割鶏-鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや

「割鶏焉用牛刀」
漢字家族-漢字の語源-Googleサイト‎ > ‎

牛・丑・うし・ウシ(3) 鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや

2008年11月15日 12時36分39秒 | 故事成語

鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや

(類) 牛鼎烹鶏(ギュウテイ ケイ を にる)

「牛刀」(ギュウトウ)、すなわち牛を切る大きな包丁(ホウチョウ)で鶏(にわとり)を料理する。小さいをさばくために、わざわざ「牛刀」をもちだすなんて大げさだよ。つまり、「牛刀」にとっては役不足というわけだ。

 草野球の監督を、あの世界の王貞治最高顧問に依頼するようなものか。これはだいそれたことである。(こんなことを考える人はいないと思うが)

割鶏焉用牛刀(鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや)」とは孔子の言葉で、『論語』の陽貨篇に登場する。

 孔子が弟子たちを連れて、武城という小都市に来た。そこでは子游(シユウ)という、とてもまじめな弟子が長官を勤めていた。その子游先生、あまりにまじめすぎて、小さいエリアの代官をまかされているだけなのに、まるで天下を治めるような本格的な政治を行っているではないか。

 それを見た孔子が、ニッコリ笑いながら「鶏をさくに・・・・」と言ったのである。

 それを聞いた子游は、やはりあくまでもきまじめで、

 「昔者偃也、聞諸夫子、曰、君子学則愛人、小人学道則易使也
昔者(むかし)偃(えん)や諸(これ)を夫子(ふうし)に聞(き)けり、日(のたま)わく、君子(くんし)学(まな)べば則(すなわ)ち人(ひと)を愛(あい)し、小人道(しょうじんみち)を学(まな)べば則(すなわ)ち使(つか)い易(やす)しと
 私は先生に習ったとおりを、ベストをつくしてやっているのです・・・

 孔子:「これは、やられた! 諸君、子游のいうのが正しい。さっきの言葉は、あれは、じょうだんだよ」


鶏肋(ケイロク)---鳥 隹 酉(とり)

「鶏口牛後(上の口、下の后)・・・上の「アナ」と、下の「アナ」

「庖丁解牛」(ホウテイ・カイギュウ)

Comments