介護保険料とは?

 
介護保険は社会全体で支えるものです。
介護保険の保険料は40歳以上になったらみなさんが納めその介護保険料は国や自治体などとともに介護保険を健全に運営するための財源として使用されるものです。
 
介護保険料の財源の分布
 
公費:50%・・・介護保険の保険料は50%が公費でまかなわれています。
公費は国が25%都道府県が12.5%、市町村が12.5%となっています。
※調整交付金は各市町村の75歳以上の人口や65歳以上の方の保険料の所得段階分布などに応じた割合で交付額が決定します。
※施設関連給付や地域支援事業の一部の事業は財源構成が異なります。
 
65歳以上の方:20%・・・介護保険の保険料は65歳以上の方から20%徴収しています。
 
40~64歳未満の方:30%・・・介護保険の保険料は40歳以上~64歳未満の方から30%徴収しています。
 
これでわかるように介護保険とはみんなでまかなうものになっております。
 
では実際にいくらとられるの?
 
という事になりますが詳しくはこちらのページで紹介しています。あなたはいくつですか?