棚田オーナー制度

樫谷棚田オーナー制度の内容や活動状況のページです
 ※平成30年度のオーナー会員は、定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。
ご協力いただき、誠にありがとうございました。

 樫谷棚田オーナー制度について                            

棚田オーナー制度は、荒廃して行く棚田を保全する方
法の一つと 注目され、今全国100カ所ほどで 取り組まれています

このシステムを樫谷棚田にも導入できないかかと、平成26年から「樫谷戒川地域づくり協議会」で調査研究を重ました。その結果を大洲市に提案し、「募集要項」を定めていただきました。

平成28年度は9組、平成29年度は25組の棚田オーナーが誕生し、田植え、草刈り、稲刈りなどの農業体験を楽しみました。

 オーナー制度の仕組み

 あなたも棚田オーナーに

棚田は、先人の知恵と工夫で築き上げられた産業遺産です。
棚田は、農村の原風景ともいわれ、その景観美は人の心を和ませてくれます。
棚田は、洪水調節や生物多様性を保持する機能をもっています。
棚田は、米の生産という本来の役割に加えて、現代人にとってなくてはならない価値をもっています。
棚田オーナー制度は、このような棚田を社会全体の財産と考え、都市市民の協力で保全してゆこうというものです。
自然の中での農業体験は、多忙な現代人に健全な精神の回復をもたらします。
稲作の苦労と収穫の喜び。愛情を注いで育てた米はこのうえなく美味しいはずです。

応募資格

(1)樫谷棚田の保全に共感できる方
(2)美しい自然と共生し、里山の暮らしを体験したい方
(3)農作業を通して生産者との交流を深めたい方
原則として、田植え(6 月3 日)、稲刈り(9 月30 日) に参加いただける方
※上記の作業日に都合がつかない場合はご相談ください。

〔作業内容〕

(1) 事前に作業参加人数をご登録いただき、人数に応じてオーナー田の面積を配
分します。(中学生以上20 ㎡ / 人、学齢児10 ㎡ / 人)
(2) 割り当てられた田圃の田植え、稲刈り作業を行います。作業日の中で、作業
時間はオーナーが決めてください( ご相談に応じます)。
(3) 地元農家やお手伝い隊が作業指導を行います。

〔年 会 費〕

オーナー田1区画約100㎡当たり3万円

〔募 集 数〕

20 組(2000 ㎡ ) 程度(平成30年度)

〔特   典〕

(1) 棚田米( 玄米25kg) をお届けします( 収量に関わらず一定)。
(2) 地域で採れる椎茸、野菜などをお届けします。
(3) 作業日におやつのプレゼントがあります。
※作業日の食事は各自ご用意ください。
保存会で弁当手配もお受けします。

お申し込み

〔お申込み・お問合せ〕

(1) 申込先
大洲市産業経済部農林水産課
〒795-8601 愛媛県大洲市大洲690-1
電話 0893-24-1727(直通)

(2)全般(お問い合わせ)
樫谷棚田保存会
〒799-3421 愛媛県大洲市戒川2109
電話 090-2789-1987(城本・保存会代表)
   080-1525-8306(大崎・保存会事務局)

〔申込方法〕

下記の「H30募集要項」をダウンロード(右の ↓ をクリック)し、内容を確認してください。
H30オーナー会員申込書に必要事項を記入の上、郵送にて上記の申込先に送ってください。
到着次第確認の連絡を差し上げます。
申込締切は2月28日、となっていますが、定員に達した場合繰り上げて〆切る場合があります。

〔現地説明会〕

3月31日(土)に樫谷棚田現地で行います。申込書を提出いただいた方全員にご案内します。
オーナー田全体の状況を視察していただいた後、オーナー田の配分を決めていきます。
当日参加できない方については、事前に希望をお聞きして、保存会にご一任いただきます。

〔年会費振込〕

決定したオーナー田の面積に基づいて年会費を決定し、請求させていただきます。
5月1日までに振込をお願いします。年会費振込でオーナーが確定します。

〔オーナー認定書交付〕

「 田植祭」でオーナー認定書をお渡しします。



ĉ
樫谷棚田保存会,
2018/01/17 20:24
Ċ
樫谷棚田保存会,
2017/12/27 15:38