ホーム


千葉県柏周辺のRユーザーによる勉強会です.
今回はバイオ実験系ラボ支援回という事で、理科大野田キャンパスに出張して開催する事になりました. 
実験系の人達の仕事を効率化させるための便利なツールを紹介していこうと思います.


普段実験をメインでやっている方でも、Rを覚える事でこんなメリットがあります.
  • Web上のデータを100個ダウンロードしないといけない... → Rならコマンド数行でできます!
  • もっとかっこいいFig書きたいな... → Rならできます!
  • データが大きくてExcelで開けない... → Rならできます!
  • あの論文に載ってた最新の統計手法って... → Rのパッケージになってます!
  • 次世代シーケンサーの解析ってどうやるんだろ... → みんなR使ってます!

プログラミングは始めてという方、普段からデータ解析をしている方、
学生、社会人、理科大生以外の方等どなたでもお気軽にご参加ください!


当日発表で利用されたスライド、プログラムはこのサイトからダウンロードできます.

Twitterのハッシュタグは #KashiwaR です. 
発表中でもハッシュタグを付けて質問すると、誰かが答えてくれます.


日時場所


内容

発表時間の目安は一人20分程度です. 
質問も随時受け付けます.


発表者: 蔦谷匠(東大・新領域・先端生命)
タイトル: Kashiwa.Rについて 
時間: 20分 
概要: Kashiwa.Rという集まりとこれまでの活動について
スライド スクリプト

発表者: 横山貴央(東大・新領域・情報生命)
タイトル: Rの基本 
時間: 20分 
概要: Rで何ができるか

発表者: 福永津嵩(東大・新領域・情報生命)
タイトル: Rで図を作る
時間: 20分 
概要: 論文に掲載された図をRで再現

発表者: 松本高(東大・新領域・情報生命)
タイトル: Rでデータ取得自動化 
時間: 20分 
概要: Web-APIを利用したデータダウンロードの自動化

発表者: 藤井庸祐(京大・医学部・医学科)
タイトル:比較・検定・多重検定補正  
時間: 20分
概要: p値、t検定、Bonferroni補正

発表者: 露崎弘毅(理科大薬学薬科学
タイトル: DNAマイクロアレイの解析と多重検定補正
時間: 20分 
概要: 発現変動遺伝子検出手法, Benjamini-Hochberg法、Q-value法、LocalFDR法
スライド スクリプト

発表者: 尾崎遼(東大・新領域・情報生命)
タイトル: RでできるRNA-seq, ChIP-seq解析
時間: 20分 
概要: 次世代シーケンサーを用いた解析例

発表者: 露崎弘毅(理科大薬学薬科学
タイトル: 遺伝子のアノテーション付加
時間: 20分 
概要: 遺伝子リストから様々な機能情報をデータベースから収集
スライド スクリプト

懇親会

  • 食堂(みなも)で18:00-20:00
  • 参加費2000円程度
  • 幹事: 露崎弘毅
  • 懇親会にも参加される方は、kashiwa.r.wet@aol.jp所属とお名前を送ってください

主催

  • 総合教育研究機構情報教育センターバイオインフォマティクス教育部門

共催