プロフィール

渡辺 健太郎

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

人間拡張研究センター サービス価値拡張研究チーム

主任研究員


研究領域

  • サービス設計、サービスデザイン
  • 設計工学
  • サービス工学 / 製品―サービスシステム(PSS)

研究テーマ

  • サービス設計方法論・設計支援技術
  • サービス現場における業務プロセス分析・モデリング
  • 協業に基づくサービスの設計


学歴

  • 首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 博士後期課程 修了 (工学博士、2012)
  • 東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻 修士課程 修了 (2005)
  • 東京大学 工学部 システム創成学科 知能社会システムコース 卒業 (2003)

職歴

  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所 人工知能研究戦略部 人工知能研究企画室 (2018.1-2018.12)
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所 人工知能研究センター サービスインテリジェンス研究チーム (2015.12-2018.10)
  • VTT Technical Research Centre of Finland Ltd(在外研究 2016.6-2017.6)
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間情報研究部門 サービス設計工学研究グループ (2015.4-2015.11)
  • 独立行政法人産業技術総合研究所 サービス工学研究センター (2012-2015)
  • 富士フイルム株式会社 (2008 – 2012)
  • 株式会社デンソー (2005 – 2008)

外部研究費

  • (New) 2019年度〜2021年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(B) 【研究代表者】「デジタル化による社会的影響を考慮したサービスシステムデザイン手法の開発」
  • (New) 2019年度〜2021年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(B) 【研究分担者】「ケアのサイエンスを実現する介護とテクノロジー融合が福祉のトラストに与える影響」
  • 2016年度〜2018年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(B) 【研究分担者】「ケアリングの実践知を日常的に共有するための支援モデルの構築」
  • 2015年度〜2017年度 国際科学技術共同研究推進事業「日本-フィンランド共同研究」【研究代表者】「安全・安心・満足に資する高齢者支援技術 -高齢者と介護関係者をつなぐデジタルーヒューマンネットワークの構築」
  • 2015年度〜2017年度 学術研究助成基金助成金 若手研究(B) 【研究代表者】「サービス現場を活性化させる現場起点の業務デザイン知識循環手法の開発」
  • 2015年度〜2017年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(A) 【研究分担者】「高齢者、介護スタッフの思いを記録し記憶へと繋ぐシステム」
  • 2015年度〜2017年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C) 【研究分担者】「地域生活者行動データプラットフォームを活用した高齢者福祉サービスの高度化」
  • 2013年度~2016年度 JST/RISTEX サービス科学問題解決型研究開発プログラム 平成25年度採択 研究開発プロジェクトB研究【研究分担者】「価値創成クラスモデルによるサービスシステムの類型化とメカニズム設計理論の構築」
  • 2013年度~2014年度 学術研究助成基金助成金 若手研究(B) 【研究代表者】「労働集約型サービスに対するプロセス観測・モデル化技術のマッチング手法の開発」


趣味

  • ピアノ演奏 (19~20世紀のロシア、フランス音楽が多い)