奥久慈化石採集
 

企画 奥久慈で化石採集・魚類採集

-食べられる魚はバーベキューに!-

ちょっとワイルドに

豪雨で危険ですの中止にしました。

1.日時平成20829 金曜日9:00 JR水郡線西金駅前集合地図

2.指導者自然史科学研究所 菊地先生(化石)、会沢先生(イワナ研究家)

3.内容

各自自家用車で移動します。家族参加を基本としますが、興味のある大学生も参加してください。小中学生は親子同伴としてください。

午前中は西金から沢伝いに登りながら(そんなに急ではありません)、植物、動物を観察しながら、化石のある露頭(地層が露出したところ)で地層観察、化石採集(新生代第三紀中新世の貝、植物化石が目標)。

昼は簡単に各自簡単にお弁当を取る。(近くにコンビにはありません。予め購入なりおにぎりを持参するなりしてください。)

午後常陸大宮で水生生物採集。絶滅危惧種といわれているホトケドジョウなどが見つかるかもしれません。絶滅危惧種は捕まえるだけで放しますが、食べられる魚はバーベキューにします。目標は子持ちアユ。ヤスで捕獲します。お父さんが手伝う必要があるかもしれません。川に入り魚を捕まえます。アユ、ウグイ、カジカ、コイ、ドジョウ、ドジョウは飼育できるでしょうから、持ち帰る人は乾電池式エアーポンプ

いまアユは卵を持ち始め一番美味しい!これはお父さん用のプログラムかも知れません。ゴーグルを付けてアユを会沢先生の指導のもとにヤスで取ります。お父さんもいっしょに川に入って手伝ってあげる必要があるでしょう。夕方には終了。夏休み最後の企画です。化石が見つかれば自由研究にもなるでしょう。

傷害保険は各自入っておいてください。

4.用意するもの

化石採集:あれば、岩石用ハンマー、たがね(ない人は会の方で用意します)、採集した化石を包む古新聞紙、リュックサック(石を持つと重くなりますので丈夫なもの)、長靴(沢沿いに登ります)

水中生物採集

水中用あみ、タモアミ(あれば)、ヤス(観察だけ場合なくていいです。)、水着、ゴーグル、シュノーケル。

着替え

バーベキューをするので、箸、紙皿、コップ(各家族持ってきてください)

5.費用 バーベキューの材料費等を現地で清算。   

6.その他 

午前の化石採集のみの参加も歓迎です。

主催:ひたちの自然観察会      連絡先 並木029-233-1577FAX共 namiki@jan.ne.jp

 

リンク

奥久慈砂金探し

奥久慈の鉱石・化石

ゾウの足跡化石

茨城で見つかった化石by茨城県立自然博物館