健康影響分科会HP

 大気環境中のガス状および粒子状物質による健康への影響を未然に防止するために、ガス状および粒子状物質の生体影響について科学的な知見を集積し、その健康リスク評価を行うことは重要な課題と位置付けられている。健康影響分科会は、ガス状および粒子状物質の発がん(変異原)性、免疫毒性、脳・神経毒性、生殖毒性などの新たな毒性面での動物実験、体内挙動、曝露評価手法の確立、疫学研究の推進、分子生物学など新たな技術を用いた健康影響評価手法やリスク評価研究の推進を目的として活動する。
サブページ (2): お知らせ お問い合わせ先