那珂川のアユの一生
 
那珂川ではアユは中流域で産卵します。秋に雌1匹に雄が何匹も群がる光景が夕方から見られます。数日で海に下ります。このとき太平洋から流れ込んだ海水が那珂川に逆流して生まれた汽水域で豊富なアミ等のプランクトンを摂取して無事海にたどり着くことができます。上流域が清流であるばかりでなく、那珂川の下流域の産卵から海に回帰するまでの条件が鮎の生育にとって必須となります。ここで、河口からの汚染、下流域での流量低下が起こされると鮎の生体にとって致命的な打撃を受けます。