 一般社団法人 早坂吃音専門士養成協会 in 東京「吃音医学臨床講義-吃音の見通しと困り感-」
2016/11/13 第40回言友会九州大会 講演 in 大分「フジテレビ月9ラヴソングから学ぶ吃音支援」
2016/7/25(月)  福岡県教育センター講演 in 福岡・笹栗「吃音のある子どもの.理解と実態把握」
2016/7/6(水) 国立精神・神経医療研究センター 研修会 in 東京・小平市「顕在化しにくい発達障害-吃音-」
2016/7/2(土)  ゆうゆうゆう会 講演 in 茨城「吃音のあるあなたと家族に.伝えたいこと」
2016/5/25(水) 静岡県言語・聴覚・発達障害教育研究会 in 静岡「吃音の合理的配慮を考える
2016/4/26(火) 東京都公立学校難聴・言語障害研究協議会 in 中野区のもみじ山文化センター(なかのゼロホール:小ホール)「吃音の合理的配慮を考える
2016/4/26(火東京都中野区桃花小学校 ことばの教室、「吃音と向き合う」
2016/2/1(月当仁小学校講演 in 福岡市「吃音の合理的配慮を考える
2016/1/23(土) 「子どもの吃音 ママ応援BOOK」出版記念セミナー 子どもの吃音 医師が語る最新情報 in 福岡

(ここまで80講演/4年半)
2016/1/5(火) 九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)「吃音症を医学的視点から考察する」
2015/12/6(土) 平成27年度障害者週間「連続セミナー」 in 東京「吃音者の人権と.合理的配慮を考える
2015/11/28(土) ことばの教室 親の会講演 in ふくふくプラザ「吃音とうまく付き合うには
2015/11/22 奄美きつおんワークショップ講演 in 奄美大島「吃音の正しい支援と理解
2015/11/2 久留米市金丸小学校ことばの教室 親の会講演「吃音についての理解と.必要とされる支援.(幼児から思春期にかけて)
2015/10/17 第60回日本音声医学会総会・学術講演会 ポストコングレスセミナー講師「知っていますか?180度変わるべき医師の対応」
2015/10/11 言友会全国大会 愛媛ワークショップ in 愛媛「吃音と医療.吃音外来の「現状と課題」」
2015/10/4 松本市講演 in 松本「吃音のある人をどう支えるか.「まちがいだらけの吃音支援」
2015/9/12 第6回実践音声治療セミナー in 福岡「」
2015/9/9 中間市保健センター講演

2015/8/23 長崎県立大学シーボルトカフェ in 長崎
2015/8/9 吃音の医学・臨床講座, 一般社団法人 早坂吃音専門士養成協会 in 東京
2015/7/31 第39回 九州地区難聴・言語障害教育研究会 in 長崎・佐世保
2015/7/19-20 【シンポジウム】『子どもの吃音支援を考える』、第4回日本小児診療多職種研究会 in 北九州国際会議場
2015/7/5 第34回難聴・言語教育勉強会「彩(あや)」 in 軽井沢
2015/6/20 平成27年「言語療育担当職員スキルアップ研修会」 in 三重
2015/3/22 九州・中高校生の吃音のつどい in 福岡「思春期の子どもが 直面する問題」
2015/3/18 岡崎小児科医会学術講演会 特別講演  in 名古屋「明日から活かせる吃音相談のポイント」
2015/2/21 愛知学院大学 in 名古屋 「吃音の相談者の心を つかむポイント -素人と専門家の違い-」約100名参加
2015/1/29 三養基・鳥栖地区 学校保健会 講演会 100名参加

2015/1/27 高槻市教育センター 教育相談員研修 in 大阪 15名参加
2015/1/25 揖斐川町特別支援フォーラム in 岐阜 小児吃音診療の取り組み -安心して大人になれる 必要条件とは- 170名参加
2015/1/18 北九州障害福祉センター in 福岡  吃音の向き合い方を考える 100名参加
2014/11/18 合志市人権教育講演会 「ボクは吃音ドクターです」 in 熊本 150名参加
2014/11/14 県立広島大学 講演 「吃音の相談者の心をつかむポイント」 
2014/11/4 福岡市須恵第3小学校 ことばの教室
2014/7/28 新潟県特別支援教育研究会 言語・難聴部 「吃音支援の在り方」 in 長岡市
2014/7/22 横浜市特別支援教育総合センター教職員研修事業、「吃音のある児童の支援」, in 横浜
2014/7/18 須恵第一小学校 通級教室
2014/6/7 第55回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 in 千葉, 教育講演「エビデンスに基づいた吃音支援」 

(ここまで50講演/3年)
2014/6/6 第9回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 in 浜松、臨床セミナー「小児吃音のエビデンスとリスクマネジメント」
2014/2/23(日) 第10回宮崎県作業療法士学会  特別講演治せない言語障害(吃音症)にどう向き合っていくのか?-エビデンスとリスクマネジメント-
2014/2/1(土) 山口県ことばを育てる親の会 『吃音のある子の成長を考慮した適切な吃音支援入門』 
2013/10/21(月)~10/28(日) the 11th annual ISAD (international stuttering awareness day) conference in Czech republic , 100名参加
2013/10/6(日) 吃音セミナー in 奈良 「吃音の正しい支援と知識」 約100名参加
2013/9/29(日) 千葉県言語聴覚士協会 講演 「どもるって,どんなこと?」 130名参加
2013/9/21, 22(土,日) 第1回日本吃音流暢性学会 in 金沢 (講演ではない)
2013/8/31, 9/1(土,日) 第23回 日本外来小児科学会 in 福岡 WS1A-32 『吃音(どもり)の子と親に 対する接し方に考える』
2013/8/27(火) 通級指導教室担当者講演会 in 下関 「吃音のある子の成長を考慮した 適切な支援
2013/8/19(月) 千葉県難聴言語障害教育研究会 in 木更津 「吃音のある子の成長を考慮した 適切な支援」

2013/8/11(日) 第37回言友会九州大会in 熊本 「吃音を科学的に見る」
2013/8/3,4 (土, 日) 第33回言語発達障害研究会 in 福島、記念講演、約50名参加「エビデンスに基づいた吃音支援-入門-
2013/7/20(土) 福耳会(福岡県耳鼻咽喉科) 約80名参加
2013/7/7(日) 第2回日本小児診療他職種研究会 in 青森、シンポジウム、「吃音のある子どもの支援を考える」「医師が行う吃音の診療」
2013/6/14(金) 小児科・耳鼻咽喉科医会共催吃音講演会 in下関 約200名参加
2013/6/2(日) 神奈川 言語聴覚研究会 in 神奈川
2013/3/20(水・祝) 第5回 九州・中高校生の吃音者のつどい in 福岡
2013/3/2, 3(日) 吃音親子カフェ in 広島
2013/2/10(日) 長崎県言語聴覚士会 in 諌早
2013/2/5(火) 福岡市当仁小学校 ことばの教室

2013/1/15 福岡県難聴・言語障害教育研究会 in 羽犬塚 73名
2012/11/18 第2回東京都言語聴覚士会学術集会
2012/11/23 吃音ワークショップ in 京都 200名
2012/10/23 岡山県倉敷小学校ことばの教室訪問
2012/10/18 第56回日本音声言語医学会総会 シンポジウム「吃音を聴覚で科学する」、in 大阪
2012/8/28 岡山県通級教室担当者研修会
2012/8/24 特別支援学級等新任担当教員研修会 in 福岡 120名
2012/7/8 第7回ERA・OAE研究会、特別講演「脳磁図を用いた吃音症の聴覚反応」
2012/7/7 近畿心療内科研究会、「吃音と社交不安障害のエビデンス」
2012/6/24 熊本県きこえとことばの親の会総会 100名

2012/6/13 第421回西部小児科臨床懇話会、「エビデンスを踏まえた吃音の相談と対応」 50名
2012/3/14 大野城ことばの教室
2012/3/3,4 九州大学言語運用研究センター、社会連携特別セミナー「エビデンスに基づく吃音支援を考える」 in 九州大学病院
2012/3/1 粕屋町ことばの教室
2012/2/26 言友会九州大会 in 北九州
2012/2/4 福岡県耳鼻科82会、「幼児の吃音相談の対応と吃音の脳科学」
2012/1/15 熊本言友会
2012/1/10 福岡市当仁小学校ことばの教室
2011/12/19 久留米市金丸小学校ことばの教室
2011/12/15 福岡市発達教育センター

2011/12/3 大分言友会
2011/11/6  柳川リハビリテーション学院 翠柳祭「吃音ドクターからのメッセージ」
2011/10/23 福岡言友会講演
2011/10/2 香川県言語聴覚士会、「エビデンスに基づく吃音診療を始める‐吃音のある人の幸せとは?‐」
2011/9/30 須恵町ことばの教室
2011/9/4 長崎で発達障害の会での講演
2011/8/26 福岡の吃音臨床会
2011/7/2 福岡国際医療福祉学院で卒後STに
2011/6/26 京都府言語聴覚士会、「明日から吃音を診れるSTになる-教科書には書いていない事実‐」
2011/5/7 三重言友会

新聞掲載

25. 熊本市で講演会 吃音ある医師 親子にエール(熊本日日新聞2017/9/16)
24. 吃音でもOK. 認める社会に(熊本日日新聞2017/9/10)
23. 建設標 吃音ある子ども 周囲の配慮必要(信濃毎日新聞 2017/9/9)
22. 「吃音」 実態調査で迫る 幼少期20人に1人、専門医少なく ガイドラインを作成へ(日本経済新聞朝刊全国版 2017/8/7)
21. 吃音の悩み、仲間を支えに前向きに( 読売新聞朝刊 すこやかカフェ 2017/3/19
20. 吃音:「差別受けた」6割 「理解不十分」7割 (毎日新聞朝刊 全国版 2016/8/17)
19. BOOK『子どもの吃音 ママ応援BOOK』=菊池良和・著 (毎日新聞東京朝刊 2016/3/27
18. となりの障害 吃音とともに/中 正しい知識知らないまま(毎日新聞朝刊全国版 2016/3/18
17. 周囲の理解と見守りを、きつおんドクターが来島講演 (奄美新聞 2015/11/23
16. 吃音 正しく理解して (南日本新聞 2015/11/28
15. 「周囲の理解を促して」奄美きつおんカフェ   (南海日日新聞朝刊2015/11/24)
14. 意見  誤解だらけ、正しい知識を持とう        (西日本新聞朝刊2015/5/22
13. 3月22日福岡市でつどい、中高生 吃音の悩み語ろう (西日本新聞朝刊2015/2/25
12. 吃音・・・就職4ヶ月後の自殺               (朝日新聞 九州版 2014.1.28)
11. 家庭、学校、社会 三つの壁                 (北海道新聞 2013.11.28)
10. 「吃音」適切な支援とは                   (西日本新聞 2012.6.6)
9. 「吃音うまくつきあって」 九大病院・菊池医師が講演  (毎日新聞 2011.12.5)
8. 吃音フォーラム 講演や体験談 大分で4日       (読売新聞 2011.12.2)
7. 「吃音ドクター」半生記              (朝日新聞 2011.8.25)
6. 吃音の悩み、きっと克服できる                (西日本新聞 2011.5.25)
5. 劣等感はねのけ 「自己肯定感を持って」        (教育医事新聞 2011.4.25)
4. 「吃音一人で悩まないで」考える集い九大医師ら体験語る (読売新聞 2008.3.10)
3. 「話すだけが医者ではない」吃音隠さず患者の力に     (読売新聞 2006.6.4)
2. さあ、今日もどもろう                        (毎日新聞 2005.5.28)
1. 「言友会」が言語聴覚士目指す若者と交流          (西日本新聞2001.12.18)

Yahoo! Japanニュース記事
・福山主演月9ドラマで描かれた「吃音(きつおん)症」ーー“吃音ドクター”が明かす、見えない障害のリアル(週プレNEWS 2016年6月12日)
<吃音を知るためのガイド>ドラマ『ラヴソング』を見て吃音に興味を持った人へ(メディアゴン 2016年5月19日)
<当事者が語る>フジテレビ「ラヴソング」でドラマ化されたリアルな吃音(きつおん) (メディアゴン 2016年5月1日)
誤解だらけのアドバイスがママたちを追い詰める? "吃音ドクター"が伝えたい生の声とは (BOOKSTAND 2016年2月2日)

テレビ取材協力
20164月開始 フジテレビ月9ドラマ「ラヴソング」 出演:福山雅治、藤原さくら

テレビ出演

12. 吃音と向き合う(NHK Eテレ バリバラ 全国放送2016年11月27日19時~19時半)
11. 「悩んだ経験生かして支援 "きつ音"の専門医」(NHK「おはよう日本」全国放送 2016年2月9日5時43分~48分)
10. 「"きつ音ドクター" 悩む母親を救いたい」(NHKロクイチ福岡 2016年2月2日18:30~18:37)

9. 「子どもの吃音(きつおん)症」(KBC とっても健康らんど 2015年6月6日11:25~11:40)
http://www.kbc.co.jp/tv/kenko_land/resume/index.html?repo_no=5035
8. 「きつ音」 (NHK教育 全国放送「バリバラ」 2013年7月26日21時~21時30分)
7. 「理解を深めて 助けに」 吃音ドクター 学生に講演 (FBS福岡放送 「ニュース5ちゃん」 2012年10月23日18時24分~18時29分)
6. 「どもってもいいんだよ」 (FBS福岡放送 「24時間テレビ」 2012年8月25日16時~16時10分)
5. 「きつ音の悩み 救いたい」(NHK総合 全国放送「おはよう日本」 2012年7月22日7時20分~7時30分)
4. 「どもってもいいんだよ」~ボクは吃音ドクターです~ (日本テレビ 全国放送 「NNNドキュメント '12」 2012年4月8日(日)24:50~25:20 )
3. 「どもったっていいんだよ」~僕は吃音(きつおん)ドクターです~ (FBS福岡放送 「目撃者f」 2012年1月29日(日) 25:45~26:15)
2. たぎる思いを声に~吃音者が挑む詩のボクシング ~ (NHK教育 全国放送「福祉ネットワーク」2004年12月6日20時~20時29分)
1. たぎる思いを声に~“詩のボクシング”に挑む25歳 (NHK総合 福岡にんげん交差点 2004年6月4日19時30分~19時55分)

ラジオ出演

・NHKマイあさラジオ(ラジオ第一)「正しく知ろう、吃音支援」 2016年12月19日~23日朝5時37分~43分
NHKラジオ深夜便「安心して 【 どもる 】 ことのできる 社会を目指して」 2015/12/11 深夜1時~1時45分
https://www.youtube.com/watch?v=YHR_V5x8gzU
・NCBラジオ「モーニング・サプリ」2015年6月12日 10時~10時15分
・きつ音 (NHK ラジオ第2、全国放送 2013年8月4日 8時~8時30分)はるな愛さんとの対談

所属学会

・日本耳鼻咽喉科学会(1月)
・日本音声言語医学会(11月)
・日本吃音・流暢性障害学会
・日本喉頭科学会(2月)
・日本嚥下医学会(2月)
・日本臨床神経生理学会(11月)
・日本聴覚医学会(2月)

九州大学医系地区部局臨床研究倫理委員会
・多施設共同による幼児吃音の疫学調査 28-129、2016-2018. H28.7.6承認
・喉頭内視鏡検査と空気理学的検査を用いた吃音者の喉頭調節機能の検討28-140, 2016-2018. H28.7.19承認

外国語雑誌査読論文数
 2015年1回
 2014年1回


吃音を語る医師の会
第1回2014/8/30 東京 参加者12名
第2回2015/2/21 愛知 参加者11名
第3回2015/8/30 大阪 参加者16名
第4回2015/12/6 東京 参加者6名

学内
九大医系分野教員会第96期執行委員2017/4~9
2017/10/1~ 九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 外来医長

2017.10.3 更新
SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
Ċ
表示 ダウンロード
  162KB v. 1 2013/09/02 14:24 Kikuchi Yoshikazu
Ċ
表示 ダウンロード
  781KB v. 1 2015/06/02 22:11 Kikuchi Yoshikazu
Ċ
表示 ダウンロード
  138KB v. 1 2014/11/13 5:54 Kikuchi Yoshikazu
ċ

表示
  2015/10/24 22:24 Kikuchi Yoshikazu
Ċ
表示 ダウンロード
  204KB v. 1 2015/07/18 14:58 Kikuchi Yoshikazu
SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
Ċ
表示 ダウンロード
  383KB v. 2 2015/06/02 22:12 Kikuchi Yoshikazu
Ċ
表示 ダウンロード
  338KB v. 2 2015/06/02 22:12 Kikuchi Yoshikazu
Ċ
表示 ダウンロード
  131KB v. 2 2015/06/02 22:12 Kikuchi Yoshikazu
Comments