かしまミツバチプロジェクト

かしまミツバチプロジェクトの紹介


 かしまミツバチプロジェクトは、茨城県鹿嶋市を中心に2011年春から活動を始めました。私たちは、
 
ミツバチの飼育をきっかけに、「鹿嶋市にたくさんの花をかせたい!」、そして「はちみつで元気

まちを作りたい!」という想いで活動しています。詳しくは、「プロジェクトについてご覧

さい。た、2011年からの歩みについては、左記の「プロジェクトの足あと」をご覧下さい。日頃

の活動の様子は「ブログ」や「facebookページ」でご紹介しています。

 

お知らせ 


     準備中です

                                                                                                                
かしまミツバチプロジェクトの蜂蜜 
                                                   
2017年のかしまミツバチプロジェクトの蜂蜜は、5月下旬より、鹿島神宮門前大町商店街

ホテルがんけ」、岡見商店」、神栖市カフェ・喫茶「chachaboo」で販売予定です。

スイーツ
(1)プリン

イタリアンレストラン「パステリアゴッツォ」から、かしまミツバチプロジェクトの蜂蜜だけ

甘味を追求したプリン「ハチミツごちそうプリン」が新発売です。鹿嶋人ギャラリー」で販売

ています。

(2)シフォンケーキ

COFFEE・TEA・CAKE &HOMEMADE COOKINGの「chachaboo」でかしまミツバチプロ

ジェクトの蜂蜜を使った「かしまのはちみつレモンシフォンケー新発売されました。

chachaboo販売しています。

     
 


ミツバチ何でも情報  

(1)「農作物を訪れる昆虫がもたらす豊かなめぐみ」について

2016年2月「国立研究開発法人農業環境技術研究所」が農作物を訪れるミツバチなどの

昆虫が豊かなめぐみを私たちにもたらし、その経済価値は4700億円という研究成果が発表しました。

記事詳細はこちら  

また同時に国連が設置した科学者組織「IPBES」は、ハチなどの生物がもたらす経済的

益は世界全体で65兆円に上ると報告しました。速報記事はこちら

(2)「守ろう!ニホンミツバチプロジェクト」について
ニホンミツバチの価値を見直し、現在直面しているアカリンダニや蜂児出しについての最

新の情報が掲載されています。サイトはこちら


(3)「ミツバチが消えつつある理由」
5000万年も繁栄し続けてきたミツバチが10年程前から一斉にコロニーが崩壊するという

現象が世界で報告されるようになりました。その原因と対策についてマーラ・スピバク氏が語ります。

動画はこちら
 

 かしまミツバチプロジェクトへのお問い合わせ