過去ログ‎ > ‎

第07回 関西MT勉強会 (2014/5/17)

開催趣旨

2014年度最初の関西MT勉強会です。
機械翻訳をはじめとして、単語分割・形態素解析・構文解析・言い換え等に関する発表・討論や、論文紹介も歓迎します。
みなさんの参加をお待ちしております。

日時

  • 2014年5月17日 (土)
    • 勉強会: 14:00-17:00 (13:00から会場は使えます)
    • 懇親会: 17:30- (予定)

場所

参加費

  • 勉強会: 会場利用費(5,140円)を参加人数で割ります。1人200円から300円程度を見込んでいます。
  • 懇親会: 飲み放題込 3500円コース

連絡先

  • 中澤 敏明 (nakazawa@pa.jst.jp)

プログラム

  • 13:00-14:00: 会場準備・オープニング
  • 14:00-14:35: Machine Translation for Machines
    • 発表者: Kevin Duh (NAIST)
    • 概要: Conventionally, the consumer of Machine Translation (MT) systems are humans. Unfortunately, humans are a picky and fickle species, and are tough consumers to satisfy. In this talk, I will argue that there is an open market for another kind of consumer: machines. Machines are great consumers because they do not complain about bad quality translations. I will discuss some novel applications enabled by MT as an API serving other machine components, and speculate on open research directions.
  • 14:35-15:10: 機械翻訳の誤り分析に関する研究紹介
    • 発表者: Graham Neubig (NAIST)
    • 概要: 機械翻訳は非常に複雑なタスクであり、その結果機械翻訳システムの中身も複雑である。このため、システムのどの部分を改良すれば良いかを把握するために、システム出力に含まれるを分析することが必須である。この発表では、このような誤り分析を効率化する研究やNAISTで現在開発中の誤り分析システムについて紹介する。
  • 15:10-15:20: 休憩
  • 15:20-15:55: TBD
    • 発表者: 相良美織 (バオバブ)
    • タイトル: 下記のいずれか
      • 機械翻訳の実務化の現状〜この数年で大きく変わった外部環境と機械翻訳への認識とニーズ
      • 学習データ用の対訳構築における問題点と対策〜単に翻訳するのでなく、アラインしてきちんと知識として蓄積出来るようにするために
      • 機械翻訳採用によるモノリンガル翻訳者化への実験と結果
  • 15:55-16:20: Language Modeling with Dependency Trees
    • 発表者: John Richardson (京都大学)
    • 概要: Language models are invaluable for scoring translation candidates. But how can we make use of the target-side structure in XX-to-tree translations? In this talk we will look at a variety of approaches for designing (dependency) tree-based language models and how they can be used in SMT.
  • 16:25-16:50: 統計翻訳を布教しよう
    • 発表者: 須藤克仁 (NTT)
    • ALAGIN会員向けのセミナーでmosesを使った統計翻訳の演習を担当しました.潜在的に興味を持っている方々は多いのに,実際に使ってみようとすると何をどうすればいいのか調べるのが大変ということがよく分かりました.そうした情報を整理して提供することができれば,試してみる→面白いからもっとやりたい→人が増えてウマーとかなる?という一縷の望みに賭けてみてもいいかなと思っているので皆様のご意見を頂戴したいと思います.
  • 16:50-17:00: クロージング・全体討論
    • 今後の定期活動について
      • 定期活動間隔(奇数月もしくは3の倍数の月の第2土曜日など)
      • 定期活動拠点・開催場所(関東と関西交互に行う)
      • 招待講演(翻訳会社の人とか来てくれるのもありがたい)
    • 日本の機械翻訳研究コミュニティーへの貢献
      • 入門者のためにできること(Mosesの使い方の和訳とか)
    • 日本MTのWebページの作成
      • 日本語のMT研究している人のコンタクトリスト (url, email, twitter etc.)
      • 日本語のMTに関連する論文リスト
      • 日本語のMTにつかえるリソースリスト
      • 日本語のMT研究と関連しそうな大学・研究機関・企業・ベンチャーでの採用情報・インターンシップ情報
    • 会場片付け
  • 17:00-17:30: 会場外討論・懇親会会場への移動
  • 17:30-: 懇親会

参加者リスト (登録順)

  • 中澤 敏明 (JST)
  • 森 信介 (京都大学)
  • 須藤 克仁 (NTT)
  • Graham Neubig (NAIST)
  • Kevin Duh (NAIST)
  • チョ シンキ (京都大学)
  • 矢野 直子 (PFUソフトウェア(株))
  • 小田 悠介 (NAIST)
  • 相良 美織 (株式会社バオバブ)
  • 小浜 翔太郎 (京都大学)
  • 高橋 寛治 (長岡技術科学大学)
  • 江原 遥 (NICT)
  • 永田 昌明 (NTT)
  • 吉本 暁文 (NAIST)
  • 水本智也 (NAIST)
  • 山田 祐実 (NAIST)
  • 三田 雅人 (NAIST)
  • 内山 将夫 (NICT)
  • 星野 翔 (NII)
  • John Richardson (京都大学)
  • Cromieres Fabien (京都大学)
  • 村松 航平 (NAIST)
  • 美野 秀弥 (NICT)
  • 進藤 裕之 (NAIST)
  • 河野 弘毅 ((株)翻訳センター)
  • 工藤拓 (Google)
  • 藤田 篤 (NICT)
  • 赤部 晃一 (NAIST)
Comments