Home



長野県松本市に所在する土地家屋調査士事務所です!長野県内どこでも伺います。
長野県土地家屋調査士会登録

https://sites.google.com/site/kamijotosiaki/home/konna1.jpg?attredirects=0

土地家屋調査士とは土地・建物の測量・登記などを行うことができる国家資格です。
土地家屋調査士ができることはおよそ下記の通りです。

*土地の面積測量
*土地の分筆・合筆登記
*地目変更登記
*境界確認・境界標の設置
*建物の面積測量
*新築建物の表題登記
*増築建物の床面積変更登記
*解体建物の滅失登記
*その他土地・建物の表示に関する登記全般

これら有資格者専権業務のほか、土地・建物の現況測量、建築製図(施工図)など、道具や経験に基づく一般業務も扱っております。

所有権保存登記や移転登記、抵当権の設定など、権利に関する登記は司法書士または弁護士の業務になっています。また開発行為申請は一級建築士、農地転用許可申請は行政書士などの業務となっておりますが、これらは土地家屋調査士業務にリンクしており、いずれの資格者とも提携して業務を承っていますので、「これって誰に頼めばいいの?」と迷った時にはまずは気軽に当方までご相談ください。しかるべき事務所に取り次ぎ致します。
また、仕事をさせていただいてる中で不動産会社様、大手ゼネコン様、中小工務店様、一級建築士事務所様、住宅メーカー様、大規模太陽光発電設備業者様等、いくつかの優良な関連業種の方々をご紹介できることがあります(先方の承諾が必要ですがご要望に応じて取り次ぎ致します)。

市街地、農村地、宅地等にかかわらず、登記簿の地積と実際の地積が違っているケースが多くあります。実際の地積を知っておくことは財産管理上とても大切なことなので、地積測量、更正をお近くの土地家屋調査士に相談してみてください
土地家屋調査士でない人が登記のために測量、調査して登記を行うことは土地家屋調査士法(第68条)などで厳しく罰せられます。安易に土地家屋調査士事務所登録をしていない無資格者に頼んだり、頼まれたりしないように気を付けてください。
境界を調べる目的以外の単純測量、現況測量、距離、面積測量等、面積や形に関らず土地.建物測量いたします。
境界杭を意図的にとったり移動したりするのは重い罪に問われます。 参考刑法第262条の2 境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。