矯正歯科・小児矯正

はじめに

歯並び、咬み合わせ、顔や口やあごのことなど気にされている方、こどもの歯並びを治してあげたいけどどうすればいいの?と思われているお父さん・お母さん・ご家族の方へ。




特に、こどもの歯並び・あごの矯正治療は、お子さんの咬合完成、成長終了までの適切な矯正歯科管理と美しい歯並びを永く維持していくためのアフターケアが大切です。このホームページでは、成人の矯正歯科治療、こどもの矯正治療、治療開始~咬合完成、成長終了までの矯正歯科管理、小児の特徴や注意など、また、小児の矯正歯科、小児歯科、歯科について説明させていただいています。
       (けいひろ歯科・文京ながはま矯正歯科 矯正歯科専門医 長濱浩平)





正しい歯並びの価値
日本国内の調査で、80歳で20本以上の歯が残っている、いわゆる8020達成者を対象に歯並びの調査を行った結果、反対咬合、開咬といった不正咬合の方は存在しなかったそうです。このことから、健康的な口の状態を長く保つ意味で正しい歯並びは大切であると言えるのではないでしょうか。





歯列矯正治療

【不正咬合】 

歯のでこぼこ・出っ歯・受け口・八重歯・すきっ歯のほか上下あごの骨の不調和に起因しておこるものがあります。 
それらを正しく治す方法のひとつが矯正歯科治療です。


【治療の目的】

矯正歯科治療の目的は、歯ならびや咬み合わせの改善、二次的な効果として虫歯や歯槽膿漏(歯周病)の予防、こどもの健全な成長発育が挙げられます。 
また、口元の改善により健康的で美しくなることにおいても大きな価値があります。 


【メリットとデメリット】

当院は、初めてご相談にいらした時、矯正歯科治療の良い面と可能性のあるリスク面の両面をお話して、もう一度じっくりと矯正歯科治療について考えていただきます。無理に治療をすすめるような事は絶対にございません。 安心してご相談下さい。  


矯正歯科治療を受けることで患者さんが不利益を受ける可能性が考えられる場合には、予測される治療結果などを含めなぜ治療をやめた方が良いか理由を説明し、治療を行わないことを進言させていただく場合がございます。 また、矯正歯科治療の代替法や解決方法を提案させていただきます。 


【顎関節症と不正咬合】

顎関節症は、現在でも不明な部分が多い病気です。そのため、検査・診断には全身疾患・不定愁訴との鑑別を含めた顎関節症に対する十分な理解をもって、歯科治療および処置は特に慎重に行います。診断の結果、適切と判断される診療科へご紹介し連携をとりながら治療していく場合もあります。 


【補綴治療と矯正歯科治療】

補綴歯科治療(入れ歯、ブリッジ、インプラント等)と矯正歯科治療を適切に組み合わせることで補綴治療の治療結果が良くなります。補綴治療を行う病院と綿密に連携をとりながら円滑に治療をすすめていきます。


※ 成人の方、入れ歯を使われている方も矯正治療によってより良く咬み合わせを整えられることが多々あります。矯正治療は子供の時だけの治療ではありません。年齢であきらめず歯科治療も含めご相談ください。






不正咬合と歯周病】

歯並びや咬み合わせが悪いと歯周病になりやすいことは、よく知られるようになったことだと思います。では、どのような咬み合わせが歯周病に罹患しやすいのでしょうか?
咬み合わせの悪い人と正しい咬み合わせの人を20年にわたって比較した研究では、歯周病は出っ歯や反対咬合と関連して特に上あごで頻繁に認められたそうです。(下あごではそれほどの傾向はありませんでした。)また、咬み合わせは、歯のでこぼこよりも、出っ歯や過蓋咬合(上あごの前歯が下あごの前歯を隠すように深く咬みこむ)が歯周病の要因となりやすいことがわかりました。歯周病は、歯をもっとも失う可能性の高い病気です。歯並びの治療(矯正歯科治療)は、見た目の改善だけでなく歯周病の予防にも効果があります。歯のでこぼこや出っ歯、受け口の方の治療相談はよくお受けしますが、過蓋咬合は歯並びの不正として自覚されていないことが多いように思います。過蓋咬合の方は一度矯正歯科治療の相談を受けられてはいかがでしょうか。

2012.5月 長濱ブログより     

過蓋咬合の矯正歯科治療
患者さんは治療前、前歯が出ていることと歯の間に隙間があることが気になった。矯正治療後、その効果は、機能と美しさ、そして歯周病予防に及ぶ。





こどもの歯並び


【不正咬合】

不正咬合とは、上下の歯が適切に咬み合っていない状態をいいます。これには、上顎(あご)と下顎の位置がずれている骨格性のもの、歯と顎の大きさのバランスが悪いことによって歯ならびが凸凹になったり、すきまが生じる歯性のもの、またそれらが合わさったものなどさまざまな種類があります。舌や口の周りの軟組織(皮膚・筋肉・小帯など)も歯ならびに影響し、不正咬合を生じさせる原因となることがあります。 


【不正咬合の種類】

■叢生(八重歯、乱杭歯)
前歯が生えかわり始める7、8歳で前歯の凸凹(叢生)に気付きます。習癖などがなく、叢生の程度が軽いと判断されるものは、大概、永久歯と乳歯が完全に生え変わった後に治療を開始することが多いでしょう。しかし、歯の重なりやねじれが大きな場合では、前歯4本程度が生え変わった時期に、前歯から歯を並べる(第一期治療)治療を行うのが良いでしょう。叢生を改善するためには永久歯を抜かなければならない可能性もあります。歯の生え変わりの時期は個人差がかなり大きいため、矯正治療の開始年齢はその方によって異なってきます。 


■反対咬合(うけ口、下顎前突)

お子さんの反対咬合が最初にはっきりしてくるのは大体2~3歳くらいで、3歳児検診のときに指摘を受けることがあります。ただし、乳児の段階で反対咬合でも永久歯は反対にならない場合もあります。永久歯の反対咬合の場合は、早期の治療による改善が望まれます。これは、前歯の関係を正常にすることで、上顎と下顎の調和がとれるためです。ただ、歯の傾きだけの問題、顎の大きさの問題、その複合など原因はさまざまで、それにより治療の方法も異なってきます。また、下顎の成長が終わる時期(高校生位)まで治療が継続する場合もあります。特にあごの著しい過成長・劣成長が起きる場合(顎変形症)には、外科手術が必要となることもあります。


■上顎前突(出っ歯)
上顎の前歯4本が乳歯から永久歯に生え変わった頃にはっきりわかってきます。もし顎の骨の大きさに問題がある場合には、この段階で治療を開始することが多いでしょう。歯並びの治療として、上顎の成長を抑制したり、下顎の成長を促進する装置を用いて骨格的な不正を改善していくことを行います。




■開咬

咬んだ状態でも上下の前歯が咬み合わないような場合を開咬と言います。原因は、指しゃぶり、舌の癖のほか顎の形や大きさに問題がある場合など様々です。もし、指しゃぶりなど何らかの癖がある場合にはできるかぎり早期に改善することが望ましいと考えられています。また、骨格の問題が内在している場合は、成長に伴って徐々に現れ段々と咬み合わせが悪くなる場合がありますので成長が終了するまでは咬み合わせの観察を続けることが大事になります。




【不正咬合の問題】

歯ならびが悪いということは、肉体的なものばかりでなく、しばしば精神的にも負担となります。むし歯・歯槽膿漏・外傷(前歯が出ているお子さんでは歯をぶつける頻度が高い)および顔の歪みの誘因となったり、食物をよく咬むことが出来ず消化器官に負担がかかる、正しく発音しにくいことなどが考えられます。また特に見た目を意識した場合は社交性が乏しくなることがあります。
こどもの矯正は、上記問題を生じさせないよう早期発見・早期改善・成長の管理と予防を行うことでお子さんの健全な発育を促します。


こどもの歯列矯正


【矯正相談のタイミング】


早い年齢で矯正医に相談されることは、お子さんにとって治療期間と費用を最小に、そして治療効果を最大にする大きなメリットがあります。実際には、その場ですぐ治療を行うのではなく、最適な治療時期や、いつ、どのような治療を受ければ良いかなど正しい情報をえる機会になります。

 

「こどもはいつ受診(初診相談)すれば良いのか?」とお父さん・お母さんから訊かれることがよくあります。これは「受診すること」イコール「矯正歯科治療を開始すること」と思われているためではないかと考えます。しかし、決してそうではありません。治療開始のタイミングは、歯並びの状態や成長発育の段階などを含めて総合的に判断します。つまり、不正咬合に気づいたら、一度相談されてみて、その上で治療開始のタイミングが早いようであれば、矯正医とともに観察を続けながら治療開始の最良の時期を待つことをすすめます。矯正医の管理のもとで定期的に観察を行うことは、お子さんの成長変化を把握する上での貴重なデータとなります。 

「相談する時期は?」歯並びの相談を受けられる時期をあえて言うなら、小学1・2年生が一つの目安かと思います。1年生になったら、「矯正は必要なの?」「いつ始めればよいの?」と相談していただくことをお勧めします。

 

治療は、お子さんの小さい時期に開始されれば、早ければ早いほうがよい、と言うわけではありません。しかし、適切な時期に治療を開始した結果、成長が終了してからでは治しにくいものがきちっと治るということがあります。たとえば、歯を抜かずに治せたり、歯を抜く場合でも本数を減らす、あごの成長をコントロールすることで手術を必要とする治療の可能性を減らす場合があります。 



【こどもの矯正治療の目的】

小児期の
矯正治療(第1期)は、比較的簡単な装置を用い部分的な歯の移動やあごのコントロールを行います。
  • 上下の顎の骨のバランスを良くするために、顎の成長を促進・抑制する
  • 永久歯が良好に萌出するよう誘導する
  • 歯並びに影響を与える唇や舌などの悪い習慣を取り除く
  • 永久歯が生えそろってから行う本格的な矯正治療(第2期矯正治療)を簡単にしたり、治療期間を短くするなど、
    最終的な咬み合わせがより良く理想的な状態となるように準備をする
ことを主な目的として治療を開始します。


【治療方法】

【第1期矯正治療】 矯正歯科治療は検査、診断の後、治療計画を作成し、それにそって行います。

乳歯列(~7歳くらい)では、不正咬合の予防を目的とし原因となる悪い習癖を除去し、正常な機能の回復を図ります。乳歯から永久歯への生え代わりの時期(混合歯列期、8歳~12歳くらい)では、顎の成長が旺盛な時期なので、今後の成長を予測し、必要に応じて顎の成長抑制や成長促進を行います。口腔内では、比較的簡単な装置を用いて歯列弓(しれつきゅう)の形を整えたり、上下の前歯と6歳臼歯(きゅうし)(第一大臼歯)の良好な咬み合わせを確立することを目的とします。

矯正治療をうけるためには毎日通ってくる必要はありませんが、4~8週間に1度の割合で定期的に通院していただきます。永久歯の生えてくるのを観察したり、適当な治療開始時期まで待つ必要がある場合には、3か月に1度あるいは半年に1度位の通院間隔をあけることもあります。

第1期矯正治療は、おおよそ12歳くらいから始まる第2期治療のための準備として、この時期にしか行えない治療です。したがって、必要な時期に必要な治療を、できるかぎり短期間・単純な装置で行ない、患者であるお子さんの負担、ご家族の負担を減らし、最大の効果をあげることが大切です。 

☆☆☆ 診査・診断の結果、お子さんの第1期矯正治療がほとんど必要がない、もしくは口の中の管理をしながら永久歯が生えそろうまで矯正装置を使わずに待つということもあります。根拠のない、必要のない、無駄な矯正装置の装着や治療は、当然避けるべきで、そのためには、最初の相談・診断をしっかり行い将来の予測を含め治療計画を的確に立案することが重要です。☆☆☆


【第2期矯正治療】 一般的には永久歯列に生えかわった時期に最終的な矯正歯科治療としてマルチブラケット装置を用い、より良い咬み合わせを完成させる為に全歯に対する治療を行います。歯並びが整った後も、保定期間を通して発育が終了するまで歯列の観察を続けます。


【治療の効果】

第1期矯正治療を行なうことにより、部分的に歯並びが良くなります。一般的には奥歯の咬み合わせや前歯の歯並びがこれに相当し、虫歯・歯周病にかかりにくくなる、顎の発育が良くなる、しゃべりやすくなる、美的改善により心理的負担が小さくなるなどの効果が期待できます。顎の骨の成長をコントロールすると、上下の顎のバランスが良くなります。また、永久歯の正常な萌出を誘導することにより、永久歯がそろってからの本格的な歯科矯正治療が容易で期間も短くなります。

第2期治療では、第1期治療の結果、歯列、咬み合わせ、顎の問題点が少なくなっていたり単純化されているため多くの場合で何もされていない成人期の方に比べて歯を抜歯して治療する可能性は低くなります。さらにマルチブラケットを装着して歯を並べる治療期間は短くなります。また、第1期治療と組み合わせることで成人矯正治療後に起こりやすい前歯の審美障害(ブラックトライアングル:歯肉が下がり並んだ歯との間に隙間ができる)が起こりにくいことも大きなメリットです。


矯正装置

矯正治療に用いる装置例


◇ダイレクト ボンディング システム (マルチブラケット装置)
表側矯正(歯の唇側面にブラケットを装着:治療に用いる最も一般的な装置)
裏側矯正(歯の舌側面にブラケットを装着:最も目立ちにくい装置)


    表側の矯正装置


    裏側の矯正装置

マルチブラケット装置とは歯にブラケットと呼ばれる器具を接着し、それにアーチワイヤーを通し矯正力を歯に伝えることにより3次元的に歯を移動させる装置です。ワイヤーは、審美ワイヤーとして白いワイヤーやホワイトシルバーの艶消しワイヤー、従来のシルバー、ゴールド色のものを適切に選択し使用します。

◇可撤式(取り外し可能)の装置








機能的矯正装置





透明で目立たない歯科矯正システム
 インビザラインInvisalign、アライナー )



インビザラインInvisalign、アライナーに代表されるマウスピースタイプの装置は、目立ちにくいという利点と軽度の不正咬合にのみ適応範囲が限定される(日本人に多くみられる著しい歯の凸凹やあごの不調和の治療には不向き)など欠点があります。

矯正治療費

けいひろ歯科クリニックでは、お子さんから矯正管理(小児=学童期~成長終了=矯正完了まで、期間3~7年)を行った場合のすべての矯正治療費を総額の矯正治療費としてしています。

成人(中学生以降、期間2年程度)の矯正患者さんの場合、一般的な症例での矯正治療費は、矯正完了後保定期間2年以上のアフターケア費用を含む費用の総額です。

顎変形症は、矯正治療に健康保険が適用されます。

けいひろ歯科クリニックの審美ブラケット矯正治療費総額は、65万から75万円ほどです。

〇医療費控除について
こどもの矯正歯科治療費用は全額医療費控除の対象になります。成人の方の矯正歯科治療については、審美的改善のみを目的として行なわれた場合には医療費控除が認められませんが、咬合機能に異常があると診断された方の場合は医療費控除の対象となります。



歯並びに影響する癖

指しゃぶり

◆ 歯科医と小児科医、臨床心理士それぞれの見解

指しゃぶりは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる胎生14週ごろからみられます。生後2~4か月では口のそばにある指や物を無意識に吸ったり、5か月になるといろいろなものをしゃぶり、形や味、性状を確かめ、学習するためになんでも口のほうへ持って行くようになります。歩き始めるようになると、指しゃぶりをしていると行動が制限されるため自然と指しゃぶりは減っていきます。1歳半を過ぎると昼間の遊びの中で指しゃぶりは減り、退屈な時や眠い時だけみられるようになります。さらに3歳以降外へ出て遊ぶようになると指しゃぶりはさらに減り、通常5歳ごろにはほとんどなくなります。


指しゃぶりが高い年齢までつづくことは、歯並びや咬み合わせに影響するだけでなく、前歯が開いた開咬の状態になると発音など言葉の問題、つばの飲み込み、食事の仕方に悪い影響を及ぼします。さらに口元の突出、顎などの発育にも影響します。従って、不正咬合の進行を防止し、口腔機能を健全に発達させる観点から、4、5歳を過ぎても続いている指しゃぶりは指導し止めさせていくべきだと歯科医は考えます。一方、小児科医は、指しゃぶりは生理的な人間の行為ゆえ、こどもの生活環境、心理的状態を重視して無理にやめさせないという意見も多いようです。特に幼児期の指しゃぶりの持つ不安や緊張を解消するという効果を重視するためで、歯科医ほど口や歯並び、咬み合わせへの影響を考慮していないように思われます。また、臨床心理士は、指しゃぶりは生理的なものとしながらも4歳以降も続ける場合には、その背景に親子関係の問題や、遊ぶ時間が少ない、退屈など、こどものおかれる環境面が影響している事を挙げ、こどもの心理面から問題行動の一つとして対応すべきであると考えています。

7歳児の指しゃぶりによる開咬。前歯が咬み合わない状態。親指には吸いだこができている。


舌癖

舌癖とは、リラックスしている時に口をポカンと開け、上下の歯の間に舌が飛び出していたり、飲み込む時に舌を突き出し、常に前歯に押しつけているような状態の癖を言います。

舌癖があると歯並びや発音に大きな影響を及ぼします。

舌癖の原因として
1 幼児期より指しゃぶりを長く続けた。
2 乳歯から永久歯への歯の生え変わりの際に、歯がない状態が長く続いた。
3 鼻炎等で鼻の通りが悪く、口呼吸をしている。
4 舌の小帯が短い、強く結びついている。
などが挙げられます。

治療: 適切な診断に基づく原因の除去および歯並びの不正(開咬や歯の隙間)が認められる場合には必要量の矯正歯科処置を行う。
おしゃぶりの長期使用による開咬。舌が上下の前歯の間に挟まりこむ。

◆ 舌癖と舌突出嚥下の違い

歯並びに影響するものの一つに舌の癖があります。長時間にわたって舌を前歯に押し付けたり、舌を咬み続けたりすると歯の位置が変化しはじめ、開咬(上下の歯がかみ合わない)や空隙歯列(歯並びに隙間ができる)を引き起こします。舌癖の方の中では、舌がもともと前に位置している場合が多いようです。(これは単純にみているだけではわかりません)


ところで、舌突出癖ではなく舌突出嚥下というものをご存知でしょうか?
不正咬合の原因として、よく歯医者さんが間違えて、勘違いして、患者さんもしくはご家族に話をしてしまうものです。

嚥下」とは食物を人が飲み込む行為、口から胃まで食物を移送することを言います。舌の突出嚥下とは、上下の前歯の間に舌を挟むようにして行う嚥下行動(唾をゴックンさせた時に行う様)ですが、現在では歯並びや咬み合わせに影響を及ぼすような習癖とは考えられていません。そもそも嚥下は無意識に行う生理的現象であって習癖にはあたりませんし、このように舌を前に突き出す嚥下をすることは、問題のない咬み合わせの幼児では移行期にみられる特徴、正常な嚥下なのです。前歯部が開いている開咬の方の場合では、代償的に行う生理的な適応行動です。すなわち、嚥下時の舌の突出は、咬合の異常の原因には当たらないのです。

不思議なことに、前歯に隙間があったり、出っ歯だったりする5-10歳くらいのお子さんの相談を受けると、なぜか、かかりつけの一般・小児の歯医者さんで、舌の突出が原因だろうと言われ、舌が出ないようにする、または、出ないように訓練をする矯正治療を勧められる、との話を聞きます。
このことで一番の問題は、不正咬合の原因がわからないままに、矯正治療の介入が行われる可能性があることです。

― 長濱ブログより

こどもの歯ぎしり

歯ぎしりの発現率は2歳児で7.1%、3歳児で8.0%であり、乳歯列完成前後における小児の口腔習癖の中で指しゃぶりに次いで多くみられるものです。また、6歳以降12歳での調査でも発現率は10.0%をこえます。
乳歯列期の歯ぎしりは、歯列の発育過程で生じる不安定な咬合状態が関連している場合が多いといわれます。この場合には、乳歯列の完成期には消失することがほとんどです。5歳前後の幼児に上あごの前歯が大きく削れている場合は、これは上下のあごの成長のずれに関連するもので歯ぎしりに関連したものでないことが多い。

〔文献〕

安部敏子,松崎和江,他:口腔習癖の年齢的推移について.歯科学報,87:95-103,1987

馬場篤子,米津卓郎:小児歯科は成育医療へ,通巻第520号(吉田昊哲ら編集),デンタルダイヤモンド社,東京,2011

当院の紹介

君津市歯科けいひろクリニックではインプラント、ホワイトニング、矯正、虫歯、歯周病の治療また歯のクリーニング、予防を幅広く行っております。機能性、審美性、快適性を考え、患者様にとって最善の方法で治療計画を立て診療を進めてまいります。すべての患者様に安心して治療を受けていただけるようスタッフ一同取り組んでおります。



サブページ (1): よくあるご質問