ietuku2000

住まいと暮らしのワークショップ
楽しく学ぶ世界の住文化

1日目 2000年3月17日
みんなでモンゴルの住まい・ゲルを組み立てよう

オルトナスト氏(モンゴル人留学生)

 モンゴルのゲルは木と皮とフェルトでつくられています。ゲルは遊牧民がすぐに移動できるように、簡単にあたたかい家がすぐできるような仕組みになっています。中は男の人と女の人の座る場所が決まっていて、みんなが輪になって楽しい団欒の環ができます。

2日目 2000年3月18日
ゲルでモンゴルの住文化を学ぶ

ボリガ氏(モンゴル人留学生)、林響氏(狩野建築研究所)

 響さんはモンゴルのゲルで4ヶ月も生活をしたことがあります。民族衣装が、トイレのときも顔を洗う時もすごく便利なこと。地平線にお客さんが見えてから、部屋の中を片付けたり、お茶を入れたりと興味深い話をしていただきました。そして、モンゴルからの留学生のホリガさんの馬頭琴の演奏でモンゴルの暮らしの中でゆったりと流れるひとときを楽しみました。

3日目 2000年3月25日
江戸時代の大阪のまちを探検しよう

松本正巳(建築事務所主宰)

 住まい情報センターの8階には大阪の江戸の町が広がっています。この町の建物を設計した松本さんから、お風呂はお湯の中につかるのではなく、湯気の中で汗を流したり、町の中にやぐらがあっていろんな情報を伝える役目が合ったことなどを説明していただきました。

家をつくろう!
ワークショップ一覧

家をつくろう!2008WS

家をつくろう ! 2007 WS

岩船小学校2006 WS

家をつくろう!2006 WS

交野小学校2005 WS

家をつくろう!2005 WS

家をつくろう!2004 WS

家をつくろう !2003 WS

交野小学校2002 WS

家をつくろう!2002 WS

家をつくろう!2001 WS

家をつくろう!2000 WS

おすすめ本

コルビュジェの絵本や世界の家などわくわく本のリストです!

リンク

いえつくFAQ

「家をつくろう!」ってなに?どんなことするの?
などなど・・・

STAFF

House of ideal that child thinks about
Let's create the house!!

Tatsuki Sato
Shinji Nakamura
Kan Mizutani
Akira Shinjyo