Tips‎ > ‎R Packages‎ > ‎

pairs.panels()

psychパッケージのpairs.panels関数
散布図行列にヒストグラムと相関係数(ピアソンの積率相関係数)を表示する関数。Rcmdrの散布図行列に比べて一目で相関が掴める点が作業の効率化につながるのでお勧めの関数です。以下にRcmdrの散布図行列との比較を載せる。サンプル図で使用したデータは、datasetsパッケージ内にある「iris」。
pairs.panels()
図 pairs.panels関数での散布図行列

scatterplotMatrix()
図 (Rcmdrで呼び出される)scatterplotMatrix関数での散布図行列

インストールと使い方
# パッケージをインストールする(Rcmdrから実行するのが楽)
install.packages("psych", dep=TRUE)
library(psych)

# 表示したいデータのみを読み込む(dataset:データセット名, valueN:散布図を描きたい変数名)
dat <- dataset[c("value1", "value2", "value3",...)]

# 散布図のプロット(斜体文字は任意指定のオプションで意味は以下のコメントを参照方)
# smooth : 平滑線の描画の有無(TRUEで描画)
# density : ヒストグラムでの密度カーブの描画の有無(TRUEで描画)
# ellipses : 散布図上での相関円の描画の有無(TRUEで描画)
# scale : 相関係数の文字の大きさを相関の強さで変えるか否か(TRUEで文字の大きさを変える)
# pch="." : サンプル数が多い場合に素早く描画する

pairs.panels(dat, smooth=TRUE or FALSE, density=TRUE or FALSE, ellipses=TRUE or FALSE, scale=TRUE or FALSE, pch=".")

or

pairs.panels(dataset[c("value1","value2","value3",...)], smooth=TRUE or FALSE, density=TRUE or FALSE, ellipses=TRUE or FALSE, scale=TRUE or FALSE, pch=".")

その他
縦軸にしたい変数を最後に持ってくるのがポイントです。
Comments