ホーム‎ > ‎資料‎ > ‎

RX220のススメ



SHとの比較

秋月電子には小型のマイコンボードとしてSH7125ボードとRX220ボードがある。

   SH7125 RX220
   
 
 価格  1500円 1300円
 最大周波数  50MHz  32MHz
 RAM  8kB 16kB
 ROM  128kB 256kB
 データフラッシュ  ×  ○
 12bitAD変換  10bitのみ 12チャンネル
 パワーオンリセット  ×
 内蔵プルアップ抵抗  ×

最大動作周波数はSHのほうが高いが、RX220はアーキテクチャの改良によってほぼ同等の性能を発揮する。


https://sites.google.com/site/higetakamouseeast/FileCabinet/
2015-07 RX200シリーズ その2.pdf
より引用

データフラッシュを使うことによって電源を消してもデータが消えない。
SH7125にはパワーオンリセットがないため、自分で組まなければならないが、RX220には内蔵されている。
RX631とIOレジスタが似ているので比較的簡単に移行できる。
RX220は3.3Vでも動作可能。

書き込み時の注意点

秋月電子のボードでプログラムを書き込む場合RS232Cレベルで書き込めるようにレベル変換ICが載っている。
3.3Vor5VのTTLレベルで書き込みたい場合は、パターンカットしてP26とP30から書き込む必要がある。


赤いラインの部分でカットし、オレンジのスルーホールとICの左上のピンが導通してないか確かめる。


モード切替について

マイコンボード上のスイッチで切り替えれられるが、このスイッチには耐久性がなく、普段書き込みモードと実行モードを切り替えるために使うのはおすすめしない。
画像の様に2のスイッチをONにして、MD端子を別の外付けスイッチを使って切り替えるのが良い。


動作電圧について

秋月電子のボードの定格電圧は5Vだが、マイコン単体では1.62Vという低い電圧からでも動作する。
そのため、書き込みケーブルを繋げたまま電源を切っても書き込みケーブルからの電流が回り込んでしまってマイコンが動作し続け、リセットがかからないという場合がある。
こうなった場合は書き込みケーブルを抜かないとリセットがかからないため、リセットボタンを載せるか書き込みケーブル側で電流が回り込まないように工夫する必要がある。

レジスタライトプロテクション

RX220にはレジスタライトプロテクションという機能があり、プログラムの暴走などにより重要なレジスタが勝手に書き換わらないようになっている。
動作周波数を変更するレジスタもこのレジスタライトプロテクションによって守られているため、この機能をOFFにしないと動作周波数が変えられない。

//クロック設定
SYSTEM.PRCR.WORD = 0xa50b;     //レジスタ書き込み許可
SYSTEM.SCKCR3.BIT.CKSEL = 2;   //クロックソースをメインクロック(20MHz)に設定
SYSTEM.MOSCCR.BYTE = 0;        //メインクロック発振器動作

ポート切り替えレジスタ


RX220マイコンボードはPB6とPC0、PB7とPC1のポート機能が被っているので注意すること。


PC7ポートについて

モード切り替え用にPC7が使われており,通常スイッチをGND側へ繋げてユーザーブートモードで使用するため、このポートは使用しない方が良い。

...