過去ログ‎ > ‎

第11回 関西MT勉強会 (2015/3/15-16@NLP2015)

開催趣旨

第11回の関西MT勉強会は言語処理学会の年次大会、NLP2015との併設ワークショップとして開催します。機械翻訳をはじめとして、単語分割・形態素解析・構文解析・言い換え等に関する発表・討論や、論文紹介も歓迎します。
また、特別企画として3つ用意しています:
  1. 前夜の合宿
  2. 予稿の受付(予稿の提出は任意。ページ数は1~4ページ。投稿締切は2月4日)
  3. 機械翻訳を初期の頃から引っ張ってこられた長尾眞先生による特別講演
みなさんの参加をお待ちしております。

参加・発表募集

発表のあり・なしに関わらず参加する方は参加登録をお願いします。

締切:合宿の参加は締め切りました。勉強会の参加は事前登録でも、当日参加でも問題ないです。

日時

  • 勉強会
    • 日時:2015年3月16日 (月) 15:30-18:30
    • 場所:京都大学 電総大講義室 (地図の67番)
    • 交流会:勉強会が終了し次第、すぐに同会場で開始
  • 合宿
    • 日時:2015年3月15日(日) 15:00-10:00 (16日)
    • 場所:大原 茶谷

参加費

  • 勉強会: 無料
  • 合宿:一般7,000円、学生6,500円程度(宿泊代込み)

連絡先

  • Graham Neubig (neubig@is.naist.jp)

参加者リスト (登録順)

  • Graham Neubig (NAIST)

プログラム(勉強会)

  • 15:10-15:30: 会場準備
  • 15:30-15:40: オープニング
  • 15:40-16:20: 発表1
    • 講演者:森信介先生 (京大)
    • タイトル:部分的アノテーションからの解析器の学習―いくつかの実験とサーベイ―
  • 16:20-17:00: 発表2
    • 講演者:河野弘毅氏(翻訳センター)
    • タイトル:翻訳会社を通じたMTの実用化における課題2015
  • 17:10-18:10: 特別講演
    • 講演者:長尾眞先生
    • タイトル:言語処理における多くの問題
  • 18:10-18:30: 総合議論
  • 18:30-19:30: 交流会(@勉強会会場)

プログラム(合宿)

  • 14:20 国際会館駅で集合、会場への送迎バスあり
  • 15:00-15:10: オープニング
  • 15:10-15:55: 発表1
    • 発表者:Kevin Duh先生(NAIST)
    • タイトル:A Survey of Neural Networks in Machine Translation
    • 概要:I will attempt to summarize recent research in machine translation that utilizes neural networks and deep learning
  • 15:55-16:40: 発表2: 
    • 発表者:工藤拓氏(グーグル)
    • タイトル:機械翻訳におけるエラー修正
    • 概要:機械翻訳はエラーの総合デパートである。語順・語彙選択・アライメントといった一般的なエラーもあれば、Null主語、固有表現、否定形、性・格の一致といった個別・言語対依存のエラーも存在する。機械翻訳の精度向上には、一般事象だけでなく、個別事象もインクリメンタルに修正していく必要がある。本発表では、統計的機械翻訳のアーキテクチャにおいて、このような個別事象の問題修正および修正の検証が極めて困難であることを実例を交えながら紹介する。さらに、個別事象の修正に関する方法論や評価の設計方法について議論する。
  • 16:45-17:30: 発表3: 
    • 発表者:三浦明波氏(NAIST)
    • タイトル:ピボット翻訳あれこれ
    • 概要:統計的機械翻訳において,特定の言語対で十分な文量の対訳コーパスが得られない場合,中間言語を用いたピボット翻訳が有効な解法の一つである.本発表では,既存のコーパスを有効に用いて翻訳精度を向上させるための様々な試みと得られた結果を示し,考察を行う.
  • 17:30-19:00: 夕食、休憩
  • 19:00-20:00: ハカソンに向けた議論
  • 20:00-25:00: ハカソン(評価尺度の開発・評価)
  • 09:00-10:00: まとめ

Comments