庖丁(ホウテイ)-庖丁解牛 2008年11月15日 23時41分20秒

庖丁(ホウテイ)

 刺身庖丁(さしみぼうちょう)、出刃庖丁(でばぼうちょう)などという。今では「ホウチョウ」は「包丁」と書くが、もともとは「庖丁」と表記した。

庖丁(ホウテイ)とは、料理人のこと。日本語となった「シェフ」の意。(chef とは、本来は料理長のことらしい)

 このシェフが使用するのが庖丁刀(ホウチョウがたな)であり、略して「庖丁」(ホウチョウ)

「丁」を呉音読みすれば(チョウ)となる。
 
 もともとは普通名詞だった「庖丁」は、『荘子』養生主(ヨウセイシュ)篇では、料理の名人の固有名詞として登場する。

 「庖」は料理人、「丁」は名前とも(釈文)、仕事人のことともいわれる。

 その庖丁(ホウテイ)が、梁(リョウ)の恵王に頼まれて、牛を、一頭まるまる料理して見せた。

 彼の手の
動かし方、肩に力を入れたり、足をふんばったり、膝をかがめたりする有様はみごとであった。

 牛刀が進むにつれ、肉と骨が、サクリサクリと離れ、肉がパサリと落ち、さらに牛刀を進めていくと、肉がザクリザクリと裂けていくのが、心地よいリズムに乗っている。

 その身ぶりは、「桑林の舞」(ソウリンのまい)といって、殷の湯王(トウオウ)が桑林という土地で雨乞いをした時の舞楽のようであり、その手ぶりは、「経首(ケイシュ)の会(しらべ)」といって堯(ギョウ)の時代の音楽である「咸池」(カンチ)というオーケストラ曲の一楽章のようであった。

  
  恵王は感嘆の声をあげる、

 「ああ、実に見事なものだ。技(わざ)も奥義を極めると、こんなにもなれるものか」

 すると、庖丁は牛刀を置いて、

 「これは技ではありません。私の願いとするところは、でありまして、以上のものでございます。

 私がはじめて牛を料理した時には、目にうつるのはただ牛そのもので、どこから手を付けていいか見当がつきませんでした。それが、三年目には、やっと牛の体の各部分が見えるようになりました。今ではもはや、目を使わずに、形を超えた心のはたらきで牛をとらえ、精神力によって、骨と肉との隙間(すきま)に刃を入れていき、けっして骨や「肯綮」(コウケイ) ─ 骨と肉の入りくんだところに刃が当たるようなことはありません。

 一級の料理人は毎年牛刀を取り替えますし、普通の料理人は毎月取り替えます。それはどうしても骨に打ち当てて牛刀を折ってしまうからです。

 私の牛刀は新調してから今日まで十九年使っていて、料理した牛は数千頭、しかも刃は新品同様です」

 と言った。

 この話を聞いた恵王は言った、

 「善(よ)いかな。吾(わ)れ庖丁(ホウテイ)の言を聞きて、生を養うを得たり」

 つまり、無理をしないのが人生をまっとうする方法であることを悟ったというのである。

 この話を「庖丁解牛」という。

 詳しくは、「荘子内篇の素読」 で読んでいく予定。

荘子:養生主第三(2) 庖丁為文惠君解牛(庖丁、文恵君のために牛を解とけり)




荘子:養生主第三(2) 庖丁為文惠君解牛

2009年07月24日 10時13分31秒 | 漢籍
荘子:養生主第三(2)

庖丁為文惠君解牛,手之所觸,肩之所倚,足之所履,膝之所踦,砉然響然,奏刀騞然,莫不中音,合於桑林之舞,乃中經首之會。


庖丁(ホウテイ)、文恵君のために牛を解(と)けり。手の触るる所、肩の倚(よ)る所、足の履(ふ)む所、膝(ひざ)の踦(かが)まる所、砉然(カクゼン)たり、響然(キョウゼン)たり。刀(トウ)を奏(すす)むること騞然(カクゼン)として音に中(あた)らざること莫(な)く、桑林(ソウリン)の舞(まい)に合(かな)い、乃(すなわ)ち経首(ケイシュ)の会(カイ・しらべ)に中(あた)る。

 ある時、庖丁(ホウテイ)が文恵君のために牛を料理して見せたことがあった。
 庖丁の手がふれるところ、肩を寄せるところ、足をふんばるところ、膝(ひざ)をかがめるところなど、(その身のこなしは、なんともいえず見事である)
 彼が牛刀(ギュウトウ)を動かし進めるにつれて肉がザクリザクリ(騞然)と切り裂かれてゆく、その手さばきがみな音律(リズム)にかなって快く、身のこなしは「桑林の舞」という、昔、商(=殷)の湯王が桑林という土地で雨乞いをした時用いたという舞楽もかくやと思わせるほどであり、そのリズミカルな手さばきは、堯の時代の音楽「咸池」の一楽章である「経首」を演奏するときのオーケストラの旋律そのものであった。

line

庖丁(ホウテイ)
  ・庖丁は、人(ホウジン)つまり料理人の(テイ)さん ということ。
  ・ くりや。台所。
    会意兼形声。包(ホウ)は、外から包む意を含む。
    庖は「广(いえ)+音符包」で、食物を包んで保存する場所の意。


文惠君(ブンケイクン)
  ・梁の恵王のこと。(逍遥遊篇)


砉然(カクゼン)
  ・かつかつ。刀で牛などを切りさく音の形容。(=騞然)
  ・砉 くわっと切りこみを入れる。
   「砉然(ケキゼン・カクゼン)」とは、骨と皮が離れるときに出る音の形容。
   会意兼形声。「石+(音符)丯(カイ=害・割。切りこみを入れる)」。
 指事。ぎざぎざの刻み目をつけることを示す。契(ケイ)の原字。

騞然
  ・=砉然。かつかつ。刀で牛などを切りさく音の形容。「奏刀、騞然莫不中音=刀を奏むるに、騞然として音に中たらざるなし」
  ・勢いするどくはやいさま。
嚮然(キョウゼン)
  ・音の響くさま。(「響」に当てた用法)


桑林(ソウリン)
  ・商(殷 イン)の湯(トウ)王がひでりのとき、雨ごいをした場所。商の聖地で土地神のまつられた所。
  ・商の王の用いた音楽・歌舞の名。


經首(ケイシュ)
  ・帝尭(ギョウ)時代の音楽の名。

Comments