「卯」は、務・冒・貿・牡・目・眸 ・・・ おかす、むりにもとめる の家族

タイプ MOG,MOK 基本義:おかす、むりに求める
 12.務-貿-牡-目-眸 ・・・ おかす、むりにもとめる
 
  まずは、引用 ----------------------------------------

  は突きさす武器であり、は切る武器である。その形は違うが、相手の抵抗をおかして切りかかる点では同じである。 戊:字形
  の字形を見ると、明らかに武器の象形であり、ホコの象形である。は同系のコトバで、上古の語形も近い。

 
<釈名>  とは冒(おか)すなり」とある。

 
危険や困難をおかして進む動作を「攴+音符矛(ボウ・ム)」(務の「力」を除いた部分)という。これは「攴(動詞の記号)+矛声」の字である。

 
冒険のとは、まさしくと同系のコトバだと考えてよい。はもと目に覆いをかぶせたことを表すから、一方では隠す意味を含むが、他方ではその遮蔽物をおかして前進することを表す。

 
<説文>「冒とは(蒙-草・かぶ)りて前(すす)むなり」という解説は、その意味である。卯:字形

 
の字形は、何の形だか明白ではない。しかし何かを押し開いた形に違いない。朱駿声は扉を押しあけた姿だというが、それでもよい。
  障害をおかしてムリに努力するのを、北京語で「卯頸児」というのは、の原義を伝えている。貿はまさにその意味を濃厚に含んだコトバで、危険を冒(おか)して利益を求めることである。(ときわめて近い)

  は、「牛+士」の会意文字で、甲骨文字では「羊+士」と書くこともある。右側はではなくて、である。士の原字は印で、オスの性器の立った姿を示す。男性やオスを象徴する記号である。さて、オスを mÔg と称するのは、冒犯のと深い関係がある。オスはとかくムリな行為をしがちであり、とりわけ牝(めす)をおかすからである。
目:字形

  は、の象形である。マブタに覆われている。そのメを押し開いて、見えぬ物を見ようとする。閉じた門を押し開いて、わからぬ物を知ろうとする動作を、(たずねる)や(きく)というのと、派生の経過がよく似ている。 mÏok と語形の似たのが mÏog である。ヒトミと訓じられるが、実はと全く同系のコトバだと考えてよい。

 『漢字語源辞典』(学燈社) より

  
  【漢音】ボウ(バウ) 【呉音】ミョウ(メウ) 【ピンイン】mao3

  「門の両扉の開くなり。二戸の開闢(ひらく)する形に象る」 ・・・ おしあける、むりにおかし入る意を含む。と同系のコトバ。

  【解字】
    指事。門をむりに押しあけて中にはいりこむさまを示す。
  【 訓 】
   
  【意味】
    (1)う。十二支の四番め。
      時刻では今の午前六時、およびその前後二時間、方角では東、動物ではうさぎに当てる。
    (2)おかしてはいりこむ。
      に当てた用法。雄(オス)くぎを卯釘(ボウテイ)、はめ木細工の食いこむ所を、差しこむほうを(ジュン)という。
    (3)「点卯(テンボウ)」とは、昔、官庁で午前六時(=)に、出勤した者の点呼をとったこと。
      応卯(オウボウ)」とは、登庁して記名すること。
      卯簿(ボウボ)」とは、出勤簿。

    卯・兎・兔・うさぎ・ウサギ(1):兔(兎)の字は、後ろからウサギを書いた象形文字
    Home(漢字家族グーグルサイト)へ


ą
荘周,
2010/12/09 21:12
ą
mu4.png
(4k)
荘周,
2010/12/09 21:41
ą
wo4.png
(3k)
荘周,
2010/12/09 20:56
Comments