日時:2017年2月15日(水)18:00-19:50

会場:一橋講堂2階 会議室
                千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内  地図及びアクセス

プログラム:
18:00-18:45 基調講演
                       演題:金融規制と銀行の統合リスク管理  スライド資料(.pptxファイル)のダウンロードはこちら
                       講師:吉藤 茂(三菱UFJフィナンシャルグループ 執行役常務 グループCAO)
                       講演要旨:
                       
バーゼルIIの根底に流れていたバンカーとリスク管理とイノベーションに対する当局の信頼が崩れ、
                       
国際金融規制の見直しはリスク管理の改善から資本の絶対量の引き上げに移った(2016年4月、
                       
ISDAにおける森金融庁長官講演)。リスク感応度よりも簡素さと比較可能性に比重を移しつつある
                       
バーゼルIIIや、乱立する各国独自規制とその域外適用というグローバル規制からマルチナショナルな
                       
規制へと益々複雑化する金融規制の潮流を先ずは概観する。その上で、リーマンショック以降、
                       
銀行が取り組んできたリスクカルチャーの浸透というベーシックな活動や、ストレステストを強化しながら
                       
構築してきたRAF(リスク・アペタイト・フレームワーク)を紹介する。規制動向を含め不確実性の高まる
                       
環境の中で、必要とされるERMの要件は何か考える。

18:50-19:05 神津 多可思(リコー経済社会研究所 所長)によるコメント

19:05-19:40 パネルディスカッション
                       パネリスト:吉藤 茂 ・ 神津 多可思
                       モデレーター:加藤康之(京都大学経営管理大学院  特定教授)

19:50-21:30 意見交換会 (於:学士会館 地図及びアクセス

※シンポジウム当日、印刷したスライド資料は配布致しません。
    当日お手元に資料が必要な方は、お手数をお掛けしますが
    ファイルをダウンロードしていただき、印刷あるいはタブレット端末等に格納の上
    各自お持ちいただきますよう、お願い申し上げます。

主催 : 
公益財団法人KIER経済研究財団 平成28年度研究プロジェクト助成 

共催 : 
京都大学経済研究所共同利用・共同研究拠点プロジェクト研究  モデル不確実性を考慮した資本市場分析 
科学研究費 基盤研究(A) #25245046 「取引費用が存在する金融市場の均衡分析



参加登録受付は終了しました。