瓜田に履を納れ、李下に冠を正す(その3) 2013-09-09 Mon 03:07

「瓜田に履を納れ、李下に冠を正す」(その3)

  基本に忠実だった私は、手の爪を2日に1回は切ることにし、頻繁に歯磨きをすることにした。手の爪を切るのは、「さあ、この指を見て・・・」などとやった ときに、被験者が「あっ、爪が伸びてるな」などと思ってしまうと、集中力をそがれてしまうから。歯磨きをするのは、被験者がデリケートな状態になっている ところに口臭がしてしまうと、催眠誘導どころではなくなってしまうからだ。

 ということで、4時間目の授業が終わると、洗面用具の入った 小さなバッグを小脇にかかえ、仲良し三人組で学食へ。そして、食事が終わると、そのまま食堂のある建物の2階へと移動。その建物は学校の「離れ」にあっ た。なぜにここで歯を磨くか。それは、この年頃、なんでも恥ずかしいもので、教室横のトイレで歯磨きなどしていたらめだってしょうがない。みんなに冷やか されるにきまっているのだ。だから、食堂の2階(普段誰も来ないところ)で落ち着いて用を済ますことにしていた。

 そういえば、教室のある校舎を出て、学食へと向かう道すがら、こちらの方をじろじろ見ていた人がいた。視線はぼくのバッグだ。同行の友達は
 「おい、みんなこっち見てるぞ!そのバッグのロゴ、"Washington"だろ、頭の"Whash"で洗面用具だとバレるぞ。バッグかえた方がいいかもしれんぞ」
 と忠告してくれた。
 友達も、洗面用具だと判明するのを気にしてくれているのであって、あらぬ嫌疑を受けようとは思いもよらなかった。

 そうして、毎食後には、離れの2階トイレで、三人組のうちの一人である私は歯を磨き、あとの一人は「大」の用を足し(これも教室横だと恥ずかしい)、あと一人はただただ二人についてくるだけ・・・という習慣ができあがってしまった。

  ずっと後になって考えると、これがひたすら怪しかったと思われる。「洗面用具ということがバレると恥ずかしい」と思っていたのが、ひょっとすると「タバコ をしのばせている」のではないかと疑られたかもしれないし、わざわざ三人組で離れに行くのもおかしいと思われたかもしれない。

 そういえば・・・とさらに思い出した。この三人組に、仲良しの音楽の先生が「忠告」をしてくれたではないか。

 「最近食堂の建物付近から吸い殻が見つかった。職員室では、誰か生徒が喫煙しているのではないかと話題になっている。あんまりあの会館に寄り付かない方がいいよ・・・」

 と親切に教えてくれたのであった。でも、それを聞いた三人は「えー!タバコの吸い殻???」とびっくり仰天したものの、自分たちとはまるで関係ないので、「生徒がタバコなんか吸うのかなあ」と思ったくらいで、それ以上気にもとめなかった。
 ひょっとすると、この仲良しの音楽の先生も少しは僕たちのことを疑ってたかもしれない。

  今から考えると、この件は職員会議にかけられていたかもしれない。この三人組はとてもまじめだったので、「疑わしきは罰せず」で、ことを荒立てないように していたのかもしれない。当時は生徒と先生の間にも「気遣い」というものがあったのだ。そのような「気遣い」こそ、疑われていた証拠。愕然とする。

「瓜田に履を納れ、李下に冠を正す」(その1) の、とある高校の先生の「李下に冠を正さず」という発言から、ここまでを一気に連想した。その連想はなんと15年めの連想だ。気づくのが遅すぎる。

  それからさらに歳月を経て、例の三人組のうちの一人(ただただ、離れについてきた人)といっしょに飲む機会があり、昔話のついでに上記のことを話し、あの 行動を「喫煙」と勘違いされて疑われていたと思うと言ったら、その友達は「そうかあ?」と一言。「そんなはずないやろう」という表情をしている。「喫煙」 と言われても、全く「その気がない」人にとっては、「自分が疑われるかもしれない」という発想そのものがないのだ。

 つまり、「瓜田に履 を納れ」たら、ウリ泥棒と間違われるのではないかと心配する人は、少なくとも「ウリを盗む」という行為を意識している。もっと言うと、「このウリ、とって 食べたらおいしいだろうな」と考える人もいるかもしれない。「盗って食べたら・・・」と考えても行動に移さなければ犯罪とはならないが、心のなかでそう思 うからこそ、「いかん!ここで靴を履き替えたりしたら、泥棒と間違われる」と気づくのである。最初からまったく「その気がない」人は、「ここで靴を履き替 えたら、疑われる」ということに気づくことができないのである。最初からそんなこと頭にないのだから。

(その1) の冒頭で、
真に清廉潔白な人は「瓜田(カデン)に履(くつ)を納(い)れ、李下(リカ)に冠(かんむり)を正(ただ)してしまう」ものだ。
 と書いたのはそのことだ。

 私が「瓜田に履を納れ」てから、もう40年という歳月が流れた。あのときの担任の先生は、すでに他界され、このことを確認することもできない。

「瓜田に履を納れ、李下に冠を正す」(その1)
「瓜田に履を納れ、李下に冠を正す」(その2)

[Home]

[漢字家族・漢字の語源&ワードファミリー解説]
[漢字漢字漢字-漢字に関する書籍・漢字の本]
Comments