慶應義塾大学 文学部 生物心理学研究室

慶應義塾大学 文学部 心理学専攻 生物心理学研究室のサイトです。

News!

New
20.1.13     宮澤さん(OG)、瀬口さん(D1, 学振DC1)、高橋さん(D2, 学振DC1)、茂田井さん(OG)らの
                   論文がEthologyに掲載されました。
                 カラス若鳥同士でみられる毛づくろいのパターンに性差があることを発見した論文です
                    こちらです   https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/eth.12992

New
19.11.20    書籍が出版されます。
            「遺伝子から解き明かす「鳥」の不思議な世界(上田恵介 編)一色出版」
                     伊澤が第2章 カラスの認知機能 を執筆しました。
                    こちらです https://www.isshikipub.co.jp/science/genes_bird/

19.8.7        カラスの認知と社会生態の研究で世界的に著名なThomas Bugnyar 博士をお招きして
                    講演会を開催いたします。
                    日時:8月20日(火)17:00~
                    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎443番教室
                    (参加無料・事前登録不要・英語で行われます)

19.3.12      松井君(D3, 学振DC1)の論文がNeuroReport に採択されました。
                  カラスが餌をとる際のクチバシの開閉運動について調べた論文です。
                    こちらです 
https://journals.lww.com/neuroreport/Abstract/publishahead/Control_of_bill_grasping_aperture_with_varying.98162.aspx
              

19.2.20      松井君(D3, 学振DC1)の論文がJournal Experimental Biology に掲載されました。
                  頭部・クチバシの到達運動における視覚の役割がカラスとハトで異なることを明らかにした論文です。
                  こちらです http://jeb.biologists.org/content/222/4/jeb182345
                   >>> この研究掲載号の紹介記事 Inside JEBで取り上げられました!***
                      こちらです http://jeb.biologists.org/content/222/4/jeb199885

19.2.6    松井君(D3, 学振DC1)が第9回(平成30年度)日本学術振興会 育志賞 を受賞しました。
                 こちらです http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_9_h30.html
                
18.12.14   書籍が出版されました。
                 「遺伝子から解き明かす「脳」の不思議な世界(滋野・野村・村上 編著)一色出版」
                 伊澤が第10章 もうひとつの高次脳システムの出現 鳥類の脳 を執筆しました。
                    こちらです http://www.isshikipub.co.jp/sample-page/science/genes_brain/     

18.12.1    英国の研究紹介誌Science Impactに当研究室が紹介されました。
                大学、研究所、政府や企業など世界中の研究を取り上げている雑誌です。
                動物の”こころ”の進化の解明における「身体・脳・行動の構造(仕組み)や機能」の重要性についてコメントしています。
                 アクセスフリーです https://www.ingentaconnect.com/content/sil/impact/2018/00002018/00000012/art00025

18.8.9       松井君(D3, 学振DC1)の論文がBehavioural Processes に採択されました。
                 階層ベイズを用いたVIおよびVRスケージュール上の反応生成パターンを解析した論文です。

18.4.2       メンバーリストを更新しました.