背水之陣(背水の陣/絶対に用いてはならない戦術) 2013-07-07 Sun 11:19

【背水之陣】

 日本人好みの言葉であり、よく使われる。
 「これが最後、いよいよ背水の陣だ!」と悲壮感をただよわせ、時には他人に対しても「今度こそは、背水の陣でのぞみなさい!」
 などという。
 絶対に後ろに引かない覚悟で、いちかばちかの成敗をかけて一発勝負にでることである。
 しかしこの言葉、こんなに気軽に使ってもらってはこまる。「背水の陣」は最悪の布陣であり、「全滅」を免れない戦術なのである。

『尉繚子』にも、
「背水陣為絶地,向阪陣為廢軍」(水を背にして陣するを絶地<絶体絶命の境地>となし、阪<坂>に向かって陣するを廃軍<敗軍>となす)
 とある。

 だから、兵法では山を背にして、川を前にするのが定石である。敵が川を渡って疲れたところを迎え撃つのがもっとも勝ちやすい。

 その逆に、水を背にして陣をとれば敵は前にあって、水が後ろにある。退却しようにも水に溺(おぼ)れるから、それ以上退却することができない。だから、それほど強くない兵隊でも、すすんで戦い、決死の覚悟で敵を破ろうとする・・・という。

 しかし、実際はそんなに甘いものではない。
  いくら「決死の覚悟」でのぞんでも、戦術がまずければ必ず負けるのである。政略も、戦略もなにもなければ、なおさらのこと。兵隊の「覚悟」や「勇気」だけ にたよる戦術など、「戦術」とも呼べないおそまつなもので、決死隊として突撃させられ、無駄死にさせられる兵士たちの姿を想像すると無惨きわまりない。 「背水の陣」は「百戦百敗」の布陣なのである。

 ところが、この「背水の陣」を布(し)いて大成功をおさめたのが漢の韓信将軍である。

 では、「百戦百敗」の布陣でなぜに勝利を得たか?

 というのが今日のテーマのひとつ。

 少しつかれたので、続きは後ほど・・・

[背水之陣2(背水の陣/絶対に用いてはならない戦術)]

[Home]

[漢字家族・漢字の語源&ワードファミリー解説]
[漢字漢字漢字-漢字に関する書籍・漢字の本]
Comments